はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS フロリダイーストコーストダイアモンドバックテラピン

<<   作成日時 : 2012/02/08 22:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Florida East Coast Diamond Back Terrapin U.S.A. C.B. ♀

え〜と……今日はまずこの話題に触れない訳にはいかないでしょうね。

もうご存知の方も多いかと思いますが、昨日7日に千石正一先生がお亡くなりになりました。ボクにとってはこの世界にのめり込むキッカケとなった方ですし、直接的/間接的に様々な面で影響を受けていたので、あまりにも大きな存在が目の前から急に姿を消したという事実にただただ呆然とするばかりです。

千石先生の姿や文章を見ることができなくなるのは本当に残念ですが、ご冥福をお祈りいたします。

画像
Florida East Coast Diamond Back Terrapin U.S.A. C.B. ♀

というコトで、自分が弱っている所にこのような訃報が飛び込んで来たので、テンション下がりまくりですが、お約束のフロリダイーストコーストダイアモンドバックテラピン(Malaclemys terrapin tequesta)の画像をアップいたします。まぁ、全体像を見てもらっただけで十二分ってくらい典型的な個体ですが、一応簡単な説明を加えますと

まずはこの白い顔とそこに入る筋状のマーキング。

ノーザンなんかで似たような個体も見かけますが、テラピンを多く見ている方なんかにはマーキングの入り方や手足と顔の色彩の違いで、この辺は区別してもらえるかと思います。

画像
Florida East Coast Diamond Back Terrapin U.S.A. C.B. ♀

そして、お約束の口髭模様

SUZUKI (2009)でも書いたように、本亜種にも少ないながら色彩的多系が見られるため、コレが入るからイーストコースト、入らないから違うって訳じゃあありません。ただ、フロリダイーストコーストと言われてパッと思い浮かぶのはこういう黒い背甲に白い顔で、濃い口髭模様って個体ではないでしょうか。

画像
Florida East Coast Diamond Back Terrapin U.S.A. C.B. ♀

椎甲板のキールも非常に明瞭です。横から見ると、連続した畝状ではなく、後部を摘んで引っ張り上げたような波状になっているのがわかってもらえるかと。

画像
Florida East Coast Diamond Back Terrapin U.S.A. C.B. ♀

甲板の年輪の溝も深くてクッキリしています。

画像
Florida East Coast Diamond Back Terrapin U.S.A. C.B. ♀

惜しむらくはうなじに噛まれ傷の跡があることですが、まぁ、こんなのは成長に伴って目立たなくなっていくでしょう!

正直、フロリダ州に分布する他の2亜種…というか2大スター(笑)に較べれば地味な亜種ですが、こうやって見るとモノトーンで実に魅力的なテラピンだと思います。ってか、フロリダの状況が状況なだけに(っても、実感として伝わりづらいと思いますが)、この大きさで性別確定、しかもメスって個体がよく出てきたなというのが率直な感想です。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フロリダイーストコーストダイアモンドバックテラピン はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる