はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS レッドイヤースライダー “T+ アルビノ”

<<   作成日時 : 2011/09/05 22:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Red Eared Slider “Caramel(T+) Albino” U.S.A. C.B. ♀ <SOLD OUT>

スッゲェ綺麗!

いや、久々にレッドイヤー(Trachemys scripta elegans)のミューテーションを入れたんですが、こりゃイイ個体ですねぇ。キャラメルアルビノと呼ばれる、いわゆるT+アルビノなんですけど、ず〜っと室内で大切に飼われていたせいか、焼け染みが全くありません。

これぞまさに箱入り娘(笑)。

このT+アルビノは黒色色素の抑制の「度合い」によって緑色側(抑制度合い低)に振れるモノと黄色側(抑制度合い高)に振れるモノとに分かれますが、コイツはものの見事に黄色側に振れています。一時期この発色の違いにより様々な名前で呼ばれるコトも多かった本品種ですけど、確かにここまで仕上がりが違ってくると呼び分けたいブリーダー/サプライヤーの気持ちがわからなくもなかったり。ボクだってココまでの個体だったら“レモン(キャラメル)アルビノ”って呼び分けたいですもん。

画像
Red Eared Slider “Caramel(T+) Albino” U.S.A. C.B. ♀ <SOLD OUT>

どうですか、この体色!

甲羅の黄色は蛍光感が強く、皮膚は透明度の高い紫色に黄色が被さるように発色しています。レッドイヤーというか、スライダー全般(Trachemys spp.)に見られる背甲の模様がバキッと残るのもこの品種のイイトコですね。

それと、レッドイヤーのミューテーションって目に特徴出やすいじゃないですか。例えば、キャラメルピンクのウルウル黒目とか、トランスピアレントハイポ/ピューターの青い眼球+メタリックシルバーの虹彩とか。このT+アルビノもそれらと同様に目の色彩が独特で、このメタリックグリーンやメタリックブルーの虹彩に光の加減でピカッと光るルビーアイって組み合わせはとても印象的。

画像
Red Eared Slider “Caramel(T+) Albino” U.S.A. C.B. ♀ <SOLD OUT>

ただ!

惜しむらくは、小さい頃に潰瘍が元で尻尾が切れちゃったみたいなんですよ。

勿論、これは幼体の頃の古傷で、今じゃスッカリ塞がってるし、メスだから繁殖を視野に入れて飼育する場合にはそんなに気にする必要もないんですけど……コレクション目的の方にはマイナスポイントですよね。

でも、色彩的にはホントに非の打ち所が無い個体なので、爪やら尻尾やらどうこうよりも色彩的に綺麗な個体が欲しいって方には非常にオススメだと思います。

大きさ的にもしっかり育った安心サイズですし!


在庫や価格はメール/TELにてお気軽にお尋ね下さい。お問い合わせ先はブログタイトル右下、「プロフ」タグをクリックいただくとご覧いただけます(携帯でご覧の方はブログタイトル右下「ブログ紹介」をクリックすると、紹介ページ左下に「プロフ」が出てきます)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッドイヤースライダー “T+ アルビノ” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる