はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カブトニオイガメ “モトルド”

<<   作成日時 : 2016/12/23 21:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
Razor Backed Musk Turtle “Mottled” W.C. ♂

んじゃま、自まn…じゃなくて、紹介したかったヤツ第1弾!

今年は「どうしちゃったの?」ってくらい、個人的にレイザーバック(Sternotherus carinatus )の当たり年で、アザンやらパイドやらピンクスキン(コイツは紹介してませんね…)やら、とんでもない個体が連チャンでバンバカ来ましたが、年末の最後の最後にコレクション級の個体がやってまいりました!!!

スッゴイでしょ!? この背甲のパターン!!!!!

放射系パターン3種ん中でも、最も模様が消えやすいレイザーにおいて、この太くて密な模様はなかなかいませんよ。少なくとも、ボクがこれまで見てきた個体(っても、数千ってくらいですが)の中ではいなかったレベルですね。もうホント、モトルド(Mottled; ブチのある、斑の)の名前に見合う素晴らしさ。こういったパターンに特徴があるのっていうと、スティンク(S. odoratus )やロガー(S. m. minor )とのハイブリッドでは見たコトあるんですけど、コイツは言わずもがなピュアなレイザーですから。

画像
Razor Backed Musk Turtle “Mottled” W.C. ♂

背中側から見ると、こんな感じ。

益々スゴイでしょ!!?

こういうONE & ONLYな個体ってのは、運と縁が無いと、お金どうこうじゃどうにも出来ませんからねぇ、ホント、最初に見た時は完全に個人的なコレクションにしようと思いましたモン。こんな柄のW.C.のオスなんて、店にノンビリ泳がせてるだけでイイ看板になりますし。

ただ、ピンクスキンや先に速報でお伝えしたミスジドロガメ(Kinosternon bauri )のSPLクラスのオスがソッコーでいなくなっちゃいましたからね、このまんまじゃカメは…いや、カメ“も”かな、ショボイ店だと思われちゃいそうなので、秘蔵っ子を登場させてみました。

って、「種としてはたかがレイザーじゃん」って感じですか?

でも、ボクはメチャクチャときめきました。

そういや、だいぶ巷でも話題になってる来年以降の本種の流通に関してですが、C.B.のチビッ子は従来通り流通させられるハズなので、本種が全く流通しなくなるって訳ではないんじゃなかったかな、たしか。なので、“ホントに本種のコトが好き”な方は焦らなくても大丈夫だと思います。逆に、立ち上げや餌付けで苦労するコトも多いW.C.の成体の流通が止まって、飼育しやすく綺麗なC.B.のチビッ子のみが流通するようになるため、今よりも更に気軽に楽しく飼育してもらえるようになるんじゃないでしょうか。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
件のピンクスキン、♀を連れ帰った晩に♂の水槽に入れたら、
翌朝あっさりかかってました。
相性ばっちりのようです(^^)
寝太郎
2016/12/24 17:02
>寝太郎さん
え、ホントですか?そりゃ、良かった!

来春に子供が拝めるとイイですね…って、その前にコロニーの仕分けと場所確保が先ですかね?特に“あっち”に関しては、親の特定も可能ならばしておきたいですし。
G!!
2016/12/24 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
カブトニオイガメ “モトルド” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる