はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新入荷リスト

<<   作成日時 : 2009/09/25 22:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

でわ、新入荷のリストをアップします。
尚、これは“予定”ではなく、“決定”です。

あ、そうだ!肝心の入荷日なんですが…チョッとC.I.T.E.S.モノとの兼ね合いがあり、早くてもぶりくら神戸明けの火曜日以降となりました。まぁ、値段なんかは近日中に出せるので、気になる種類がいる方は事前にバンバンお問い合わせ下さい。

それじゃ、イってみますかね。

・レッドストライプリボンスネーク C.B.09 トリオ SOLD OUT
個人的に今回の目玉です。探し続けて早5年以上経ちましたが、今回やっとこさ見つけ出すことが出来ました。しかも、C.B.で、更に♂1/♀2のトリオ!譲っていただいたブリーダー氏には感謝の言葉しかありません。リボンスネーク(ウェスタン:Thamnophis proximus、イースタン:T. sauritus)最大(亜)種にして、その名の通り、背中を一筋の赤いストライプが走り抜ける美麗種。この背中のライン、産地による違いなのか赤の色調にバリエーションが見られるんですけど、今回の仔達の親コロニーはどれも真っ赤なラインのタイプで、もうボクの理想通りです。尚、販売はトリオのみとさせていただきます。

・サウザンパインスネーク “ルーシスティック” C.B.08 ♀ SOLD OUT
前にケープゴファーか何か紹介した時にチョコっと書いた気がしますが、ボクの初Pituophisは今から15年近く前、広尾でこの店の前身となるM. Supply(生体ではなく、餌のネズミの生産/販売をしてました)を展開していた時に店の看板として飼っていたルーシーのサウザンパインなんです。古き良き…ではありませんが、その時の個体は全身がソリッドなアイボリーで(勿論、模様はわずかな痕跡すら無く)、光の加減でルビーに光るダークブルーの目をしたホントに綺麗な個体だったんです。それこそ、まさに店の顔。
そのせいなんでしょうかね、ルーシーのサウザンパインに関しては見る目が必要以上に厳しくなってしまい、ここ最近は全くと言っていいほど扱ってなかったんですけど…今回久々に納得できる、いや、その時飼育していた個体を凌駕する個体に出会ってしまいました。まだヤング〜サブアダルトといった感じのメスなんですけど、透明感の強い白いボディにダークブルーアイ。もうね、まさに一目惚れって感じ。今ならルーシーのサウザンパインという品種はかなりポピュラーなものとなっているので、「新品種!」とか「国内初流通!!!」なんてインパクトは全くありませんが、個体自体が持つ雰囲気というか、オーラは凄いものがあると思います。

・ミッドバハゴファースネーク C.B.09 ペア SOLD OUT
これも扱うのは何年ぶりでしょうか。某誌が発刊されたのが確か97年ですよね。ってことは最低でも12年ぶりってことになるのかな?チョッと前に知り合ったブリーダーが維持しているのは知っていたので、今年こそ確実にペアで確保したいなぁと思い、産卵の段階でペアを予約してくれるように交渉。「全部がどっちかに偏ったらゴメンね」というブリーダー氏の弱気発言も杞憂に終わり、無事ペアを譲ってもらうことができました。ここの親は綺麗ですよ〜。オスはブロッチが深い藍色で、そのブロッチとブロッチの間、そして頭部は蛍光感のあるオレンジ。メスは色みこそオスに譲りますが、ブロッチは藍色で、とても上品な印象です。海外のフォーラムやなんかで時折、「これはオレンジの発色が弱いケープ!」とか「ん!? これはどう見てもサンディエゴでしょ?」みたいな画像が本亜種の名前で紹介されてますけど、典型的な本亜種はこれら2亜種とは明確に違います。間違いようがありません。
ハッチリングは親と違い、地味なゴファーといった印象が強いですけど、ブロッチはしっかり藍色で頭部にもしっかりオレンジが発色してますから、成長に伴い、どんどん綺麗になっていく姿を楽しんでもらえると思います。飼育にチョッとコツがいりますが、その辺もブリーダー氏より色々アドバイスをもらっているので、ご安心下さい!尚、販売はペア販売のみとさせていただきます。

カリフォルニアキングスネーク “パープルパッション” C.B. ♂ SOLD OUT
“紫の情熱”なんてなかなかナイスなネーミングですが(笑)、平たく言うとラベンダーブリザードです。つまり、パターン無しで全身ラベンダー独特のパープルとなるカリキン。結構前からトライしているブリーダーも多かったんですが…ブリザードがそうであるように、やっぱりこの辺は完成度高い個体って作出が難しいんでしょうね。今回来る個体はブリーダー氏の秘蔵っ子だったみたいで、目立ったパターンがほとんど見られないかなりの完成度。これも今回の個人的目玉の一つかなぁ。早く手にとって見てみたい!

・デザートキングスネーク “ハイポメラニスティック” C.B.09 ペア ♀SOLD OUT
・デザートキングスネーク “ハイポメラニスティック” アダルトペア
この辺好きな方々には以前からお話していたデザートキングのハイポ。作出されて結構経つ品種で、たぶんアザンの方が品種としては新しいんじゃないかなぁ?入れる入れると言いつつ延び延びでしたが、今回はちゃんと入れます。ベースとなるデザートキングが“壮麗な”という学名を持つほど綺麗な亜種ですからね、そのハイポもまた綺麗ですよ。ベースはチョコレートブラウンで、パターンはパステルイエロー。しかもカリキンよりも黄色の色みは濃いんじゃないでしょうか。さらに、ハイポはこれ単体で綺麗なだけではなく、その上、アザンとコンボにしたゴーストやアメラとコンボしたサングロウなど発展型を作るキー(まぁ、これはデザートキングに限ったことではないですが…)でもあるという。で、見てもらえばわかるように、今回は今年のベビーとアダルト、両方ともペアでの入荷です。ホントはベビーだけの予定だったんですけど、ひょんなコトからアダルトも出してくれるという話になって…調子乗って両方とも買っちゃいました(笑)。共にペア販売…あ、そうだまだアザンのメスも残っているんで、ベビーの方に関してはゴースト作成ユニット(例えばハイポ♂+アザン♀)での販売もOKです。とりあえず、その辺はお問い合わせ下さい(笑)。

・トランスペコスラットスネーク C.B.07 ♀
ヤング〜サブアダルトって感じのメス。ミューテーションでもなければ、ローカリティー云々ってものでもないんですけど、とにかく白いんです。感じとしてはブリーチドブロンドをノーマルパターンにしましたみたいな。オリジンを遡ればPandale辺りのワイルドグレーフェイズなんかにたどり着きそうなくらい。とにかく黄色みが抜けてるので、茶色い印象は全く受けませんね。凄くお上品な色彩の個体です。

・コーンスネーク “マイアミ” C.B. ♂ SOLD OUT
アダルトなんですけど…もう訳わかんない色してます。いや、マイアミなのはわかるんですけど、何なんですかね、一言で言うと「ハイポエリスリスティック(減赤色色素)でも起こしてんの?」みたいな。ブロッチの色や基調色のシルバー感をみてるとそんな印象を受ける個体です。これまで見てきたマイアミ系個体の中でブッチギッて変わってます。とは言え、例えようもないんで、これは実物見てもらうのが一番手っ取り早いかなぁ。

クナシリラットスネーク “ブルー” C.B. ♀ SOLD OUT
日本でも青いアオダイショウにこだわって作ってらっしゃる方がいますけど、これも同じような視点でアメリカで作られたクナシリ系統のブルーです。「クナシリなんてもとから青っぽいじゃね〜か」とか言われそうですが、そういう程度の青ではありません。ボクは、画像ですが、数点を送ってもらってきちんと青いことを確認します!とは言え…これも実際見てもらわないと説得力欠けますよねぇ。とりあえず、実物が来たら早めにアップしますね。ただ、ウチで扱うクナシリはどれも回転が早いんで…気になる方はホント〜〜〜に早めのお問い合わせを。


輸入までチョッと時間ができたんで、もしかしたらもう少し増えるかもしれませんが、現状はとりあえずこんな感じです。

お問い合わせはメール/TEL(プロフィール内参照 携帯でご覧の方はブログタイトル右下「ブログ紹介」をクリックすると、紹介ページ左下に「プロフィール」が出てきます)にてお気軽にお尋ね下さい。


※9月27日 追記
レッドストライプリボンスネーク トリオ、クナシリラットスネーク “ブルー”は売約済みです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新入荷リスト はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる