はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤いの続くね

<<   作成日時 : 2013/03/12 22:56   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
Blood Python “Red Coat?” U.S.A. C.B. ♂

昨日の臨時休業、失礼いたしました。お陰さまで溜まっていた用事が片付き、気分転換するコトも出来ました。

で、今日の画像はウチには珍しく、というか最近ボクと知り合った方々すれば「お前、その辺もやるの?」みたいな印象があるかもしれませんね。ブラッドパイソン(Python brongersmai)でございます。

因みに、ボクはこの辺の分類はKEOGH et al.(2001)に倣っており(って、いまや世界的にそうかw)、従来Python curtus とされていた3亜種をそれぞれ種とするコトに異存はございません。また、その分類に合わせて(ってのも変ですが…)英名もPython curtus は「スマトラショートテールパイソン」、Python breitensteini は「ボルネオショートテールパイソン」、Python kyaiktiyo は「バーミーズショートテールパイソン」、そしてPython brongersmai のみを「ブラッドパイソン」と呼ぶようにしています。

まぁ、統一性を重視するならPython brongersmai も「マラヤンショートテールパイソン」と呼んだ方がイイんでしょうが、英名も所詮は通称名なんでモノが分かりゃOKだし、そもそもブラッドパイソンって響きがね、体色とも絶妙にマッチングしててカッコイイじゃないですか!なので、このブログなんかではブラッドパイソン=Python brongersmai と考えて下さい。

え!? 和名?

いや、日本に分布するの生き物じゃ無いんで、適当に呼べばイイんじゃないですか(日本産の生き物であれば、分布する国の名前である和名は非常に重要だと思いますが)?だいたい基亜種が赤くも無いのにヒイロニシキだアカニシキだって時点で問題アリの名前なんですから。それに、どうせ海外じゃ役に立たないですし。

画像
Blood Python “Red Coat?” U.S.A. C.B. ♂

って、いきなり大脱線ですいません…。

とにかく、今日のお題であるそのブラッドなんですが

もう画像を見てもらえれば、何も言うコトございません。

赤い!

この一言に尽きるかなと。

最近人気のセレクティブブリード系バンカアイランドのスッキリとしたオレンジや朱色とはまた違う、これぞ血の赤、ブラッドレッド!!! まさにthe Bloodest of Blood Pythonsです。

ただ、チョッと脱皮前(笑)

あ、名前の横の“”ん中のRed Coat(レッドコート;レッドファクターとも)ってのは近年コーンスネーク(Pantherophis guttatus)で一般的になった言葉で、ラヴァやブラッドレッドなんかに見られる、“赤い色素が広がるように表面を覆う”変異のコトです。個人的な見解ですが、ブラッドでもチェリーボムやRED-X、そしてこの個体なんかで見られる「頭部や模様にまで赤色が侵食して、基調色の赤色も濃くなる」現象はコーンのレッドコートに類するモノなんじゃないかと思っています。

そういや、一応T+アルビノのヘテロだそうなので、赤いT+を作りたい方なんかには壮絶にオススメかもしれませんね。このエグイ赤色にハイポ/T+系独特の発色を加えたら…赤色のエグさは黒色に影響されるので、その黒が減って蛍光感がプラスされる訳でしょ。

…そりゃ、スゴそうだ。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
CoP16、なにか情報ありますか?。
http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-21717503
これだけ見ると、チョット激しいことに。
お題に無関係でゴメン(赤いヘビは、好きです)。
K
2013/03/13 08:22
第一歩って感じです。
やっぱり赤がいないとダメですね。

それにしても突然過ぎです(笑)
H
2013/03/13 13:56
>Kさん
あ、全然OKです!どちらにしろCop.16に関しては触れなきゃダメなネタでしたから。

我々に一番関係あるトコで言うと、ビルホシとオオアタマがApp.T、中国に分布するイシガメ科のほとんどとマッコードナガクビがApp.Uのまま、野生個体の輸出割当0になりました。モエギなど飼育下繁殖が軌道に乗ってないモノの新規輸入に関しては実質App.Tみたいなモンですね。

他にも色々あるので、後ほどプレスリリース用ソースのURLをメールします。
G!!
2013/03/13 15:54
>Hさん
ボクも突然すぎて、店に連れてきてからケージの準備だ何だでワタワタしちゃいました(笑)。それくらいの衝動買いだったんです。

でも、この赤さならソレもわかってもらえますよね?ジェネティックのストライプなんてのがいれば、ストライプにしてもキレイだと思います。

昔わざわざアメリカから買ったワイルドのストライプ(吻が細くて頭が黒かったからバンカのヤツだと思うんですが…当時はまだバンカ島の名前が付いて流通し始めたかどうかって頃でしたから)なんかはかなり赤がキレイでしたから!!!
G!!
2013/03/13 16:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤いの続くね はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる