はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS コーンスネーク “シンダー”

<<   作成日時 : 2014/08/16 20:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Corn Snake “Cinder (Picked Dusty Specimen)” U.S.A. C.B. ♂

ホント、サイッコーにきたねぇなぁ、コイツは。



…って、コレは褒め言葉なので、誤解なきよう(笑)。

いや、チョッと前に紹介した個体なんかはスペシャルだったんですけど、それでもシンダーっちゃあ、シルバー系のカラーをベースに、ワインレッドが染み出すように発色する、キモカッコイ…もとい、“渋カッコイイ系”モルフじゃないですか。でも、どうすか、コイツの汚れっぷり!

超汚いでしょ!!!

あ、繰り返しますけど、褒めてますからね。

画像
Corn Snake “Cinder (Picked Dusty Specimen)” U.S.A. C.B. ♂

背面はこんな感じ。

本来はクリアなブロッチとブロッチの間にも、錆びがこびりついたかのような赤茶色の発色が!

汚いですねぇ(笑)。

画像ではチト分かりづらいかもですが、サイドの模様周辺にも「表面のコーティングが剥がれて、錆びた下地が出ちゃいました」みたいな発色が見られるのが素晴らしい!!!

なんか、シンダーも数出てくるようになって目にする機会も増えてきましたけど、ここまで徹底して汚い個体って、なかなか見れないレベルだと思いますよ。なまじベースカラーが金属っぽいグレーなだけに、“サビサビ感”がハンパ無いっすモン。コレで更にシンダー独特の“ジレジレ”が成長に伴って出てくる訳でしょ。

いやぁ、どこまでキモ汚くなんのか、楽しみだなぁ。

あ、しつこいようですけど、褒めてますからね。

画像
Corn Snake “Cinder (Picked Dusty Specimen)” U.S.A. C.B. ♂

因みに、コイツはブラウン系のシンダーです。

シンダー好きの方なら分かるかもですが、シンダーって2タイプいるじゃないですか、グレー系とブラウン系と。

で、“カッコ良さ”や“上品さ”で言うと、シンダーの名に違わぬグレー系の個体に軍配が上がり、ボクもグレー系シンダーが超大好物だったりするんですけど、“キモさ”と言いますか、シンダーの持つ“色彩の不思議さ”だと、実はこのブラウン系の方が一歩勝るのかな〜なんて最近思ったりも。だって、ブラウン系の方があの変ちくりんな色調の赤紫茶色(笑)が顕著に発色する訳でしょ。それに、ペパーミントなんかを作る際にも、ブラウン系の方がシンダーの不思議さを出しつつ、赤色の濃さもキープ出来そうじゃないですか。

なので、そう考えると、ブラウン系シンダーも思ってる以上に面白いのかなと。

しかも、コイツはそれに加えて、この汚さでしょ…コレ、成長に伴ってどう変化していくのか、育てるのも楽しそうだなぁ。

画像
Corn Snake “Cinder (Picked Silver Specimen)” U.S.A. C.B. ♀ <過去販売個体>

ま、でも、カッコ良さはやっぱしシルバー系のシンダーかな!

…って、コレじゃ、これまでの説明が台無しだわ(笑)。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーンスネーク “シンダー” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる