はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アルゼンチンレインボーボア “アザンティック&ノーマル”

<<   作成日時 : 2009/10/11 17:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Argentine Rainbow Boa “Axanthic & Wild Type” C.B.08 ♂/♂ <SOLD OUT>

ウチには珍しくボア・パイソン2連荘!

っても、昨日のオリーブパイソンのアダルト(♂2/♀1のリバーストリオ)は頼まれものなので、厳密に言うとウチの入荷個体って訳じゃないんですけどね。北の国より指令がありまして、近々そっちに送ります。

で、今日紹介するアルゼンチンレインボーボアは純粋に(?)ウチが買い付けたもの。

チョッと前に日本でも流通しましたけど、個人的にピュアなアルゼンチンレインボーは本当に久々!まぁ、ピュアって言っても、この辺に関してはハイブリッドを作るブリーダーなんていないから大した意味も無いんですけど、レインボーボアは亜種の区分がイマイチ曖昧ってか、決着ついたとは言い難い感じなんで、亜種の特徴が顕著に出た個体にはついついピュアという言葉を付けたくなっちゃいます。特に最近種に昇格したらしい(←この論文まだ読んでないんですよ)コロンビアを除く、茶色い連中(笑)。

画像
Argentine Rainbow Boa “Axanthic” C.B.09 ♂ <SOLD OUT>

しかも、今回はタイトルにもある通り、アザンティック(と思われる)個体をGET !!! ブラジルとコロンビアではカラーミューテーションが良く知られていますが、アルゼンチンでこういうカラーバリエーションっていうのは結構珍しいんじゃないでしょうか?少なくとも、ボクは初めて聞きました。

あ、カラーミューテーションではなくカラーバリエーション表記なのは、このアザンティック個体に関してはまだ遺伝性が検証されていないため。ニュアンスの問題なんですけど、カラーミューテーションって言っちゃうにはチョッと気が引けるかなぁと。アルビノやルーシみたいに顕著な変異ならば別なんですけどね。

でも、ロングテールボア(Boa constrictor longicauda)のアネリスリスティックが作出された時の背景なんかも鑑みると、ボク的にはこの個体が遺伝性を伴ったアザンティックであることは間違いないと思っています!

だからこそ、チョッと無理してでも買い付けた訳ですし。

気になる個体のバックグラウンドは…お買い上げいただいたお客様にはキチンとお話いたします。

さて、このアザン、各部を詳細に見ていくと、まずベースやパターンの色彩は

画像
Argentine Rainbow Boa “Axanthic” C.B.09 ♂ <SOLD OUT>

元がブラジルのような赤ではなく、茶色であるせいか、赤/黄色系色素が無くなった体色はこんな感じで濃い目の灰褐色。

通常体色の個体が

画像
Argentine Rainbow Boa C.B.09 ♂ <SOLD OUT>

こんな感じですから、黄色が抜けているのはよくわかりますよね。

更に、注目してもらいたいのが目の色で

画像
Argentine Rainbow Boa C.B.09 ♂ <SOLD OUT>

通常体色の個体がこのようにオレンジがかったパステル調のライトブラウンであるのに対して

画像
Argentine Rainbow Boa “Axanthic” C.B.09 ♂ <SOLD OUT>

アザン個体はこんな感じの緑色っぽいグレー。

この辺を考慮して最初にアップした2ショット画像を見てもらうと、この2頭の違いがさらによくわかってもらえるかなと。

恐らく体色に関しては累代するごとにグレーが顕著になっていくと思います。ちょうど、ボールのモハベやファイアが累代するごとにその品種としての特徴が顕著になっていったのと同じですね。ロンギのアネリもそうだったし。





それにしても

画像
Argentine Rainbow Boa C.B.09 ♂ <SOLD OUT>

比較対象として一緒に買ったこの通常体色個体、一応画像を見て選んだとは言え、やたらに綺麗じゃないですか?茶色の色調も明るくて、体側も腹部から白色が大きく巻き上がって非常に上品。これはこれで、単純に良いアルゼンチンレインボーボアですね。比較対象なんて言っちゃ、この個体に対して凄く失礼かも。


尚、今回は見てもらえばわかる通り、2頭ともオスなんで、どちらも単体販売可能です。アザンに関して言うと、レインボーボアのミューテーション、特に市場への流通がほとんど見られないものはどうしても凄まじい値段を想像しちゃいますけど…今回はまだ遺伝性が未検証の、あくまでもカラーバリエーションなので、結構現実的なお値段(笑)でお出しすることができます。これはプロジェクトとして相当面白いかなと。通常体色個体もアルゼンチンレインボーを楽しんでもらうにはうってつけ、レインボーボアの中でも模様が残り、最もクサリヘビっぽいパターンをしたアルゼンチンの魅力を存分に味わってもらうことができると思います。個体としても超キレイだし!

お問い合わせはメール/TEL(プロフィール内参照 携帯でご覧の方はブログタイトル右下「ブログ紹介」をクリックすると、紹介ページ左下に「プロフィール」が出てきます)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルゼンチンレインボーボア “アザンティック&ノーマル” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる