はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS トランスペコスラットスネーク “パンサーキャニオン TX.”

<<   作成日時 : 2009/10/27 18:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Trans Pecos Rat Snake “Panther Canyon, TX.” C.B. ♀

なんか、思っていたより撮影に手こずっております。

いや、新着だけじゃなく全般的に。

今、とあるプロジェクトに向けた準備として(まぁ、準備ってもボクの中だけで「出来たらイイなぁ」くらいのものなんですが…)、在庫、参考生体問わず、積極的に撮り溜めしてる最中なんですけど、これが思いのほか進みません。一人黙々と撮影してるんで、上手くいかないストレスは全て自分の内へ内へと籠もってしまいます。

どうしたものか…。

このブログの更新だって、画像があってこそですからねぇ。

なんとか頑張らなきゃなぁ〜。

画像
Trans Pecos Rat Snake “Panther Canyon, TX.” C.B. ♀

で、今日もペコ。

っても、コイツは新入荷ではなく、アップし忘れ個体。なんか紹介するタイミングを逸して、ず〜っと人知れず店でキープされてたんですが、ちょうど前回のホワイト/グレーフェイズと好対照となることや、脱皮して一気に本領発揮してきたのも重なって、ようやくアップとなりました(笑)。

ローカリティもののペコの中ではトップブランド(?)でもあるパンサーキャニオンのペコ。この地域のものは基調色の黄−橙色が濃く出るのが特徴です。過去にはエバーグレイズラット…はちと言い過ぎかな? でも、それに近いオレンジ色をしたものやゴールドブラウンの個体も少なからず見つかっています。

今回の個体は全身オレンジでこそありませんが、基調色の色調が濃く、H模様とH模様を繋ぐストライプや体側にはきちんとオレンジが発色。下半身のH模様は濃いチョコレート色をしており、アダルトになる頃にはかなり重厚な雰囲気になりそう。こういった個体はブロンドの色みを増すのに結構重要で、マスタードやストロベリー系ブロンドなんかと組み合わせると、色みが濃くて鱗と鱗の間にオレンジが発色する感じの個体が作出できるそうです。この個体を譲っていただいたブリーダー氏もそれを目的にこの個体を残していたそうですから。

画像
Trans Pecos Rat Snake “Panther Canyon, TX.” C.B. ♀

あ、そうだ。この色みならばアルビノとかけても面白いかもしれません。Hwy277, Loma Alta/Euro ラインは勿論、贅沢にDave Long ラインなんかとかけられたら…最高のアルビノが採れるでしょうね!

いや〜、色々と楽しめそう。

サイズ的にはアダルトマウスのSとか楽勝なんで、普通にペットとして飼ってもらうにも、ベビーほど気を使わなくてOKなのが嬉しいかなと。なんでも、性格的にはペコがラットスネークん中で一番ジェントルで、ペットに向いた種だそうですから。

顔も面白いし(笑)。

お問い合わせはメール/TEL(プロフィール内参照 携帯でご覧の方はブログタイトル右下「ブログ紹介」をクリックすると、紹介ページ左下に「プロフィール」が出てきます)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トランスペコスラットスネーク “パンサーキャニオン TX.” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる