はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハナガメ “グレー”

<<   作成日時 : 2015/04/08 22:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Golden Thread Turtle “Gray Phase” C.R. ♀

コレも綺麗でイイカメですよねぇ、ハナガメ(Ocadia sinensis :学名はあえてコレで!)。

最近まで大量にベビーが流通して、入手しやすいカメの1つでしたが、徐々に目にする機会と量が減ってる感じがするのは…やっぱしアジアのカメだけに気になりますね。まぁ、ベビーん時は飼育温度や環境設定に少し気を使うし、成体は成体で、メスは「室内飼育だと少し持て余すかなぁ」って大きさになるんで、値段に釣られて安易に飼えるような状況には思う所もありますが、しっかり飼い込むと魅力的な種だけに、やっぱし寂しい感じがします。

今は無き…じゃないや、リニューアルした某亀族館にも、昔素晴らしい個体が泳いでて、ソイツを見る度に「やっぱハナガメってイイなぁ」って思いましたからね。

で、そのハナガメ

今回紹介するのは幼体の時から黄色みが一切なくなったタイプで、ボクは個人的に“グレーフェイズ”と呼んでいます。黄色みが無いハナガメってえと、かなり前にアザンティックと思われる個体を紹介していますが(→コチラ)、多分ソレとは違うのかなぁ…と。このグレーフェイズで呼んでる連中の方が皮膚の色みが総じて豊かですし。

まぁ、簡単に言うと、モノトーン調なのに、ハナガメの綺麗さがよく表れてるって感じかな。

画像
Golden Thread Turtle “Gray Phase” C.R. ♀


画像
Golden Thread Turtle “Gray Phase” C.R. ♀

惜しむらくは、縁甲板にダメージ痕があるのと、尻尾が途中で切れてるトコなんですが、両方ともかなりの古傷で、すっかり塞がってリカバリーしてるんで、見た目さえOKなら然したる問題ではないかと。それよりも、タバコの箱くらいの、飼い始めるには絶妙な大きさと、チビん時から日本の水に馴染んで成長してるっていうメリットの方が大きいと思います。

メスも確定ですし。

先にもチョッと触れたように、この手合いのアジアのカメは気が付くと見なくなっていたなんて事態も多いんで、探していた方はお見逃し無いよう願います。


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハナガメ “グレー” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる