はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アオダイショウ “バニッシングストライプアルビノ”

<<   作成日時 : 2014/12/22 20:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Japanese Rat Snake “Vanishing Stripe Albino” Japan C.B. ♂

い…色がぁ(涙)。

いや、実物はもっと首から上半身にかけて発色する黄色が緑色を帯びていて、何とも言えないクリーミーな印象なんですけど、どうやってもこの緑色の色調を表現出来ないんですよねぇ。見るとハッキリと分かるんですよ、「あ、確かに緑色が出てる」って。でも、それを写し撮るのが難しい。

こうなると複数灯撮影のシステムを組みたくなるんだけど…ク○ーパー社で買ってくんないかなぁ(笑)。

そしたら、ボクの書く原稿に合わせて、ちゃんと自前で撮影もこなすんだけど。

とまぁ、そんなコトを言いたくなるくらい、コイツの色をそのまま再現できないのが口惜しいんです。

そう、以前メスを紹介して大反響だったアオダイショウ(Elaphe climacophora)のバニッシングストライプアルビノ、今回はブリーダー氏にお願いしてオスを譲っていただきました。

画像
Japanese Rat Snake “Vanising Stripe Albino” Japan C.B. ♂

前回紹介したメスも相当に見事でしたが、コイツは“オスだからこそ”の色みの豊かさがまた更に素晴らしいなと。

届いて、箱から出した時に思わず叫んじゃいましたもんね。

というコトで、“バニッシングストライプアルビノスクリーマー”という胡散臭さ120%の名前でも付けてやろうかと思ったんですが、流石にそれはふざけ過ぎだろってコトで止めました(笑)。

でも、先にも書いた上半身の緑色を帯びた黄色の発色もそうですが、首筋や体側に浮かび上がるネオンオレンジの細いピンストライプや、下半身の鱗と鱗の間に染み出すパステルオレンジ、それとは対照的な艶やかな象牙色の頭、そしてビーズのような透明感の強い赤い目、ホントにスゴイです。

こういうのを地道ながらもキッチリと作り込んでいる「職人」には、ホント、頭が下がります。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アオダイショウ “バニッシングストライプアルビノ” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる