はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS サウスフロリダキングスネーク “ホワイト”

<<   作成日時 : 2011/11/20 22:06   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像
South Florida King Snake “White” U.S.A. C.B. ♀ <SOLD OUT>

白×黒のカリフォルニアキング(Lampropeltis getula californiae)に続いて、今日は白×黒のサウスフロリダキング(L. g.brooksi”)。

コイツはアザン/アネリといった黄−赤色系色素欠損ミューテーションではなく、正真正銘のワイルドタイプ、つまりノーマルなんです。サウスフロリダっちゃあ、黄色やらオレンジ色やらのゴージャスな色彩が特徴のヘビですが、このホワイトと呼ばれるストレインは名前の通り、パターンやスペックルの色彩がアイボリーホワイトになるのが特徴。

画像
South Florida King Snake “White” U.S.A. C.B. ♀ <SOLD OUT>

なので、小さい時から既にこの通り。

白系のサウスフロリダと言うと、このブログでも散々紹介してきたLemkeやNew Englandのアザン、それにB.H.B.アネリ(コレは“厳密に”言えばフロリダ:L. g. floridana なのかな)がいますけど、アザンがパール調で紫がかった寒色系の白になるのに対して、このホワイトはアイボリーホワイトと表現したように、暖色系の白になるという違いがありますし、B.H.B.アネリとは、ホワイトの方が大きくなると全身同色のスペックルに覆われて、“しっかりと”サウスフロリダになるという違いがあります。

それに、先にも書いたように、ホワイトはあくまでもワイルドタイプですからね。

画像
South Florida King Snake “White” U.S.A. C.B. ♀ <SOLD OUT>

で、このホワイト、知られるようになったのは90年代後半か2000年に入ってスグくらいだったと記憶します(ボクが見たのもそれくらいでしたから)。

ただ、当時はまさにフレイム旋風が吹き荒れている頃。ボクもいかに赤いサウスフロリダを入手するかにアツくなっていたんで、ホワイトと言われても今一つピンと来ず、「へぇ、そんなのいるんだ、スゴイなぁ」程度、すっかり記憶の彼方へと忘れ去っていたんですよ。そもそも、当時からほとんど目にする機会も無かったですし。それが数年前にふと、「そういえば、白いサウスフロリダっていたじゃん」と思い出しまして、探し始めたまでは良かったんですが……その時点で、販売個体どころか維持してるブリーダーの噂すらすっかり消え失せ、正直、今回こうして再び目にするまでは血が途絶えたモノだと思い込んでいました。

いや、まさか手に入れるコトができるとは。

いまだにビックリです。

昨日のスペックルドのカリキンもそうですが、願えば叶うもんなんですね。

おかげさまで、今回はメス2頭ともアッと言う間にオーナー様が決まりまして、こうやって苦労が報われるのはホント嬉しい限りです。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。


…と、一応書いておきますが、近々の再入荷に関してはあまり期待しないで下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
虹彩まで…!
黄色を薄く柔らかくした感じがすごいなぁ。

グイグイきます。
堀T
2011/11/21 00:59
バロンズから出ている 「キングスネークス&ミルクスネークス」のP39に クラシックイグザンプルの名称で あまり赤味がなく 白(実際には クリーム?)黒の ブルークスの写真が 載ってます… 赤いのより こんな色彩の方が 私達の 感性に合うと思います。

それに 安いし(笑)

でも でも モハべとカリキンには 勝手に反応してしまう体質ですから 浮気はしないで おこうと思います(笑)

ブルークスは イヤリングくらいで 目に留まる個体がいたら 食指が働くんでしょうが そもそもそんな出会いも無く ベビーからでは 自分の好みになるのか読みづらく(笑)


ランプロサイコー
2011/11/21 09:41
まさかのwhite phase brooks!、GOくん、ありがとう。大事に育てます。PS:チョーオバカ論文発見!そのうち届けます。
K
2011/11/21 12:46
>堀Tさん
そう、まさに黄色をやわらかくしたような感じで、成体になるとミルキーなスペックルが全身を覆うんですよ。

コレはホントにオススメ…と言いたいんですけど、入手がなかなか。一応、ブリーダー氏とはコンタクトを取ってるので、来年また買えればイイんですが…。
G!!
2011/11/21 15:05
>ランプロサイコーさん
フロリダグループは成長に伴い変化する様が面白いんですけどね。でも、確かにこの辺の個体選びは簡単ではないと思います。

すいません、Barron'sのシリーズは内容が「……。」って感じのせいか、買ってまで読んでないんですよ。今度機会があれば、その個体もチェックしてみます。
G!!
2011/11/21 15:19
>Kさん
いやいや、新入荷リストに名前しか出してなかったにも関わらず、即反応してくれるとは思ってもいませんでした(笑)。わかってくれる人がいて嬉しかったですよ!

あ、ボクもお渡ししたい論文がいくつか溜まってるので、いずれお送りします。
G!!
2011/11/21 15:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
サウスフロリダキングスネーク “ホワイト” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる