はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カリフォルニアキングスネーク “ハイポメラニスティック”

<<   作成日時 : 2009/08/17 21:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
California King Snake “Hypomelanistic” C.B.06 ♂

そして今日もLamprropeltis

しかもカリキン!

カリキンには市場に流通しているだけでも数系統のT+/ハイポ系カラーミューテーションが知られていますが(このブログだけでもMerker/Lemkeラインのハイポとブルーアイブロンド=B.E.B.を紹介しています)、この個体は単にハイポメラニスティックとだけ記されて入荷。体側のスペックルが背中近くまで巻き上がるパターンや体色から察するに、ベースは“ニューポートビーチストライプフェイズ”あたりのカリフォルニア南部系コースタルフェイズなんでしょうね。

画像
California King Snake “Hypomelanistic” C.B.06 ♂

オレンジ郡からサンディエゴ群にかけた辺りのコースタルフェイズは綺麗なチョコレートブラウン&イエローのカラーリングとなるものが多いんですけど(前に紹介したB.E.B. のヘテロやクリーパーの広告に載せたCarlsbad産ストライプなんかを見てもらえばわかりやすいかと)、この個体はそこにハイポメラニスティックのエフェクトがかかるせいで、ベースは薄皮を一枚被ったような紫色というかライトブラウンというか…不思議な色にパステルイエローのパターン。

パステル調の色彩が好きな方なんかは超ツボじゃないですか?

体側のスペックルの巻き上がり具合や密度も整っていて、ストライプも頸んトコのスポットを除けば、尻尾で2ブレイクスとなるだけ。ニューポートビーチのお手本というか理想ですね。

画像
California King Snake “Hypomelanistic” C.B.06 ♂

目はこんな感じ。

瞳はB.E.B.と較べると濃く、ダークなワインレッド。ただ、虹彩の色がB.E.B.よりも青い感じのシルバーなのが笑えます。

で、T+/ハイポ系ミューテーションというと気になるのが「どの系統と遺伝的に同じor違うのか!」ということなんでしょうけど…カリキンの場合は一切わかりません。まぁ、同じハイポという括りでもMerker/Lemkeラインとは模様の色が異なるので、混ぜない方がイイでしょうし、B.E.B.とは…もしも遺伝子が異なった場合、両系統のホモ形質の見分けがつかないでしょうから、やはり混ぜない方がイイですよね、きっと。ラベンダーは…ラベンダー自体が2系統だか3系統だかいますよね?その辺と検証していくのもねぇ、正直メンドイ。

と言うことで、カリキンに関しては遺伝子が同じとか違うとかいう以前に、あまりゴチャゴチャ混ぜない方が良さそうな感じがしますよね?ハイポはハイポ、Merker/LemkeラインはMerker/Lemkeライン、ラベンダーはラベンダー、それぞれ混ぜないで維持するのが一番シンプルですよ。うん、きっとそれがイイ!これは!!!

まぁ、とにかく綺麗なカリキンですので、お問い合わせお待ちしております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カリフォルニアキングスネーク “ハイポメラニスティック” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる