はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS リーブスクサガメ “パイボール”

<<   作成日時 : 2010/06/16 18:33   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
Reeves' Pond Turtle “Piebald” C.B. ♂ <SOLD OUT>

え〜と…前回、ダウナーな感じの記事になってしまったことを反省。

理系人間なものでどちらかというと現実主義者ではあるんですが、言葉の持つ“力”というか、言霊は凄く信じてたりします。なので、あぁいうネガティブなコトを書いてしまうと、自分の気持ちが更にネガになるだけでなく、載せた生体にまでそれが影響しちゃうよな〜と。

このブログに良く書きますが、ウチで扱う生体はどれもボクが「コレは最高でしょ!」と思ってセレクトしています。つまり、ポジティブな気分で自信を持って選んだものばかりなんです。なのにあんな文章と一緒に紹介しちゃあ、負のオーラでせっかくの個体の良さも霞んでしまいますよね。

しかも、そういうオーラって見ている方々にはコレでもかってくらい伝わっちゃうし。

ソレではいかん !!!!!

ってことで、こういう時だからこそ、ブログくらいは明るく楽しくいきたいと思います!

画像
Reeves' Pond Turtle “Piebald” C.B. ♂ <SOLD OUT>

う〜ん…今日はいつになくスピリチュアルな感じですが(笑)、ここからはキチンと本題。

またまたクサガメのミューテーションです。

エクストラクリーパーでも紹介してもらったクサガメのパイド。あれ以来、日本でも数頭を目にする機会がありましたが、今回は「斑回り(植物とかやってる人以外には伝わりにくいかな?)」もかなりナイスな感じで、更にオス確定という個体に巡り会うことができました。

以前入荷した個体はメスだったので、あれ以来オスを探していたんですが、なかなかイイ個体がいなかったり(というか、この手合いのミューテションってオスがほぼ出てこないんですよね…)、いても値段やタイミングで折り合いが付かなかったりと散々。もうなんか半ば諦めモードだったんですけどね、ひょんなコトから、こうやって手許にやってきました。

“超”の付く贅沢を言えば、これで皮膚にもう少し白が出てれば最高だったんですけど……そんなん、万が一出てきたとしても値段恐ろしくて聞けないや(笑)。

画像
Reeves' Pond Turtle “Piebald” C.B. ♂ <SOLD OUT>

でも、腋の下とかにもこうやって白いパッチが。

画像
Reeves' Pond Turtle “Piebald” C.B. ♂ <SOLD OUT>

お腹はこんな感じ。

綺麗でピカピカだし、状態もバッチシだしで、言うことありません。

大きさは70mmに僅か欠けるくらいですから、親として使うにはあと数年は必要ですけど、そこは優れたペットタートルでもあるクサガメ、この大きさからじっくり飼い込んでもらえれば、超イイ仕上がりを見せてくれるのではないでしょうか。


…パイドウンキュウとか作ってみたいかも。


お問い合わせ先はブログタイトル右下、プロフィール内をご参照下さい(携帯でご覧の方はブログタイトル右下「ブログ紹介」をクリックすると、紹介ページ左下に「プロフィール」が出てきます)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ごぶさたしちゃっております。。。m(_._)m
「斑廻り」。。。久しぶりに聞きました。
「斑廻りのヨイ龜」コレカラの言葉デスね!!!
蘭丸
2010/06/17 05:22
>蘭丸さん
ご無沙汰です!
まぁ、ボクの回りには植物やってる人も多いんで、その方々には伝わりやすいかなと。こういうミューテーションモノもそうですが、アメハコなんかも結構「斑回り」気になりません?トウブとかフロリダ、ニシキといった連中。
G!!
2010/06/18 18:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
リーブスクサガメ “パイボール” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる