はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ミナミシロクチドロガメ “スポッテッド”

<<   作成日時 : 2017/02/21 22:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Southern White Lipped Mud Turtle “Spotted” W.C. ♂

※2/24 一部修正および参考文献加筆しました。

んじゃま、ココんトコ、ほぼトカゲブログと化してたから、再開一発目はカメからにしようかな。

美麗ドロガメ御三家の1つ、シロクチドロガメ(Kinosternon leucostomum)から、ミナミシロクチドロガメ(K. l. postinguinale )の、みんな大好き(?)スポッテッドでございます。

コイツラはニカラグアのシッパーから輸出されたので、ミナミん中でも分布域が最も北側…というか西側にあたる連中なんじゃないかなと。ニカラグア自体は国土の西−北側がキタ(K. l. leucostomum)、東側のコスタリカとのボーダー付近がミナミの分布域になりますからね。でも、今回来た連中はミナミの特徴がかなり明瞭に出てる個体が多くて、このオスなんかも腹甲の幅が狭く、腋下甲板と鼠蹊甲板がハッキリ分かれていますし、何より、「この大きさでこんな明確になるんだぁ」ってくらい、大きさの割にオスの尻尾が太くて長い。

キタなんかだと、結構な大きさまでオスかな?メスかな?なんて個体も多いから、この大きさでここまで性差がハッキリしてんなら、最終的な大きさも小さいのかもしれません。

画像
Southern White Lipped Mud Turtle “Spotted” W.C. ♂

ま、それより何より、何がワクワクするって、この模様と色ですよ!

黒みの強い基調色に黄色の細かなスポット、しかもコイツはHLB(ドイツ語のHoch Lang Braunの頭文字なので、英語のHigh BrownとかHigh Blackとかの方がイイんじゃないかな〜と思うのは…ボクがドイツ語嫌いだからかなw)フォームとまではいきませんが、皮膚の色みがかなり黒くて、“白口”って名前なのに嘴までバッキリ茶色になってるし、スポットの大きさこそ小さいものの、頭部だけでなく指趾にも薄っすらと黄色のスポットが散りますからね!!!

流石に派手さではSCHILDE (2001)に載ってる“あの個体”には及びませんけど、飼い込んで年を経ればかなりカッコ良くなるんじゃないでしょうか。

画像
Southern White Lipped Mud Turtle “Spotted” W.C. ♀

で、メスはこちら

オスよりも更にスポット傾向が強く、首までキッチリとスポットが散らばります!

っても、今日の所はこの1枚だけしかアップ出来ないっていう…。

いやぁ、全身の画像はストロボの光が写り込んじゃって、まともなヤツが無かったんすよ。とりあえず、明日もう1回トライしてみるつもりですが、他にも紹介しなくちゃいけない生体とかもいるので、ソッコーで欲しい方はメールにてリクエストください。簡単画像になっちゃいますが、パシャッと撮ってお送りいたします。

ってか、可能なら直接見に来て下さい、すいません。

因みに、せっかく上手いコト雌雄でスポッテッドが揃ってるので、出来ればペア販売希望です。メスについては単体販売も…まぁ応相談で。


【参考文献】
SCHILDE, M. (2001): Schlammschildkröten. Kinosternon, Sternotherus, Claudius und Staurotypus. 136pp.


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミナミシロクチドロガメ “スポッテッド” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる