はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スマトラショートテールパイソン “チョコレート”

<<   作成日時 : 2016/01/15 23:06   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
Sumatran Short Tailed Python “Chocolate” Indonesia F.H. ♀

スマトラショートテールパイソン(Python curtus )第3弾

もう、名前とかどうでもイイっすわ。

よりにもよって、スマトラでこんなのがいるなんて!

いや、ブラッド(P. brongersmai )やボルネオ(P. breitensteini)だったとしてもスゴイすよ。この色で、このパターンですからね。それが、現状でキャラメル/T+アルビノくらいしかモルフが知られていないスマトラでってんだから(ゼブラはまだ固定されてないですし、オレンジヘッドやサウザンブラックはあくまでもフェイズ/タイプなので)、驚きも倍増、倍々増ってなモンでしょ。オリジナルとしてのポテンシャルバリューたるや、計り知れないですわ。

画像
Sumatran Short Tailed Python “Chocolate” Indonesia F.H. ♀

頭のオレンジは画像の通りですが、頭だけじゃなくて、体側にまでオレンジ色が発色してるの、お分かりいただけますよね?

というか、全体的にオレンジ色の影響が強いのかな。

チョコレートって名前はディーラーが他と差別化するよう、“ソレっぽく”付けただけだと思うんですが、個人的には、この形質を固定出来たなら、品種名はチョコレートではなくサンセットとした方が“らしい”のかなって。オレンジ色の影響を受けた背面明色斑のブラウンと、体側下部のボワ〜ッと発色するオレンジ色の対比はまさに夕焼け空を想起させますし。

もしくは、模様や配色の感じからピンブラ(Pimbura)とか?

アジアンパイソン同士でややこしいけど、最近はモルフ名としてのアナコンダも一部でポピュラーだから、ソレもアリかなって(笑)。

画像
Sumatran Short Tailed Python “Chocolate” Indonesia F.H. ♀

しっかし、見れば見るほどにスゴイ!!!

いや、他のモルフとの絡みなんかも考えれば、コイツがブラッドのミューテーションだった方がシンプルに分かり易かったんでしょうけど、逆に変異個体のバリエーションが少ないスマトラだからこそ、コイツの存在の凄さってのがよく分かりますよ、ホント。これまでW.C.の個体を主体に、ブラッドパイソングループのミューテーションは散々ぱら見てきましたけど、スマトラでここまでのパターン/カラーミューテーションとなると、ボク個人としては扱うのが初めてです(スマトラの変異とされたボルネオやブラッドは結構見てきましたがw)。

因みに、個体群的にはノーザン系になるので、先に紹介したパステルなんかとペアにしても面白いかもしれませんね。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
三つ編様 こんにちわわ

何書いてあるか 用語がさっぱりわからんのが申し訳ないですが 確かに綺麗な蛇ですね。 これは 品種なんですか? それとも ワイルド個体から出た 最初のへんな一匹なんですか?

これは育つにつれてどのように変化していくのでしょうか。うちの赤いひとたちは、大きくなると残念な茶色になり、へたすっと腹の模様まで出てきてしまいますが、ブラッドパイソンのたぐいはどうなんでしょうか。

なんか 痩せてるのが気になりますが やっぱりワイルド???

えらい魅力的なんで こんど見によらせてください。
ジムグリパイソン
2016/01/16 15:37
>カラバリアさん
こんばんわ。
あ、今さら感もありますが、今年もよろしくお願いいたします!

コイツは最初の変な1頭目です。マレーやボルネオで似たようなタイプは見たコトあるんですが、スマトラでは初めてなので、成長してどうなっていくかは、正直わかりません。先の2種の例を鑑みると、成長に伴い茶色い部分や頭はもう少しくすみがとれて、明るくなっていくんじゃないかなと。

とは言え、ジムグリもそうであるように、ブラッドグループも赤色や茶色のヘビなので、経年による暗色化や退色からは、多かれ少なかれ逃れられないと思います。ただ、コイツラの場合、逆にそれが見た目のインパクトに繋がるため、一概にマイナスではなかったりもするんですけどね。

痩せてるのは輸入前の絶食の影響だと思います。ただ、コイツラの場合、アホのように餌を食わされて、丸太のようになってる方が大問題なので、これくらい背中が立って見えてる方がボク的には安心です。まぁ、コイツは餌もよく食べてくれるので、スグに理想の体型に戻ると思います。

この手合いは、餌をバンバン食わせて、常にムチムチ、パツパツにしてれば状態がイイって訳じゃないですからね。
G!!
2016/01/16 22:15
おお なるほど。
健康的な体型ってありますもんね。
蛇のメタボはほんとに危険だと思います。
成長期も食えば体長が長くなるってわけでもなく。
成長期の過肥になっちゃう奴っておとなになってからの突然死が多い気がします。さいしょの産卵の直前で卵ごと突然死って悲しすぎる事態に・・。
最近、怪しいやつにはマウスに強肝剤しこんで食わしてます。

今年もよろしくお願いします。
近いうちにまた。
死亡肝
2016/01/17 18:01
>脂肪管さん
そうですね、やっぱり健康的な体型ってのはありますね。こういうアンブッシュ型の採餌法をとる連中は特に。ウチのお客さんの例だと、太りやすい個体には、与えるマウス/ラットの胃〜大腸を全て除去してから与えるようにしている方もいます。やっぱり観察と工夫は飼育する上で非常に重要な要素だと思います。

あ、一応コイツはまだ店に展示してあるので、お時間ある時にでも見に来て下さい。
G!!
2016/01/17 19:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
スマトラショートテールパイソン “チョコレート” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる