はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ミナミシロクチドロガメ

<<   作成日時 : 2011/04/06 22:25   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
Southern White Lipped Mud Turtle C.B. ♂ <SOLD OUT>

気付くともう4月、新年度も始まって早々ですが…いやぁ、風邪ひきました。

何日か前からノド痛ぇなぁとは思ってたんですよね。でも、いつもみたく二、三日ゆっくり寝れば平気かな〜なんてノンビリ構えてたら…そりゃもうガッツリとくらいました。山積みの文献漁りながら書き物仕事もしてたんで、知恵熱もあるかもですが、ここまで調子崩したのも久々。

とは言え、そんなになりながらも書いてる原稿が掲載されるのは恐らく次の次のクリーパーになりそうなんですけどね。なんせ相変わらずの遅筆ですから、完成までにはまだまだ時間がかかりそう。って、よく考えたら、まともに(?)原稿書くの久々かも?クリーパー出るたびに「今回は何を書いたんですか?」と聞かれるんで、個人的にあんましサボった感が無いんですけど、たぶん去年って1回も書いてないはず…。

因みに、久々の復帰作はナミヘビ……ではなくモニター(Varanus spp.)です。ぶっちゃけ、ホントはもうモニターに関してクリーパーで書くつもり無かったんですけど(だって、モニターをほとんど扱わない店の人間がモニターのコト語るのって普通は可笑しいでしょ!?)、一応、ビジュアルガイドでその辺を担当した人間として、ここ最近の新種/新亜種ラッシュや分類変更を取り上げない訳にいかないでしょってコトで急遽書くこととなりました。

という訳で、モニターファンの方々はお楽しみに(…そして、ナミヘビファンの方々ごめんなさい)!

画像
Southern White Lipped Mud Turtle C.B. ♂ <SOLD OUT>

で、そんないつになるかわからない(笑)次々号は置いといて、次のクリーパー、編集長から広告原稿の催促も来たからそろそろ出るかと思いますが、巻頭特集はまさかまさかのドロガメ(Kinosternon spp.)3回目。ってか、これまで特集されてこなかったスライダー(Trachemys spp.)はまだしも、以前にも2号にわたって特集を組んだドロガメ(まぁ、正確に言うと以前はドロガメとニオイガメ(Sternotherus spp.)で2回だったんですけどね)をまたまた3号にわたって特集して大丈夫なんでしょうかね?

売れるのかなぁ…(笑)。

まぁ、ウチ的には一番力を入れてる分野なんで、こうやって深く紹介されるのは願ったり叶ったりなんですけど。

というコトで、今日紹介するのは、このブログでも散々書いてきた“メキシコ美麗御三家”の一つ、シロクチドロガメ(K. leucostomum )のミナミ亜種(K. l. postinguinale )でございます。しかも、ここまで画像をアップしたオス個体は純粋なC.B.、つまり持ち腹で落とした卵を孵しました的なものではなく、飼育下で長い時間をかけて飼い込んだ親からキチンと交尾〜産卵を経て採られたモノなんです。

どうですか?このベッタリと黄色に覆われた頭部は。

こういう頭部に綺麗な色や模様が見られるドロガメはシロクチを始め数種類いますが、ほとんどの種類でオスは成長と共に黒みが増してきちゃうのに、シロクチだけがオスでも黒みが強くならずに終生この綺麗な頭部を保つんですよ。いや、個体によっては成長に伴いドンドン黄色くなるって言った方が適切かな。ウチの種親候補として飼ってるキタ亜種(K. l. leucostomum )なんて、アダルトサイズで輸入されて10年以上経つのに、退色するどころか、ますます綺麗になってるくらいです。

画像
Southern White Lipped Mud Turtle C.B. ♀ <SOLD OUT>

こちらはメス個体。

コイツはC.B.ではなく、まだニカラグアやホンジュラスなど中米諸国からコンスタントに多くの爬虫類/両棲類が輸入されてた頃に日本に来たモノ。

C.B.とワイルドの違いって訳じゃありませんが、コイツはオスとは対照的に地色と模様のコントラストが強く、バキッと明瞭に黄色いストライプが入ります…っても、こうやって見ると、だいぶ基調色の部分が抜けてきたなぁ。来た当時はもっとコントラストがバキバキだったのに。

画像
Southern White Lipped Mud Turtle C.B. ♀ <SOLD OUT>

それと、これはお約束!

ちゃんと腋下甲板と鼠蹊甲板は離れています。この辺はチャンと載せないとね(笑)。それから、鼠蹊甲板は第5縁甲板とも接しません…って、コレは亜種識別に関係ありませんでしたっけ。

あ、勿論、甲高は低くフラットで、腹甲もキタ亜種と較べると細い印象があります。

尚、このペア揃えるために要した年数を考えると、あんましバラして販売したくないんですけど…一応、単体販売も検討いたしますので、ご希望の方はご相談下さい。


在庫や価格はメール/TELにてお気軽にお尋ね下さい。お問い合わせ先はブログタイトル右下、「プロフ」タグをクリックいただくとご覧いただけます(携帯でご覧の方はブログタイトル右下「ブログ紹介」をクリックすると、紹介ページ左下に「プロフ」が出てきます)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
届いたハイポカリキン 美しゅうございます。

これからも キングスネーク情報 宜しくお願いします!
Jumpin'shoes
2011/04/06 23:05
>Jumpin' Shoesさん
レス遅くなりました。例のハイポ、気に入っていただけたなら良かったです!
G!!
2011/04/11 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミナミシロクチドロガメ はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる