はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS コーンスネーク “クリムゾン”

<<   作成日時 : 2009/09/13 19:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Corn Snake “Crimson” C.B. ♂ <SOLD OUT>

マメな更新と言いつつ、雑用やメンテに追われてなかなかままなりません。しかも、今日起きたらヒドイ疲れ目みたいな感じで目が重い…のを通り越して痛い。カメラのファインダーどころか、PCのディスプレー見るのもツライんです。

ってことで、今日の画像、ピンが甘くてもご容赦を。

たぶん、合ってるとは思いますが…。

さて、最近はなんかマイアミ系の品種が“キテる”ような気配。個人的にはオケーティー/ジャスパー派(?)のボクですが、決してマイアミが嫌いとか不得手とかって訳ではなく、ウチの傾向としてピックアップした個体をコソコソっと輸入すると、サクッといなくなるというのが定番化している感じなんです。更に、アメリカでは不況の影響を受けてか、ここ最近で素晴らしいマイアミやキャンディーケインを作っていた個人ブリーダーさんが数人、一気にこの趣味をやめちゃってですね、買いたくてもまともに買えない状況も続いてたり。

あ、ボールメインに転向したって人もいたっけか(笑)。

おかげでマイアミ系コーンはすっかりご無沙汰。

そんなこんなでスルーしているうちに、巷ではジワジワとマイアミの良さが浸透してきたようで、ウチにもベースのマイアミを始め、クリムゾンやハイポマイアミ(共にマイアミ+ハイポ−Aですが、表現形に違いが見られます)、キャンディケイン、シルバークイーンゴーストなど結構な問い合わせがありまして、これはキテるのかなと。

でも、マイアミって、典型的な個体はグレーの基調色とブリックレッドのブロッチのコントラストが綺麗で、確かに素晴らしいヘビなんですけど…幼体はだいたい基調色のグレーが強いから、成長に伴ってどこまで赤が発色してくるのか、親を見ないと全然読めないし、他の品種とコンボにするのは勿論、単にマイアミ作るにしても、チョッとでも親に妥協すると基調色が簡単に赤側に振れるしと、形質にバラつきが出やすく、扱うにしてもイジるにしてもホントに難しいんですよね〜。裏技として昔ながらのラベ…おっと、これ以上はココでは関係無いから省略。

とにかく、そうやってイイ個体を探すのって結構手間なんですよ。バイヤー泣かせというか。

画像
Corn Snake “Crimson” C.B. ♂ <SOLD OUT>

で、今回のクリムゾン。

クリムゾンこそハイポ−Aの影響をモロに受けて赤側に振れやすい最たる品種なんですが(名前もクリムゾン=深紅ですしね)、近年では“マイアミのハイポバージョン”と胸を張って言えるものも増えてきました。この個体もマイアミの特徴である基調色の灰色がハイポの影響を受けて明るくなり、実物はシルバーという印象を受けます。あざとく露出をオーバーにしてもっと明るいシルバーにして写してもよかったかな…なんて(笑)。ブロッチはクリムゾンというよりスカーレット(朱色)で、面積は大きめ。

個体の大きさは水入れに浸かってるカットばかりでわかりづらいと思いますが、すっかりアダルトの1.2m±。この大きさでこのシルバーとこのコントラスト…ボク的にはかなりOKな感じですね!これなら種親としてもかなりの使い道があります。ボクが今パッと思い浮かべただけでも5通りはあるかな。オスですからね、メスと違って1シーズンに1回かかったらお終いって訳じゃないんで、色々と楽しませてくれそう。

画像
Corn Snake “Crimson” C.B. ♂ <SOLD OUT>

勿論、大きさも大きさで動きもゆったりとしてるから、ペットスネークとして楽しんでもらってもOKかなと。

お問い合わせはメール/TEL(プロフィール内参照 携帯でご覧の方はブログタイトル右下「ブログ紹介」をクリックすると、紹介ページ左下に「プロフィール」が出てきます)にてお気軽にお尋ね下さい。


<開店時間遅延のお知らせ>
誠に勝手ながら、明日14日(月)18:00開店とさせていただきます。
ご了承下さい。

Herp. Supply
Go!! Suzuki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーンスネーク “クリムゾン” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる