はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS リクエストにお応えして

<<   作成日時 : 2013/05/08 22:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
Fat Tailed Gecko “Connected Back Pattern” W.C. ♀ <HOLD>

まずはファットテールドゲッコー(Hemitheconyx caudicinctus)の“スティンガーもどき”

実はこの前アップした画像と反対、つまり右向きで撮った方がバンドが繋がって、それに囲まれた明色部が退縮してるのが分かりやすかったりしたんですが、長年のクセってヤツですかね、全身の撮影/スケッチは考えなくても左向きが基本になってしまうっていう…。

コレ、小さい頃から図鑑に慣れ親しんできた方や農学・水産学系出身の方だったら、ご理解いただけますよね?

というコトで、反対側も見せて欲しいというリクエストもいただいたため、今日はあえて右向きで撮影してみました。

やっぱしチョッと違和感が無きにしも非ずかなって。

因みに、このブログでカメを取り上げる時に右向きが多いのはシャッターが右にあって、左手でカメを保定してAFで撮影するからです。コレはもうね、仕方ないって思ってるし、ピンはカメラに任せっきりだから撮影してても違和感が無くなりました(笑)。

画像
Eastern Mud Turtle W.C. ♂

で、そうやって撮影したのがペンシルバニアドロガメ(Kinosternon subrubrum subrubrum)のオス

ドロガメが好きなお客さんが遊びに来るたびに自ま…いや、紹介してたら、「これ、チャンと咽喉の下まで模様入ってますよってのを紹介した方がイイですよ!」って言われまして、ちょうどヒゲがどうなってるのか見せて欲しいというニッチなリクエスト(!)もいただいたんで、パシャっと1枚撮ってみました。

なんかアングルのせいか、ドヤ顔ってか“イイ表情”してますよね(笑)。

ホントは昨日紹介したレイザーバック(Sternotherus carinatus)の画像もリクエストいただいてたんですが…カメラの充電池が切れたので、本日はココまで!


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>左向きが基本
そうなんですよね。でも、なぜなんでしょう?。太陽に関係あるのかな。なら、aussieは、右のハズ。
>ヒゲがどうなってるのか
この個体、ヒゲもだけど、首回りのトゲトゲ、アンタなにものなの?ですよね。
PS:チョーいけてるレポート見つけちゃったので、また近々、お邪魔しにいきます。
K
2013/05/09 09:01
>Kさん
・左向き
小さい頃から図鑑とかがみんなそうだったし、大学でも「左向き前提」みたいな感じだったので、理由がよくわからないんですよねぇ。理由を考えるまでもなく、それが当たり前みたいな。

ただ、単純に右利きの場合、左向きの方がスケッチしやすいので、自然にそれが当たり前になっただけって可能性も無きにしも非ずかなと。

・ペン
そうですね、ヒゲナガもビックリのトゲトゲ、モジャモジャっぷりですよね。イースタンマッドっていうと、3亜種どれもがツルッとコロンとした印象の強い種ですが、チャンとした水で飼い込むと思いのほかトゲトゲするじゃないですか。でも、コイツはそうした連中と較べても異質だなぁって。
G!!
2013/05/10 17:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
リクエストにお応えして はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる