はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ソメワケササクレヤモリ “未検証形質”

<<   作成日時 : 2015/03/16 22:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
Paroedura picta var. “Unproven Morph” W.C. ♀

もともと“引き”が強いなぁ〜ってのは何となく自分でも気付いてたんですが…最近はチョッと怖いくらいです。

ってコトで、前回のフルグリーンのフィンブリ(Uroplatus fimbriatus)に続き、今度はソメワケササクレヤモリ(Paroedura picta)の変テコな個体を紹介したいと思います。

もう、見た瞬間にあまりもの違和感で、「ん!? 何だコレ?」ってなりました。

面白くないですか、この“染め分けられてない”ソメワケ(笑)。

ソメワケってえと、赤みの強い褐色と褐色を帯びた灰色の2色がバンドになったり、モザイク状の不規則斑になったりしますよね(ストライプ云々は抜きに、単純に色のみの話ですよ)?んで、通常これら2色の境目には黒褐色の縁取りがバキッと入ったりするんですが…コイツはその縁取りが全く入らない。勿論、通常の個体の中にも、縁取りが細く、不明瞭になってるヤツはいますよ。いますけど、そういう連中も2色の境目はしっかりしてるというか、コントラストの強弱が多少あっても、ちゃんと“染め分け”られてたりするじゃないですか。

でも、コイツは色の境目も不明瞭なせいか、全体的に薄らボンヤリ。

あ、イイ意味でね(笑)。

画像
Paroedura picta var. “Unproven Morph” W.C. ♀

しかもコイツ、皮膚の表層に色が乗ってない感じもしません?

なんか、“発色の強さ”が足りないと言いますか。

そして、これはくすんで体色が暗い状態だからそう見えるって訳ではなく、リラックスして体色が明るくなっても一緒なんです。ってか、明るくなると透明感も強くなるせいか、更に“発色の強さ”が足らない感じが増しますね。

なんなんだろ、コイツ?

という訳で、この不思議チャン、誰か検証して下さい。

まぁ、近年乱発されるレオ…あ、以下、自主規制。

とにかく、形質としてはかなり明確で、特徴的なので、検証して固定を試みるにはもってこいだと思います。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
写真見たとき『なんだこの汚いStenodactylusは??』
でも、指先見てSteonoじゃない。なんだこれ??と属レベルで見間違えました
それくらい奇妙なPictaですねぇ

えっ、検証!?
うちは染め分けられた例の小型スティンクで、そんなゆとりはないわぁ(笑)

あっ、先日迎えたヘビ達…元気です♪
小さい方は脱皮してちょっとゴージャスに!まぁのんびり育てます
すちんく
2015/03/17 21:41
>すちんくさん
いやぁ、体色が明るくなったらなったで、透明感が強くなって、一体何なんでしょうね、コイツ。

でも、すちんくさんにはスティンクを頑張ってもらいたいですし、ヤモリならヤモリで“アレ”とかがありますから、この辺の地べたの連中によそ見してる場合じゃないですよ(笑)。ヘビもまだまだありますし!
G!!
2015/03/17 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソメワケササクレヤモリ “未検証形質” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる