はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カリフォルニアキングスネーク “ニティダアルビノ”

<<   作成日時 : 2014/05/13 22:44   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
California King Snake “Nitida Influenced Albino” U.S.A. C.B. ♂

それではお約束通り、個人的スペシャル(笑)アルビノカリフォルニアキングスネーク(Lampropeltis getula californiae var.)の詳細をば。

あ、タイトルも含め、“”ん中はボクが勝手に付けました。

特にタイトルは“アルビノニティダ”だとピュアなストライプケープバハ(L. g.nitida”)のアルビノみたいなんで、あえて“ニティダアルビノ”に。コレなら「ニティダの影響が強いアルビノ」って感じが出てるかなって。こういうロカ絡みはその辺デリケートじゃないですか。なので、チョッと拘ってみました(笑)。

…って、興味無い方にはどうでもイイ話ですよね。

普通に見たら、単なるアルビノのストライプカリキンだし。

でも、その辺はちゃんと自覚してますから、気にせず話を進めますよ。

画像
California King Snake “Nitida Influenced Albino” U.S.A. C.B. ♂

で、そのニティダアルビノ

まず皆さんが思うのは、「何でコレがニティダクロスって分かるんだよ?」ってコトですよね!?

ソレはもうね単純明快、「模様がニティダだから」、ただそれだけ。でも、ソリッドに抜けて単色になった頭部、体側下部の模様の形状と入り方、腹板と体鱗との境界に走る細いライン、この辺に造詣が深い方なら見ればスグに分かってもらえると思いますよ。

他に、黒い色面(アルビノの場合は白色ですけど)が増えて、模様が退縮する地域個体群っていうと、デイビスを含むデルタやアイゼンナイ(L. g.eiseni ”)などのセントラルバレーの連中、ロサンジェルス郡周辺に見られるハイパーメラニスティック/リデュースドパターンの連中、それにブリザードのベースにもなったメラニスティックやチョコレート(一説にはブリザードはニティダ由来なんて話も)なんかがいますが、ソイツラは模様がストライプになっても、あくまでも基調はバンドパターンのアベラントだし、模様の入り始める位置も特徴的なんで、チト違うんです。

なので、この独特な模様がニティダ由来なのは確実でしょ。

画像
California King Snake “Nitida Influenced Albino” U.S.A. C.B. ♂

そして、コイツの完成度の高さを表しているのが…このプレインベリー!

コレ、アルビノじゃなかったら綺麗に黒一色ですよね。サンディエゴストライプの中にもお腹が黒ベースになる個体が少なからずいますが、やっぱり黄色が染み出すように発色しますし(ウチのカールスバドの♂やストライプB.E.B.の♀がそうですね)、先にも書いた腹板と体鱗の境界を走るラインの細さや入り方も含め、この腹部はいわゆるブラックベリーと呼ばれる色彩型のソレ以外の何物でもありません。

ブラックベリーってえと、先述のセントラルバレーの連中が有名ですが、ロサンジェルス周辺の連中やニティダもブラックベリーにカテゴライズされるんですね。パターンが入らないソリッドな黒いプレインベリーなんで。それがコイツはアルビノで反転して真っ白に。

いやぁ、お腹までキッチリ手を抜かないとは、完成度高過ぎだと思いませんか?

画像
California King Snake “Nitida Influenced Albino” U.S.A. C.B. ♂

あと、コレは個人的に気に入ったってだけなんですけど、コイツ、吻端板から額板まで吻端部の鱗がやたらとパール調のホワイトなんですよ。

それこそ「だから何?」ってポイントなんですが(笑)、なんか光の反射の仕方なんかも違ってて、テカテカして綺麗だなぁって。なんかこういう「飼い主だけが知っている」的な微妙な違いがツボだったりするもんで、思わず画像まで撮影しちゃいました。

…っても、コレだとよく分かんないか。

とにかく、今回のアルビノカリキンに関してはそんな感じです。

まぁ、全体的に“だから何”感が漂いまくってますが、ブリザードみたいな万人受けはハナっから諦めてますから、ソレでも別にイイです。

ただ、ツボってくれる方がいれば嬉しいなぁと。

う〜ん、こうなったらニティダのメスでも探そっかなぁ(笑)。

※5/14 チョイ修正いれました


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか感心を通り越して笑ってしまった姿が目に浮かぶ(笑
コレ意図して創られたにしても偶然的要素というか、運というか、ここまでのもんがでできたって事がスゴいし、よく巡り会ってしまいますね
私はそこに感心してしまいます

ニティダの♀見つけて次のstageにいってもらいたいもんです

カリキンの繁殖はホントに面白くキリがない、やってみなきゃわからない余地とか
有りすぎるし、、今回も鈴木さんのカリキン節サイコーでしたよ。
キング好き
2014/05/15 01:46
>キング好きさん
いやぁ、ここまで完璧にニティダしてると、下手なパープルパッションやブリザード、キャスパーなんかよりよっぽどインパクトありますね。コーンで言う所の「完成度の高い紅白キャンディケイン」みたいなモンですから。

ニティダと掛けたF1がどうなるかも興味深いです。
G!!
2014/05/16 16:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
カリフォルニアキングスネーク “ニティダアルビノ” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる