はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS サウスフロリダキングスネーク “アザンティックホワイトサイド”

<<   作成日時 : 2010/11/15 20:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
South Florida King Snake “Lemke Line Axanthic White Side” C.B. ♂ <SOLD OUT>

いやぁ〜SCAPARAでの発表も終わり一段落。

参加された獣医師、動物園水族館関係者、爬虫類業界、学生の方々、皆さんお疲れ様でした。SCAPARA事務局の方々も有難うございました。


でわでわ、今日から新入荷生体を少しずつ紹介していきたいと思います。

まずはホワイトサイド繋がりってことで、サウスフロリダキングスネーク(Lampropeltis getulabrooksi ”)のアザンティックホワイトサイドをば。

スペックル(L. g. holbrooki )のホワイトウォールとはまた違った印象でしょ!?

先の新入荷リストでもチョロっと書いたように、このホワイトサイドというミューテーションは故Lloyd Lemke氏のアザンティックとTim Ricks氏のアネリスリスティック、この両品種の血筋からそれぞれ別に出てきたものです。ただ…Tim Ricksラインは元のアネリも含め、ほとんど目にすることがなくなっちゃったんで(今出回っているアネリはB.H.B.ラインってことになってますからね)、ホワイトサイドっていうと、このLemkeラインアザンティックから出てきた系統がほとんどと言ってイイでしょう。

画像
South Florida King Snake “Lemke Line Axanthic White Side” C.B. ♂ <SOLD OUT>

で、そのアザンティックホワイトサイド。

日本ではサウスフロリダ自体が今一つ人気薄なんでアレですが…どうですか?イイでしょ?? 綺麗だと思いませんか??? アザンティックだからこそのパール調の明るいプラチナシルバーとルーシスティックならではのホワイト。更に基調色もこれはホワイトサイドが加わったからこその効果か、グレー調のシルバーになっています。まだチビっこなんで色の境目もパキッとしていますが、ここから成長するにしたがって背面の鱗にもルーシ由来のホワイトが染み出すように発色してきて、成体になると更に素晴らしいヘビに。

あ、サウスフロリダは成体のボリューム感もイイですよねぇ。

画像
South Florida King Snake “Lemke Line Axanthic White Side” C.B. ♀ <SOLD OUT>

こちらはメス。

メスだってのにこの大きさでこのスペックル、そしてこの抜け。

こりゃ、イイペアです!

今回は選びに選んだ1ペアのみの入荷なんで、気になる方はお早めに!


在庫や価格はメール/TELにてお気軽にお尋ね下さい。お問い合わせ先はブログタイトル右下、「プロフ」タグをクリックいただくとご覧いただけます(携帯でご覧の方はブログタイトル右下「ブログ紹介」をクリックすると、紹介ページ左下に「プロフ」が出てきます)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サウスフロリダキングスネーク “アザンティックホワイトサイド” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる