はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS クレステッドゲッコー “レッド & クリームピンストライプ”

<<   作成日時 : 2016/06/03 17:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
Crested Gecko “Red & Cream Pinstripe” U.S.A. C.B. Baby

ホントはカメカメシリーズのラスト1、マレーハコガメ(Cuora amboinensis )のチビッ子達をアップする予定だったんですけど、急遽予定を変更して、クレステッドゲッコー(Correlophis ciliatus )にしちゃいました。

だって、スゴイでしょ!?

まだまだベビーってサイズなのに、チョロっとファイアーアップしてこの色はヤバいですよ!

赤色系はこっからドンドン赤色の色調がハッキリしてきますから、大きくなったらどんな赤色になるか、想像しただけで鼻血噴きますわ。しかも、この綺麗なクリーム色のピンストライプ!!! 惜しむらくは腰でストライプが途切れてるトコですが、これなら“90%ピン”を謳っても問題ないレベルだし、赤いボディとクリーム色のストライプのインパクトたるや、その辺のフルピンを軽く凌駕する…ってのは贔屓目が過ぎますかね(笑)?

画像
Crested Gecko “Red & Cream Pinstripe” U.S.A. C.B. Baby

レッド&クリームはハーレキンなどバイカラー系でハデハデな個体が海外だと知られていますが、こういうソリッドな感じのピンストになってもイイですね。

理想を言えば、カスクの棘状鱗までクリーム色になれば良かったんですけど、そりゃ贅沢過ぎってモンだし、そんなレベルになったら、まず出てこないだろうなぁと。

ってか、出てきても恐ろしくて値段聞けない…。

でも、コイツだって、カスクの所々にはしっかりとクリームの発色が出てるし、後肢の裏までビシッとクリーム色のピンストが走るから、大きくなったら更に凄いコトになると思いますよ。個人的に最近はピン、ハーレキンを始めとして、バイカラーモルフ群はダーク系一辺倒でしたが、ここまでのレベルの個体を見てしまうと、レッド&クリームやクリームシクルのような、ライト系バイカラーモルフ群も、改めてそのヤバさに気付かされますね。

まぁ、ドップリとは言わずとも、昔から足は浸けていたので、今さら“クレス沼”にズブズブ行っても「…こりゃ、しょうがねぇかな」って感じしか無いっすわ。形・色・飼育・繁殖と、ペットリザードとしてもデザイナーハープとしても、究極の種の1つですからね、これはもう仕方無い。イイ個体の放つ魅力には抗えないっすもん。

しかし…リクエストで“とある”クレスを探していたとは言え、その本命が出てくる前に、ここまでの個体が出てくるとはなぁ。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ラコダコ、、、
やっぱいいですねー。
また手を出そうかな、、、
ガーゴは今向こうではどんな感じなんでしょうか?
原田
2016/06/03 21:21
>原田さん
ラコダク、やっぱしイイヤモリですよ。属が細分化されたコトにより、それぞれのオリジナリティが更に前面に押し出されましたし!

ただ…今のボクにはチョッとデカいっす(笑)。

ガーゴもレベルがここ数年で一気に上がり、素晴らしい個体も増えましたが、バリエーションでクレスに置いてかれた感はあるかもしれません。あと、「こういうのがイイ個体!」っていう基準が難しいというか、より直感的な好き・嫌いに左右される部分が大きい感じがしますね。なので、ボク的にイイと思っても、その良さを言語化するのが難しいなぁってのを、売り手としては感じています。

まぁ、単純にガーゴって選ぶのが難しいなって印象でしょうか。
G!!
2016/06/03 23:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
クレステッドゲッコー “レッド & クリームピンストライプ” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる