はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Ptenopus garrulus garrulus

<<   作成日時 : 2012/06/27 22:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
Common Barking Gecko W.C. ♂

つ・い・に・

買っちゃいました、バーキングゲッコー(Genus Ptenopus)です!!!!!

多少なりともアフリカのゲッコーに興味がある人間にとっては、まさに垂涎のグループでしょう…





…欧米ではね。

画像
Common Barking Gecko W.C. ♂

いや、チョッと前に知り合いのお店とかに入ってたのは知ってたし、実際に実物を見に行ったりもしてたんですよ、何回も(笑)。

で、欲しいなぁ欲しいなぁと思いつつ、一連のフトユビヤモリ(Pachydactylus)なんかに対する反響の無さっぷりから(涙)、衝動的に買い付けるのは我慢していたんですけど、やっぱし我慢しきれませんでした(笑)。あんまし生き物のコトで値段の話をするのは好きじゃない、というか嫌いなんですけど、それでも、この連中がこんな値段なんて、ワイルドとは言え、欧米のホビイストに話したら大騒ぎですよ!

しかも、ペア揃うって言われたら…行くしかないでしょ!

分布域が分布域だけに次がいつになるかもわかんないし!!!

というコトで、ペアで入荷いたしました!!!!!

画像
Common Barking Gecko W.C. ♀

で、チョッと鬱陶しい話をしますと、コイツラ日本のマーケットではPte. kochi として流通していますが、実は種類が違ったりします。恐らく赤っぽい体色から現地でPte. kochi と同定され、インヴォイス上もその名前で来たため、流通段階では誰も疑わなかったんでしょうね。

実はボクも初見ではPte. kochi だと思いましたから。

ただ、その時にチョッと引っ掛かったというか、ボクが知るPte. kochi とは何とな〜く違うなぁとも思ったんですよね。具体的にドコがどう違うとは説明出来ないんですけど、印象で言うと、体色が綺麗すぎるというか、妙にパターンがパキッとしすぎてるというか。

そこで、記載論文も含めて色々と調べた結果、実はコイツラこそがPtenopus garrulus garrulus であるってコトがわかったんです。

いやぁ、鬱陶しいでしょ。

我ながら疑り深いというか、イヤミな性格してます(笑)。

画像
Common Barking Gecko W.C. ♀

でも、やっぱし可愛いゲッコーですよねぇ。流石はColopus と並ぶアフリカの宇宙人。このチョッとキモい顔も宇宙人っぽさを引き立てるチャームポイントです。更に、誤同定に気付くポイントとなった体色や模様も、この手合いの連中ん中じゃ一番綺麗なんじゃないかなぁ。

赤い地色に白い点々

オージーゲッコーが好きな方々なんかには、この辺ツボじゃないですか?

で、飼い方なんですが、基本的なセットアップはノブテール(Nephrurus spp.)に準じた感じで、やや広めのケージとスポットライトによるホットスポットをプラスすればOKっぽいです。まだ全長(Total Length:TL)で60mm±の亜成体なので、大きさ的に餌のサイズにチョコっと気を使うかもしれませんが、今時は餌の大きさも種類も様々なモノが入手可能ですし、そもそもこの大きさのゲッコーでヒイヒイ言ってたら、大半の種類のブリーディングなんて出来ないでしょ。

まぁ、成体はTLで100mm超えるし、馴れた個体では巣穴からすっ飛んで来て、デカめのワックスワーム(Galleria mellonella)を襲うくらいになるようですから、最終的にはかなりラクに飼えると思います。

因みに、コイツラはレッドローチのMSサイズ(10mm±)を追っかけ回して食べています。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Pachyの次は、バーキングゲッコーですか。カラハリ・ナミブものは、心惹かれますね。かつての情熱(Coleonyxだったけど)がチョット蘇ります。Goくん写真上手だから。
PS:一昨日、herrerai今年の1頭目孵化、なんと152日目でした。はじめて孵化の様子が判りました。他のKinosternonとおなじ卵の先端付近が破れてました。卵嘴は未確認だけど、それから2時間後には、脱出済(早!)。採れりぁいいんですが、まだまだナゾが多いですね。
K
2012/07/01 12:10
>Kさん
ハイ、ヘビやカメは北/南アメリカでしたが、ヤモリはアフリカにドップリな感じです。そうは言っても、アジアの連中や、それこそColeonyxなんかもまたやりたいなぁ〜なんて思っています。

お、ハーレラ、ジャストハッチ確認できたんですね。とりあえず孵化様式はドロガメ一般と同じみたいですが……孵卵日数は相変わらずって感じでしょうか。同じメキシコでもハナナガなんかはコンスタントに90日前後なんですけど、何が違うんでしょうねぇ。
G!!
2012/07/01 16:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ptenopus garrulus garrulus はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる