はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カリフォルニアキングスネーク “Bill Brant ゴースト”

<<   作成日時 : 2010/11/21 20:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
California King Snake “Bill Brant Line Ghost” C.B. ♀ <SOLD OUT>

今日はアザン/アネリスリスティック繋がりで、カリフォルニアキングスネーク(Lampropeltis getula californiae )のゴースト。

本来、カリキンのゴーストっていうとサンディエゴ郡北部、Palomar Mountain近辺に見られる地域個体群/色彩型にこの名前が与えられています。でも、今回紹介するゴーストは見ればわかる通り、それら地域個体群/色彩型とは全く関係無し。

更に加えて言うなら、他のナミヘビやボア/パイソン類の色彩変異品種、ハイポメラニスティック+アザン/アネリスリスティックのコンボである(トゥルー)ゴーストでもないのかなぁ…と思います。

ま、この名前は言うなれば、この色彩変異に与えられたニックネームみたいなモノとでも考えればイイでしょうか。

画像
California King Snake “Bill Brant Line Ghost” C.B. ♀ <SOLD OUT>

こんな感じで、たぶん朧気な紫色の基調色部分と白いバンドから、このゴーストっていう名前が与えられたんでしょうね。

で、気になるその正体ですが、オリジネーターはタイトルにもある通り、日本でも名前が知られている(本来はネズミ屋の)Bill Brant氏。彼が所有する紫色に白バンドの個体がこの品種のオリジナルなんだそうです。そして、彼自身はその個体(品種)のことをアネリスリスティックと考えているとか。

でもねぇ…カリキンのベースカラーを頭に浮かべてもらえばわかる通り、コースタルフェイズにしろ、デザートフェイズにしろ、更にそれらの中間型にしろ、赤い色って存在しませんよね。不思議とカリキンでこういった手合いの品種が出ると必ずアネリ(例えばBRIGGS, P. & S. McKeown, 1995)って言われるんですけど、アレっていつも不思議なんですよねぇ。

画像
California King Snake “Bill Brant Line Ghost” C.B. ♀ <SOLD OUT>

…普通に考えたらアザンティックかなと。

もっとも、BRIGGS, et. al.(1995)の頃はボールパイソン(Python regius )のアザンもほとんど知られてなかったから、コーンスネーク(Pantherophis guttatus )に倣ってアネリと言われても仕方無しだったんですが。

とにかく、オリジネーターであるBill Brant氏はハイポではなくアネリ(アザン)と判断して発表したみたいなんですけど…ここで気になるのは「これ、ホントにアネリ/アザンなの?」ってこと。

つまり、普通のコースタルとかけた場合、F2で黄色が発色したコースタルフェイズのワイルドタイプとこの白いバンドの“ゴースト”がキチンと分かれて出てくるのかなぁと。先に紹介したBRIGGS, et. al.(1995)ではアネリとされた黒色+白バンド個体の横に、明らかにシブリングとわかる黒褐色+黄色バンド個体が写っているんで、そうなのかなと思うんですよ。でも、この品種のヘテロないしはシブリングって見たことがないんで、「アザンです!」ってボクは断言できないんだよなぁ、正直。

画像
California King Snake “Bill Brant Line Ghost” C.B. ♀ <SOLD OUT>

いや…まぁねぇ…ここまでの見てくれですから、色彩変異であることは確実なんですよ。

確実なんですけど…実はハイポ系の色彩変異で、コースタルと混ぜたら、このスキッとした白バンドがボヤ〜ッとクリーム色になっちゃいましたじゃ…笑えないでしょ!?

オリジナル個体は既存のT+/ハイポ系ミューテーションとはまた違った透明感のある繊細な紫色に綺麗な白バンドだったし、コイツラも「大きくなれば絶対にそうなりますよ〜」ってオーラ出しまくりなんで、もしも繁殖まで楽しみたいってなっても、この形質は絶対維持したいじゃないですか!しかもホントにアネリ/アザンだった場合には、各系統のハイポ使ったトゥルーゴーストやラベンダートゥルースノー、トゥルースノーなどなど、その可能性が一気に広がるでしょ。

なので、その辺がどうにも気になっちゃ…うのはボクだけですか?

もしかしたら皆さんにはそんなに重要じゃないですか??

いや、単純に「綺麗な個体だよね〜」でも全然OKなんですけど(笑)。

ってことで、読み返してみると折角の新着紹介が「結局正体わかりませんよ〜」みたいな文章になってるコトに一抹の不安もありますが、とりあえず綺麗でオススメであることを最後にシッカリ言っておきたいと思います。


そういや、Bill Brantって言えば、バナナファッジとかって呼んでたハイポ系の個体はどうなったんだ???


【参考文献】
BRIGGS, P. and S. McKeown 1995. Natural and Captive-Selected Color Phases of California Kingsnakes(Lampropeltis getula californiae ). The Vivarium 6(4). 26-29, 44-46.


在庫や価格はメール/TELにてお気軽にお尋ね下さい。お問い合わせ先はブログタイトル右下、「プロフ」タグをクリックいただくとご覧いただけます(携帯でご覧の方はブログタイトル右下「ブログ紹介」をクリックすると、紹介ページ左下に「プロフ」が出てきます)。


開店遅延のお知らせ

<お客様各位>
明日22日(月)は所用により18:00開店とさせていただきます。
誠に勝手ではありますが、ご了承下さい。

Herp. Supply
Go!! Suzuki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カリフォルニアキングスネーク “Bill Brant ゴースト” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる