はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS モルカンパイソン “フェイデッドストライプ”

<<   作成日時 : 2015/10/06 22:08   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像
Moluccan Python “Faded Stripe/Patternless” W.C. ♀

というコトで、煮詰まりまくってる書き物仕事ですが…とりあえず、強引に一段落つけました。いや、続きを書くには読み込まなくてはいけない資料がまだいくつかあるもんで、無理くりに線引きしちゃったってのが正しいのかな?

とにかく、近況はそんな感じです。

そして、そんな中、行ってきましたブラックアウト。

まぁ、イベントの内容云々に関しては…ここでは省略させて下さい。

ただ、個人的には、かなり嬉しい出会いがあったので、わざわざ足を運んだ甲斐はあったなと。分野は違えど、キチンと自分のスタイルを持ったホビイストの方とお話させていただくのは、ホント刺激になりますね。おかげで、イイ気分転換もできましたよ。

本来の目的である“探し物”はありませんでしたけどね。

画像
Moluccan Python “Faded Stripe/Patternless” W.C. ♀

で、モルカンパイソン(Simalia clastolepis

やっぱ、イイですよねぇ、ゴールドスクラブ!

今回は前のような“真性C.B.(真性の意味は推して知るべし!)”ではなく、W.C.のチビっ子なんですが、まだまだ頭デッカチでヒョロッヒョロのサイズにも関わらず、このビッカビカのカドミウムイエローってのにヤラレました。しかも、上半身2/3の模様がパターンレスと呼んでも差し支えないくらいにぼやけたストライプっていう。

このストライプに関しては、HARVEY et al. (2000)なんかにもあるように、ダークアイアザンティックと並び、野生下でも出現するモルフの1つで、ボクも過去に何頭か扱っています。しかし、ここまでストライプや体側の模様が不鮮明になった個体というと、ボクはチョッと初めてかもしれません。この手合いでパターンレスっちゃあ、タニンバル(S. nauta:コイツラにもダークアイアザンティックが知られています)やアメジスト(S. amethistina)の南部個体群、特にサバンナフェイズがパッと思い浮かびますけど、モルカンのソリッドカラーってのも、なかなかに…いや、かなり破壊力抜群じゃないすか。

流石に完全なパターンレスって訳じゃないんで、下半身の暗色不規則斑はガッツリ残っていますが、発色最高潮となる180p+のサイズになったら、コイツどうなっちゃうんでしょうね。背面の茶色いくすみも少ないし、こりゃ相当にヤバいというか、ジックリと仕上げる価値がある1頭だと思います!!!

画像
Moluccan Python “Faded Stripe/Patternless” W.C. ♀

因みに、モルッカ諸島というと、トレーシー(S. tracyae)のいるハルマヘラ島なんかも含まれるせいか、最近は本種の名称を分布域のアンボン島とセラム島(及び、その周辺の小島群)が属するマルク州にちなんで、マルクパイソンと呼ぶことも多くなったみたいですね。

でも、マルク州にはタニンバー諸島やカイ諸島も含まれるから……って、あ!

すいません、この話はココまでにします。

チョッとね、話の進め方間違えると、結構な地雷を踏んじゃうんで。


【参考文献】
BARKER, D. G., T. M. Barker, M. A. Davis, and G. W. Schuett (2015): A Review of the Systematics and Taxonomy of Pythonidae: an ancient serpent lineage. Zoological Journal of the Linnean Society, 2015, 175, 1-19.

HARVEY, M. G., D. G. Barker, L. K. Ammerman, and P. T. Chippindale (2000): Systematics of Pythons of the Morelia amethistina Complex (Serpentes: Boidae) with the Description of Three New Species. Herpetological Monographs (14); 139-185.

REYNOLDS, R. G., M. L. Niemiller, and L. J. Revell (2014): Toward a Tree-of-Life for the Boas and Pythons: Multilocus Species-level Phylogeny with Unprecedented Taxon Sampling. Molecular Phylogenetics and Evolution 71; 201–213.

Serpiente Ninja (2007): 繁殖レポートSpecial 6; 繁殖最前線 モルカンパイソンの繁殖. クリーパー(39); 11, 50-52.


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですね。綺麗な蛇です。
この辺も昔は結構飼育してたんですよ。
性格がアレな個体がやや多目ですが(笑)
原田
2015/10/09 19:42
>原田さん
いやぁ、“アイツラ”のせいか、最近ちょこっとパイソンモードなんですよ(笑)。

コイツは本来ならまだ幼蛇色が残ってるような、大きさで60pないサイズなんですけど、既にこの色で、更に背中に入るライトブラウンの網目状のくすみも少ないのが目を惹きましたね。モルカンは成長に伴って模様が消えやすいんで、一体どこまで化けるのか、非常に楽しみです。昔の話なんですけど、ダークアイじゃない全身シルバー調で水色のアザンティックを飼ってたんですが、それに並ぶワクワク感がありますね、コイツには!

あ、性格はベタベタなんで、ゆくゆくは240p+の全身ゴールドのペットスネークになってくれるかなと。手を掛けていただけるオーナー様の特権ってヤツです。
G!!
2015/10/09 19:56
はじめまして。この個体、私もブラックアウトでかなり気になっていました。まだ全然チビなのに他の個体の倍くらい輝いてたんで(笑)
モルカンはゴールドとシルバー、ブラック、ストライプ型、ダイヤモンド型とパターンが多くて面白いですね。
カーペットやコンドロのように地域変異もあるんでしょうか?
ドロ
2015/10/16 05:00
>ドロさん

初めまして、コメント有難うございます。

モルカンとタニンバルは分布域が狭く、それぞれの島が近接した島嶼地域に限られます。そのため、色彩や模様の違いは地域差というよりも、個体差や遺伝性を伴った形質に由来します。

モルカンに限ってお話しますと、まず基本形はゴールドに不定形のバー模様ですよね。そして、そのゴールドの色調は個体によって、くすんだオリーブ色のようになったり、コイツのようにチビん時からカドミウムイエローになったりと様々だったりします。で、この個体差による色調の違いが遺伝性形質(と考えられている)のダークアイアザンティックの色調にも反映され、それがシルバーであったりブラックであったりの名称の違いに表れる訳です。まぁ、他にも流通する時点での個体の大きさによっても、この辺の色調は変わるので、その辺も関係してくるんですが、とりあえずシルバーやブラックの名称で呼ばれるモノで、目が暗色の個体に関しては、ダークアイアザンティックの個体差と考えてもらってイイかと思います。

因みに、アザンティックに関しては、形質の表れ方にバラツキがあり、虹彩も含め、頭部や頸部なんかはほぼノーマルで、そこから下半身に掛けてダークシルバーにグラデしていく中途半…じゃなくてパーシャルな表現のモノや、体は全身シルバーでも、虹彩の色がやや明るく、黒目のダークアイっぽく見えないモノもいたりしますが、これらの形質を呈す個体も、出現頻度などから考えて、恐らくダークアイアザンティックの範疇、対立形質になるんじゃないかと、個人的には考えています。いかんせん、遺伝的な検証がされた例が無いので、「そりゃ、オメーがそう思うだけだろ!」って言われればそれまでなんですけどね。

あ、文字数制限が…。
G!!
2015/10/16 18:44
という訳で、続き

次に模様に関してですが、ダイヤモンド型と仰られてる、スポットや細かな菱形斑が入るタイプは…どうなんでしょう、アレって基本形のバー模様のバリエーションなんですかね!? カテゴリーは違いますが、ソメワケササクレヤモリでモルカンと同じバリエーション(バー/ストライプ/スポット)が出るんで、あのパターンがコントロール出来るなら面白いなぁと思っているんですが…モルカンの場合、普通にブリーディングするだけでもメンドイ連中なので、この辺の検証は難しいかもしれませんね。ストライプに関しても、BARKER (in HARVEY et al. 2000)の結果から、恐らくこういう遺伝をするんだろうなぁっていう仮説はあるんですが、それも要検証だったりします。

ただ、野生下でアザンティックストライプというコンボも出現しているので、多分間違いはなさそうかなぁと。

この辺の連中で地域バリエーションというと、意外に日本では言われないんですが、アメジストは多いと思います。ロカ明記でコイツラを集めたら、相当に面白い…って、特定の壁があるか。まぁ、この辺の話を書き出すと更に長くなりそうなので、よろしければご来店いただくか、イベントで声を掛けてやって下さい。飼育も含め、イヤってほどお話させていただきます(笑)!
G!!
2015/10/16 18:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
モルカンパイソン “フェイデッドストライプ” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる