はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS キイロドロガメ “テキサス”

<<   作成日時 : 2016/04/27 22:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
Yellow Mud Turtle “Texas” Japan C.B. Baby

今年も来ました、マメっ子キイロドロガメ(Kinosternon flavescens

このグレーのマメっ子が大きくなると綺麗なオリーブイエローになるんですよ。

大きくなっても甲羅のフォルムはまん丸ツルンって感じだし、顔もヤンチャ顔でカワイイ!

ドロガメの中でも唯一独特な雰囲気を持った魅力的な種だと思います。







…ニオイが無きゃね(笑)。

でも、触らなけりゃ何ともないし、このメロンパンの魅力は“その程度の欠点”を軽く凌駕しますから、「独特で、飼っても面白いドロガメが欲しい」って方にはオススメです。今回の個体はグレーの中にしっかり緑色が発色していて、将来綺麗になるであろうコトが今からでも想像出来ますよ!!!

あ!

因みにですが、最近この“テキサス”ってのが変にブランドっぽく捉われるコトもあるそうなので、言いだしっぺから一言いわせていただきますと、別にテキサスだからどうのこうのってのは全くありません。大体にして、昔は輸入されるほとんど、つまり最もポピュラーで普通だったのがテキサス産でしたし。ただ、ボクがあえて呼び分けたのは、そのワイルドで輸入されたテキサス産の綺麗なオリーブイエローこそ、ボクにとってのキイロドロガメのイメージだったってのと、その価値観を共有してくれた方々がその色とイメージにこだわってブリードしてくれてるのを明確にしたかったからなんです。

ってか、仮に地域的な特徴みたいなのがあったとして、それを売りにするなら、ロカインフォとして「テキサス」ってザックリ過ぎるでしょ(笑)。

せめて河川名とか流域の地域名くらいまでは絞れよっていう。

なので、“ウチのテキサス”に関しては、「昔ながらのオリーブイエローをしたテキサス産にこだわったコロニーから取ってます」くらいに捉えてもらえればと思います。でも、大きくしてもらえば、ブリーダー氏達のこだわりはお分かりいただけるハズです。


それと、も1つお知らせ!

来る5月1日(日)、浅草で行われるアクアリウムバス(→リンク)にS & AD Reptilesさん、Punnet SquareのSaiさんと共に参加いたします。

っても、ボクは出店ではなく、あくまでもお手伝いとして参加なんですけどね。でも、当日はこのブログでも度々取り上げる綺麗なソメワケササクレヤモリ(Paroedura picta )やH.B.M.でお馴染みのアオダイショウ(Elaphe climacophora )各品種、それにSaiさんの代名詞であるニシアフリカトカゲモドキ(Hemitheconyx caudicinctus )がズラッと並ぶハズですので、お時間のある方は是非、遊びに来て下さい。

尚、詳しい出品生体に関しては、Saiさんのブログ、「コンセント。(→リンク)」にてご覧いただけます。

それと、ボクはあくまでもお手伝いというだけなのですが、事前にリクエストいただいた生体のみ、現物確認のため現地に連れて行くことは可能です。なので、もしも当日イベント会場で見てみたい当店在庫生体がございましたら、前日の22:00までにリクエストをお伝え下さい。また、当日もブースに並べることはしませんので、リクエストいただいた方は「Punnet Square / S & AD Reptiles」ブースにて、種類と現物確認希望の旨、お伝えいただくよう、お願いいたします。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ニオイがなきゃねぇ(笑)

アクアリウムバスかぁ

上陸組としては、熱帯魚業界の崩壊を目の当たりすると…なんか淋しくなるからなぁ
イベントで熱帯魚の安売り・叩き売りしてるんですかねぇ?

もしくは水草イベントになってるのかなぁ?
それはそれで物足りないしなぁ

行くか行くまいか…悩むわぁ
I
2016/04/27 23:17
>Iさん
ねぇ、ニオイがねぇ。
でも、手に染みつく訳でもないし、その点ではナミヘビ連中の嫌汁よりはマシかもしれません……って、チョッと苦しいかな(笑)?

叩き売りはハチュ…以下略

最近は抽水性植物やシダ、コケなんかも充実してるんで、面白い植物を探すには観賞魚イベントはイイですよ。なんか、ニューカレドニアの植物なんかも割と流通してるみたいなんで、ラコやクチサケをレイアウトで飼育したい方なんかは堪らないんじゃないでしょうか。

まぁ、対象がパキュだと、環境が全く逆ですけど(笑)。
G!!
2016/04/29 15:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
キイロドロガメ “テキサス” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる