はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS パンケーキリクガメ

<<   作成日時 : 2017/03/01 22:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Pancake Tortoise “Picked Light Colored Specimen” W.C. ♂

※3/3 文章を少しアレンジしました

ハラッパ君……アレ、何号だ?

よく「カメで一番好きなの何ですか?」って質問を受けるんですが、少なくともリクガメ(Family Testudinidae)という括りでならば、それはもう断トツで本種パンケーキリクガメ(Malacochersus tornieri )ですね、即答で! そんくらいコイツラは大好きです。

模様のバリエーションは豊富で、しかも綺麗で、更には飼いやすいサイズで、とどめに飼ってて面白いっていう、非の打ちどころが無い素晴らしいカメだと思います。

まぁ、日本じゃCITES会議の前くらいしか人気が無く、会議が終わるとまた元の地位に戻るっていう、チョッピリ悲しい種類なんですけど。ってか、ここ最近じゃ原産国での保護政策もあってか、会議前の提案書どころか、噂にも名前が上らなくなったから、“そういう需要”も無くなったのかな。

でも、日本で想像されるよりも野生下での状況はシリアスだし、それによって希少性云々じゃなく本当に好きな方が大切に飼ってくれるようになったのは個人的に良かったなぁと。あんましね、好きじゃないんですよ、“あぁいう煽り”。

って、商売人の分際で、しかもテメーで販売しといて、何を正論ブチかましてイイ子ちゃんヅラしてんだよって話ですよね。

うん、それは仰る通りですわ。

ただ、キチンと手を掛けて飼ってやると、飼い応えのあるホントに面白いカメなんで、そういう“本質”をちゃんと見て飼って欲しいなぁ……って、単なるお節介の押し付けか、こりゃ。

画像
Pancake Tortoise “Picked High Contrast Specimen” W.C. ♀

ま、鬱陶しい話はココまで。

とにかく、今回は久々に「コレぞ!」って個体がいたんで、雌雄で2頭ばかし連れて来てみました。

今回輸入された個体はどれも総じて綺麗な感じだったんですが、オスは背甲の基調色と模様の色が逆転し、アイボリーベースに黒い細かな放射模様が散る、ちょうどピーシーズ社の「800種図鑑(うわ、発刊年見たら、もう20年前になるんですね…)」に載せたハラッパ君0号…いや、その個体はオスではなくメスのハラッパ“ちゃん”だったんでね(元祖ハラッパ君については→コチラ)、と同じタイプ、メスは黄色い基調色と黒色の放射柄のコントラストが強いタイプです。

あと、メスは背甲だけでなく、皮膚も綺麗に黄色に覆われてるのもポイントかな。

それと、コイツラは大きさも飼い始めるには大き過ぎず小さ過ぎずのナイスなサイズだったのがまた良かったんですよね。ちょうど「大きなサイズのカイロ」とほぼ同じくらい。しかも、状態もかなり良くて、内部寄生虫の駆徐はまだしてないんですけど、外部寄生虫のチェックと初期の立ち上げが終わった現在は、ケージ内をシャキシャキ歩き回って、餌も大量にワシャワシャ食べまくっています。体重も順調に増えて、肉付きも目に見えて良くなってきてますから、あとは折を見て駆虫してもらえばバッチシなんじゃないかと。

で、飼い方についてはいくつかポイント(っても、そんな大したコトじゃないんすけど)があって、そこを上手いコト押さえてもらえれば、状態良く、面白く、飼育してもらえます…

が!

その辺は書いてくと更にダラダラ長くなるし、口頭の方がニュアンスを伝わりやすいんで、お買い上げいただいた際にお伝えしますってコトでご勘弁を。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パンケーキリクガメ はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる