はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS サバンナモニター “アザンティック”

<<   作成日時 : 2016/06/18 22:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Savannah Monitor “Axanthic” W.C. Baby

※6/19 本文を若干修正しました。

この辺も少しずつ紹介していかないとねってコトで、サバンナモニター(Varanus exanthematics )でございます。

モニター(Varanus spp.)ってえと、ボクは根っからのマングローブオオトカゲ亜属(Subgenus Euprepiosaurus )原理主義者なんですが、サバンナモニターだけは別格と言いますか、ボクにとってコイツラは亜属云々みたいなカテゴライズには当てはまらない、「サバンナモニター」という確立された1つのジャンルであり、究極のモニターの1つって感じだったりするんです。いや、更に言うなら、モニターって枠にすら収まりきらないくらいの存在かな。

これは大袈裟でも何でもなくね。

なので、マウス屋/インポーター時代から、「コレぞ!」って個体は即ゲットしてきたし、この店を始めてからも「ナミヘビ&ミズガメ屋だから、モニターは基本的に扱いません(なので、モニター本を出した時には、ご来店いただいたモニター好きな方々にご迷惑をお掛けしちゃって…その節はスイマセンでした)」とか言いながら、ことあるごとにちょこちょこ連れてきてたのは、このブログを長いこと見てくれてる方々にはお馴染みだと思います。

と、ついつい前置きが長くなっちゃいましたけど、ボクにとってはそれくらい思い入れが強い本種、いやぁ今シーズンは異常ですよ。凄まじい個体達のオファーがまとまってきちゃって、只今店内絶賛サバンナモニター屋状態に陥ってますからね。でも、店ん中をタイプ違いで綺麗なサバンナのチビッ子達がパタパタしてる様ってのは、かな〜り贅沢ですわ。

おかげで、毎日店に来るのが楽しくて仕方がない!

画像
Savannah Monitor “Axanthic” W.C. Baby

で、そんな色とりどりのチビッ子達ん中から、今回はあえてモノトーンな1頭、アザンティック(黄色色素欠乏)を紹介したいと思います!

というか、実はコイツ以外だと、赤土に染まった古い角質がまだ残ってて、撮影するとレッドテグー(Salvator rufescens )もビックリの真っ赤なトカゲになっちゃうのもいたりするんですよ。なので、とりあえず一番まともに写りそうで、ノーマルとの違いが分かりやすいヤツを紹介しようと思ったら…コイツしかいなかったっていう、ね(笑)。

ま、とにかく、そんなこんなでアザンのサバンナ。

本種のアザンってえと、海外のコレクターが飼育してる1頭と、今年だったかな?アメリカのディーラーのリストにチラホラ名前が挙がってたのは知ってるんですけど、これが実物となると、ボクにとってはコイツが初めての“真性アザンティック”だったりします。でも、実物見るまでは、結構疑ってたって訳じゃないんですが、ホラ、元の体色が体色じゃないですか。なので、「アザンっても、地味で色みが無いノーマルってだけで…」とか思ってたんですよ。

ところがドッコイ、違いましたね!かなりのインパクトですよ、コイツ!!!

まずは何より、ベースのブラウンが全然違う。ノーマルが黄色系のブラウンなのに対し、アザンはボソッとした灰色系のブラウンなんですよ。比較した画像を撮影してないんですが、実際に見るとその違いは歴然。

そして、通常はオレンジ色となる虹彩の色も、赤みが完全に抜けた焦げ茶色に。アザン−アネリ系のカラーミューテーションは目に必ず影響が出ますけど、コイツもしっかりとその影響が見て取れる。

画像
Savannah Monitor “Axanthic” W.C. Baby

で、サバンナで黄色の発色が最も顕著に出る体側も、この通り







って、古い角質が残っちゃって、意外に黄色っぽく見えちゃってますかね、コレじゃあ。

でも、ノーマルだとこんな風に一様なサンドベージュじゃなくて、脇腹の縞模様の縁とかに、もっとハッキリと黄色とかオレンジ色が発色してるでしょ。

画像
Savannah Monitor “Axanthic” W.C. Baby

んで、手の先っちょもこの通り、黄色くない。

いかんせん、アザンの成体ってのを見たコトがないんで、コイツがここからどんな風に仕上がっていくかは何とも言えないんですが、先に書いた海外のコレクターが飼育してる個体と同じように育つなら、大きくなるにつれてもっとボソッとしたグレー調になるんじゃないかなぁって思います。ただ、ノーマルでも体色に結構な個体差があるんで、正確にどうなるかは育てていないと分からないっすけどね。でも、スッキリと上品な感じの仕上がりになるのは間違いないかなと。

因みに、育て方なんですが……って、この辺はここで書かなくてもイイか。

まぁ、ウチで買ってくれた方には、しっかりとフォローさせていただきますので、ご安心下さい。一応、モニターで本や記事を書かせてもらってるんで、その辺はそこそこアテにしてもらっても大丈夫だと思います。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サバンナモニター “アザンティック” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる