はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS コーンスネーク “ホワイトリバースオケーティー”

<<   作成日時 : 2009/08/31 22:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Corn Snake “White Reverse Okeetee” C.B.09 ♂ <SOLD OUT>

巷はエキスポ便で賑やかですね…ってか、某近所のお店に荷物が届いた次の日、お客さんに連れられて顔を出したんですが、そこで我先に衝動買いをしちゃいました(笑)。いや、だって「これはボクが買うの見越して買って来たの?」みたいなのがポンと置かれてるんですもん。

仕方無いですよ!こういうのは出会いですから!!!


さて、今日紹介するのは、そんな巷のエキスポ便とは全く無関係。国産というか、半自家産の“ホワイト”リバースオケーティーです。

「半自家産って何よ?」と思われるかもしれませんが、これは懇意にしているブリーダー氏にウチの種親をブリーディングローンにて預けたため。チョッとメス親の“ホワイト”リバースオケーティーに見合うオスが都合つかなかったので、ウチからオスを持って行ったブリーダー氏にお願いして、子供を採ってもらいました。勿論そのオスもG!!セレクトの個体。

やっぱし、採れる子供にも妥協はしたくないですからね。特にこういったセレクティブブリードの要素が強いものならば尚更、自分が思い描く理想像に近づけるような交配が絶対条件です!

画像
Corn Snake “White Reverse Okeetee” C.B.09 ♀ <SOLD OUT>


まぁ、それが世間一般でよく言われるハイクオリティーなのかどうかはわかりませんが(この辺は主観の問題ですから)…とりあえず、ボクは今回採れた子供達に関して大・大・大満足です。ホント「ブリーダー氏ありがとう!」って感じ。

で、その“ホワイト”リバースオケーティー。

ここ数年で“ハイホワイト”リバースオケーティーという名前もよく見聞きするよういなりましたが、本来このハイホワイトと呼ばれる系統は基調色、つまり地肌の色に赤/橙色系の色彩があまり発色せずにホワイト〜アイボリーとなるものを指していました。ところが、このハイホワイト自体もとから赤/橙色の発色具合に個体差が大きい所に加え、近年この系統を他の品種とアウトクロスしてバリエーションを作る動きも盛んになり…その結果、出てくる“ハイホワイト”リバースオケーティーの基調色もゴニョゴニョ。

とにかく、そんなこんなで色々とありまして、「オリジナルを忠実に守ってきちんと白くなるものはチョッと呼び方変えた方がイイんでね?」ってなことで言われ始めた名称が今回紹介する“ホワイト”リバースオケーティーと言う訳です。まぁ、別にハイホワイトならハイホワイトでもイイんですが…やっぱりコダワリはわかってもらいたいですからね(笑)。

画像
Corn Snake “White Reverse Okeetee” C.B.09 ♀ <SOLD OUT>

ここまで紹介した3枚はそれぞれ上からオス・メス・メスなんですが、頭の部分なんかを見てもらえれば何が“ホワイト”なのか伝わるかなと思います。ハッチリングのせいか、ボディなんかにはどうしても赤みが乗っちゃうんで、現状だとぶっちゃけ普通の“ハイホワイト”とそんなに変わらないかもしれませんけど、実際見比べるとかなり違って見える…のはボクだけですかね?

あ、参考までにメス親は

画像
Corn Snake “White Reverse Okeetee” ♀ <参考個体>

こんな感じです。

キャンディケインではありませんよ。ブロッチの形状やブロッチ外縁の太さからも、この系統がリバオケだということがわかってもらえるかと思います。今回の子供達なら更にイイ仕上がりになるでしょうね。

お問い合わせはメール/TEL(プロフィール内参照 携帯でご覧の方はブログタイトル右下「ブログ紹介」をクリックすると、紹介ページ左下に「プロフィール」が出てきます)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーンスネーク “ホワイトリバースオケーティー” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる