はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS シナロアミルクスネーク “ハイポエリスリスティック”

<<   作成日時 : 2013/03/27 23:22   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
Sinaloan Milk Snake “Hypoerythristic” U.S.A. C.B. ♂

もうね、この辺に関しては人気云々とか分かってます(笑)。コレは数少ない同好の士に向けた発信ですから、極々一部の方々が楽しんでくれればOKです。決して「コレでミルクスネーク(Lampropeltis triangulum)をメジャーに!」なんて世迷言は申しません。

で、チト前にアップルゲートスプロッチドのシナロアミルク(L. t. sinaloae)を紹介した時に触れたハイポエリスリスティック、脱皮が終わって“ソレらしい”色になったので、ご登場願いました。

確か、以前入荷した個体で、この一歩手前くらいの色になった時の画像をアップしてますが、ハイポエリスリスティックはここまで赤色が退色してこそ、その真価を発揮するモルフだとボクは思います。この絶妙な緋色は“シナロアで”、“このモルフ”だから表現できる色なんだろうなぁと。

それに、この青みがかった白バンドもこのモルフならではでしょ。

あ、気になるネルソン(L. t. nelsoni)との関係ですが、コイツはオリジンは元より作出の過程でもネルソン絡みの個体の血が一切入っていない、“ピュアな(って言い方もどうかと思うんですが…)”なシナロアです。だから赤バンドも長い所では黒‐白‐黒バンドの約3倍の長さをきっちりキープしています。日本でオリジンやローカリティも含めてしっかりとシナロアのピュアリティを気に掛けてる方がどれくらいいるかはわかりませんが、そういった方にもコレなら満足していただけるんじゃないでしょうか。

因みに、メスはもう少し赤みが強いです。ただ、ソレは個体どうこうってよりも、このモルフがそういう特徴を持つので仕方がない部分だったりするコト、ご理解いただければなと。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
世迷言ですか。私も「トリカラーはサイエリが最高」って偏見もってますが、それでもいつぞやのペールミルクには、「心乱れ」まくりでしたよ(どなたか存じ上げませんが連れ帰って頂いて感謝)。

PS:群馬県の某餌業者のサイト、明日から2-3割の値上げだそう。電気代も上がったし。我らには、一段と厳しい社会情勢ですね。ってことで、これからがLamproの時代かも。
K
2013/03/29 21:59
>Kさん
もうね、いきなりトリカラーとは言いません(笑)。まずはコモンキングの連中に頑張っていただいて、それからコイツらに頑張ってもらおうかなと。

…と言いつつ、今年デュランゴとチワワを仕込むつもりですが。

電気代は切実です。今シーズンの冬は電気料金の請求書開けるのがホントに怖かったですよ(涙)。
G!!
2013/03/29 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
シナロアミルクスネーク “ハイポエリスリスティック” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる