はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS まだいますよ〜

<<   作成日時 : 2011/01/23 19:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

明日1月24日は発送手配と仕入れのため、臨時休業とさせていただきます。

Herp. Supply
Go!! Suzuki

画像
Branderhorst's Snapping Turtle W.C. ♂

チョッと前に某D氏のブログで触れられていたようなので(笑)。

まだいますよ!

いやぁ、ホントは大きなタンクで悠々と泳がせてやりたいんですけどね。コイツラの水中をたゆたうような泳ぎはナガクビ(広義Chelodina spp.)やマゲクビ(Emydura spp.)とはまた違った趣があります。

カブトガメ(Elseya spp. 及び Wollumbinia spp. ←Muchelys にしても良かったんですけど、Wollumbinia の方が浸透してるっぽいんで)の頂点って…まぁ、人それぞれとは思うんですが…ボクはやっぱしノコヘリ(W. latisternum )かなぁとか思うんですけど、その次がこの辺のニューギニアの連中だったり。まぁ、ここでは便宜上“El. novaeguineae コンプレックス”とでもしておきましょうか。

「ブランダーホルスト(El. branderhorsti )は明確に違うだろ!」ってツッコミも来そうですが、あくまでも便宜的にってコトで。

とにかく、バリエーションが豊富で、今後もロカものなど色々と楽しめそうってのがコイツラの一番の魅力です。この辺はボク的に超ツボだったりします。これはナミヘビ連中やマングローブオオトカゲ亜属(Subgenus Euprepiosaurus )、最近だとミズオオトカゲ亜属(Subgenus Soterosaurus )もかな、に共通してますね。こういうバリエーションものって超大好物(笑)!

そして、もう一つ。

それに負けず劣らずの魅力が綺麗であるというコト。綺麗なカブトガメって言ってパッと思い浮かぶのはシュルツ(El. schultzei )ですが、このブランダーも背面の暗色部と腹面の明色部の境界にピンクが入ったりして、よ〜く見ると非常に綺麗。これでサイズがもうチョイ小さいと言うコト無しなんですけどねぇ…。

ただ、この大きさも魅力のうちなのかな。仕上がったメスのアダルトなんてスッゲーボリューム感ですから。それに曲頸類(Suborder Pleurodira)ん中では平均的かそれ以下と言える大きさなんで、その辺が好きな方にはそんなマイナスポイントではないでしょうか。

…だけど、日本ではあんましウケないですよね。

いいカメなのに。


在庫や価格はメール/TELにてお気軽にお尋ね下さい。お問い合わせ先はブログタイトル右下、「プロフ」タグをクリックいただくとご覧いただけます(携帯でご覧の方はブログタイトル右下「ブログ紹介」をクリックすると、紹介ページ左下に「プロフ」が出てきます)。


ヘビ&トカゲ飲み会のお知らせ

【日時】
1月30日(日) 19:00〜

【場所】
魚民 中野駅北口店

【会費】
男性¥3,400 女性¥3,000

【募集締切】
1月26日(水)

皆様、是非ご参加下さい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだいますよ〜 はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる