はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラックスロートモニター “イオニデスタイプ”

<<   作成日時 : 2014/12/15 21:57   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像
Black Throat Monitor “Ionides Type (Dar es Salaam Phase)” F.H. Baby

では、前回の続き

そう、ちゃんとイオニデス(Varanus albigularis “ionidesi ”)タイプの個体も押さえてあるんです!

それも飛びっきりのヤツ!!!

どうです?イオニデスタイプの特徴である背面正中線上のスポッが大きい…だけでなく、ほぼバンド状っていう。しかも、腹面から体側に巻き上がるバーや尻尾のバンドも太いでしょ!? 大袈裟でも何でもなく、これで咽喉が黒くなかったら「黄色いケープバンデッドモニター(V. a. albigularis あ、“ケープバンデッド”と“ケープロック”に関して、ゴッチャになってる方もいるようですが、この辺に関しては今回は省略します)」って感じじゃないすか、マジで。

惜しむらくは、顔の色が先の“ハイコン”のブルーグレーに較べると茶色っぽくて、鼻先の黄色もそこまで目立たないかなぁって感じなんですけど、そこは咽喉部側面の黄色がハッキリしていて、色面も広いっていうのでしっかりカバーしてるんじゃないかなと。コイツは耳のエッジ部分からしっかり黄色いですからね。

画像
Black Throat Monitor “Ionides Type (Dar es Salaam Phase)” F.H. Baby

背面の模様を上から

ダークグレーの部分は成長に伴って結構明るくなっていくと思うんですよねぇ。

この辺の変化はサルバトールモニター種群(V. salvator Complex; ってか、そろそろV. s. macromaculatusを基亜種ってするのヤメません?)を飼ったコトがある方には分かってもらえるんじゃないでしょうか。アイツらも幼体から成体にかけて暗色部が抜けていくし。

という訳で、コイツら2頭がボクの琴線に触れまくったため、後先考えずに両方とも連れて来ちゃいました。

これは共にどう成長していくか、かなり楽しんでもらえると思います。

因みに、拙著「ビジュアルガイド オオトカゲ&ドクトカゲ」でも書いたように、イオニデスタイプのパターンを「ダルエスサラーム(Dar es Salaam)フェイズ」と呼んだりもするんですが、このダルエスサラームっていう呪文みたな名前、これはタンザニア東北部沿岸にある都市(および州)の名称です。イオニデスとされたタイプがタンザニア東部を中心に見られるコトから、旧首都でもあったダルエスサラームの名前が付けられました。

ただし!

Varanus albigularis “ionidesi ”(記載された時はVaranus exanthematics ionidesi)の模式産地はダルエスサラームから南に下ったKilwa(現Kilwa Kisiwani)で、パラタイプのいくつかはKilwaから南西、やや内陸側に入ったLiwareやMasasiで捕獲されてたりします。なので、ダルエスサラームがこのタイプの模式産地だったという訳ではありません。

まぁ、この辺は余談ってコトで。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
イワとミズに関しては一度徹底的にクリーパーでやって欲しいなぁなんて。まぁ大変なのはGoさんなんですが(笑)

前からノドジロ欲しい、本物欲しいって言ってたら、今年ついにホワイトスロート来ちゃいましたね。何年ぶりってレベルじゃないくらい久々でしたね。
それにしてもやっと本物が来たんですね。本物が、、、あ、これはあまり触れない方が良いのでしょうか?(笑)



原田
2014/12/16 21:00
>原田さん
サルバトールの分類に関しては、いつぞやのクリーパーでカタンドゥアネス産だかのヤツを紹介した時に少しまとめたんですが、あまり注目されなかったようなので、基亜種云々をチョビっとだけ愚痴ってみました(笑)。

ノドジロ、本物が来ましたねぇ。超久々に実物を見ました。まぁ、分かる人が見れば分かりますよね、ノドジロは。咽喉の色どうこうだけじゃないですから。こうなるとケープバンデッドですが……それが難しいんですよね。似たようなタイプがナミビア南部にもいるみたいなんですけど、どちらにしろ難しい地域に変わりはないという。
G!!
2014/12/16 21:48
ミズはやってもやってもキリがない印象はありますよね。これからも変な島モノ出てくるでしょうしね。

喉が黒くないとノドジロって決めつけちゃう不思議な方々が結構いるみたいですよ(笑)ノドジロはGoさんのとこで買うつもりなので、次日本に来ることがあったらよろしくお願いします。とりあえずあっちを頑張って育ててみます。
原田
2014/12/17 19:35
まぁ、「咽喉黒くねぇし」ってコトなんでしょうけど、咽喉の色云々はあくまでも特徴の1つですからね。でも、両者は分布域や入ってくる国も全然違うんですが…。

あ、そう言えば、ロックじゃないんですが、小学館のNEOじゃない両棲類爬虫類図鑑ってお持ちですか?アレに凄まじいオルナータナイルが載ってるんですよ。あのレベルの個体が来たら、今度はナイル買っちゃうかもしれません(笑)。
G!!
2014/12/17 21:13
チエックしておきます!
ナイルですか。
ロック以上にGoさんの店の系統から
さらに遠くなる感じが(笑)
原田
2014/12/17 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラックスロートモニター “イオニデスタイプ” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる