はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 満を持して

<<   作成日時 : 2009/01/26 17:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
え〜と…まずはお詫びから。

先週の金曜日、土曜日は突然用事が入ってしまったため、急遽お店を休ませていただきました。本来ならばこのブログで告知すべきだったのですが、なにぶん急だったものでそれも出来なかったため、この両日にご来店いただいたお客様がおりましたら、お詫び申し上げます。



で、そんなこんなしているうちに、チョッと間が空いてしまった新着紹介。まだアップしていない種類がいますので、チャキチャキ紹介していきたいと思います。

今日は満を持して、今回のナミヘビ便で個人的に最も待ち望んでいたデュランゴマウンテンパインスネーク(P. deppei deppei )をアップ。まぁ、よりカラフルなノースメキシカン亜種(P. d. jani )は最近比較的目にすることもありますし、本亜種も昨夏のエキスポ便だかで入荷したGinter ラインのハイポを含め、少ないながら国内に流通したこともあるので(中にはjani 亜種が本亜種とされてることも多々ありましたが…)、「ハイポならまだしも、何を大袈裟な…」と思う方もいるでしょうね。

でも、別にそれならそれでイイんです、ハイ。

これは売れる売れないとか、ウケるウケないとかじゃなく、100%ボクの趣味で探し出して譲ってもらったものなんで、このヘビの良さを共有してくれる人がいればラッキーだな程度にしか思ってませんから!

因みにこのデュランゴマウンテンはウチの得意技であるローカリティもので、成体になると体色が激変して、体の前半部2/3はクリームホワイトの基調色に黒のブロッチ、そして、後半1/3は赤みがかったオレンジの基調色に黒のブロッチへと変貌します。これはある一部の地域に棲息する個体群にのみ見られる特徴で、これまで書籍などで紹介されたのは、ボクが知る限り、「Introduccion a los anfibios y reptiles del estado de Chihuahua (“メキシコチワワ州の両棲爬虫類”という題名でアクアホリックさんで購入可能)」に写真が2点紹介されてるだけです。ってか、ボクもその本でこの色彩型の存在を知り、探しまくったんですけどね。

…それにしても、まさか維持してるブリーダーがいるとは。
ホント脱帽です。

飼育に関してはデュランゴマウンテン自体、ややコツがいるものなんですが、その辺もブリーダー氏からしっかりとアドバイスを受けているんで、お買い上げいただいたお客様には万全のアフターフォローをさせていただきます。この辺のヘビを扱うならば、それなりのキチンとしたフォローもできなくちゃ店としてはダメダメですからね、やっぱし。

お問い合わせはメール/TELにてお気軽にお尋ね下さい。尚、今回はペア売りのみとさせていただきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満を持して はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる