はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヌエボレオンキングスネーク “グリーンレオニス”

<<   作成日時 : 2016/11/20 19:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Nuevo Leon King Snake “Green Leonis” U.S.A. C.B. ♀

やっぱし緑は出ないかぁ…。

という訳で、お約束のヌエボレオンキングスネーク(Lampropeltis leonis )でございます。

コッチはメス

う〜ん、こうやって見ると、コイツの持つ蛍光感も消えてる感じがする。よりコントラストがバキッと出るように、黒砂バージョンにして悪足掻きをしてみましたけど、こりゃ無駄だったみたいです。画像しか見てなかったら、コレはコレで綺麗なライトレオニスとして見れるんですが、ボクは実物を目の前にしちゃってますからねぇ、その乖離の大きさにどうしてもガッカリしちゃう訳ですよ。

オスの上品な緑色、メスの蛍光感がある緑色、これがどっちも表現出来てないのがホントにもどかしい。

多分、実物を見ていただければ、このモヤッと感は分かっていただけると思います。それくらい実物と画像が違いますから。元々、写真がそんなに得意って訳でもないんですが、こうなると余計にテメーの下手さも痛感させられて、ダブルで凹みますよ。

という訳で、実物を見に来れる方は実物を見に来て下さい。

実物を見に来れない方は…もう、ボクのセンスを信じてもらうしかないですね。一応、アメリカでコイツラ専門のブリーダーを見て回ったりもしてるし、そういう方々から毎年結構なオファーを貰ったりもしてるんで、それなりに数を見てるんじゃないかなって自負は多少ありますし。

ただまぁ、ボクの綺麗=皆さんの綺麗とは限らないんで、そこは何ともなりませんが。

って、せっかくのグリーンレオニスの紹介なのに、こんなネガティブキャンペーンじゃコイツラにもコイツラを譲ってくれたブリーダーにも申し訳無いんで、ちょうどイイ機会だし、ここで少しヌエボレオンキングについておさらいしてみたいと思います!

画像
Nuevo Leon King Snake “Green Leonis” U.S.A. C.B. ♀

ヌエボレオンっちゃあ、バリアブルキングスネーク(Variable Kingsnake)の名前もあるように、模様や体色にいくつものバリエーションがあるコトで知られていますが、これもある程度カテゴライズするコトが出来まして…

まずパターン

今回のペアのように赤色バンドの幅が狭いレオニスフェイズと、赤色バンドの幅が広いミルクスネークフェイズ(略称:MSP)の2タイプに大別されます。当然、幅の狭い広いっていうのは定義がある訳じゃないんで、見方によっては中間のように見える個体も少なくありませんが、今回の個体達のような細いピンストではなく、赤色部の色面がある程度広い鞍型をしてれば、その辺は押し並べてMSPと考えてもらって結構です。

次にカラー

まぁ、代表的なのはピーチと呼ばれるオレンジ色の基調色をした色彩型ですが、他にもホワイトやイエロー、オレンジ、ゴールデン(この名に相応しい個体はこれまで1頭しか見たコトありませんが…)、グレーなどなど、この辺は補足説明的な部分もあるため、枚挙に暇がないかな(笑)。とにかく、この辺にこだわりを持ったブリーダーなら、「ピーチMSP」とか「ホワイトレオニス」とか、単にヌエボレオンキングとするのではなく、こうやって具体的な色も付加した名前で個体を販売するコトが多いです。

で、そうするとここで気になるのが、ボクがこの類を紹介する時によく使う「ライトレオニス」と「ダークレオニス」なんじゃないでしようか?

これはカラーのもっとザックリとしたカテゴライズで、ホワイトやイエロー、あと今回のグリーンもかな、とにかくそういった色調の明るいカラーのモノを総称してライトレオニス、逆に濃いグレーやパッと色名が思い浮かばないブラウン系など、色調の暗いカラーのモノを総称してダークレオニスと呼び分けたりするんです。

ただこれ、不思議とレオニスフェイズに関してのみで、MSPに関しては、このザックリとしたカテゴライズを聞いたコトが無い。

なんでだろ?

やっぱ、レオニスって響きがカッコイイのと、MSPだと長ったらしくて語呂が悪いからかな(笑)。

とは言え、このサブカテゴリーも最近は特にダークレオニスの名前を使う人間が少なくなり、色調の暗いモノは単にレオニスフェイズ・MSPと呼ばれるコトが多くなってきたんで、ライトレオニスもそのうち廃れるかもですね。

でも、こういうカテゴライズを理解してヌエボ連中を見てもらうと、単に「ヌエボレオンキングスネーク」として見るよりも数倍、数十倍、目の前の個体が面白く見えてくるんじゃないかと思います!

そして、なんでアメリカ人がこの辺に熱を上げてコレクションするのかも理解出来るハズ!!!

って、ここまで書いて思い出した。

メラニスティックについて全く触れてないじゃん。でも、メラニスティックは良くも悪くもメラニスティックなので、説明は不要ですよね!? あのツヤッとしたグロッシーなブラックは誰が見ても綺麗なのが分かりますし。

で、そうそう、これを書いておかないとというコトで、最後に1つだけ。

ボクが扱うヌエボレオンなので、ピュアリティは確実です。勿論、ブリードしたらアルビノが出てきちゃったなんてコトも無いので、ご安心下さい。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヌエボレオンキングスネーク “グリーンレオニス” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる