はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ソノラゴファースネーク “アザンティック”

<<   作成日時 : 2015/05/03 19:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Sonoran Gopher Snake “Axanthic (= Ghost)” U.S.A. C.B. ♀

脱皮しました〜。

やっぱし綺麗だなぁ。

ブルスネーク(Pituophis catenifer sayi )やサンディエゴ(P. c. annectens )のアザンティックがシャキッとシックな感じになるのに対し、ソノラ(P. c. affinis )はほんわかパステル調で、色合いも相まって幽玄な印象になりますね。ワイルドタイプ自体が総じて明るいサンドベージュの基調色にライトブラウンの模様って配色だから、そっから黄色を抜くとこうなるのは納得なんですが、それにしても見事!

先の記事で「アザン=ゴースト」というコトにチョッと触れましたが、こりゃ、確かにこの色ならゴーストって呼ばれるのも仕方無しですわ。

しかし…そうなるとチト厄介なのが

なまじアザンが美しいだけに、ハイポメラニスティックの有無がハイポメラニスティック単体の時より更に分かりにくいんですよ。つまり、実際にその個体がハイポをキャリーしてる、いわゆる“トゥルーゴースト”なのか否かが分からないっていう。確かに大きくなると、ハイポとコンボになっている“と思われる”個体は、発色がよりパステル調で明るく、全体的に白みが強い感じがしなくもないんですが…この辺は雌雄による発色の差なんかもあったりするんでねぇ。

アザンティックなのに実はハイポコンボでしたとか、ゴーストなのにハイポコンボじゃありませんでしたとか…メンドくさいでしょ。

コイツにしたって、メスで、この大きさで、このブロッチの“抜け”なんで、“トゥルーゴースト”の可能性も無きにしも非ずなんですが…。

でもまぁ、アザンティックだと思っていたのにハイポもコンボになってたってのであれば、“お得感”を感じるコトはあっても、“騙された感”を感じるコトはないだろうから、ボク的にはソノラのこのモルフに関しては、アザンティックって呼ぶ方がベターかなって思ってます。

チョッと狡いですけどね(笑)。





…って、アレ!?

このハイポ云々がメンドくせぇって、昔からよく知られてるハイビノも一緒じゃね?

ま、イイか!


在庫や価格はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい)/TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソノラゴファースネーク “アザンティック” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる