はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒラリーカエルガメ “明色選抜個体”

<<   作成日時 : 2017/03/15 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
Hilare's Toadhead Turtle “Picked Light Colored Specimen” C.H. Young (Highly Possible ♂)

トカゲブログ宣言をしたってのに、何故かカメ率高めっていう(笑)。

いや、トカゲネタが無い訳ではないんですよ。現に、長いこと未アップになってるヤツらも結構いるんで。でも、そういうヤツらって、撮影しようと思うと毎回タイミング悪く脱皮前になるとか、ヤンチャでなかなか撮影させないとか、未アップになるにはなるなりの理由ってモンがあったりして…なかなかままならなかったりするんですよ。

因みに、本来ならば今日はアベラントのボウシトカゲモドキ(Coleonyx mitratus )をアップしようと思ってました。ご来店いただいたヤモリ好きの方々にはお馴染みかもしれませんね、ソメワケ(Paroedura picta )のケージ群に紛れ込ませて結構長いコト置いてある“あの”ペアです。でも、撮影しようとすると、いっつも脱皮前なんすよねぇ。タイミングを見計らって片方ずつ撮影しておいて、画像が揃ったらアップしようと思ってるんですけど、思い立つと白かったり、くすんでたり。

もうこうなったら、もう暫くアップを我慢して、各所にドイツ便が入った所で“ソレっぽく”アップしたろか(笑)。

…って、それはチョッと悲し過ぎるなぁ(涙)。

画像
Hilare's Toadhead Turtle “Picked Light Colored Specimen” C.H. Young (Highly Possible ♂)

というコトで、今日は昨日までのインシサ(Rhinoclemmys pulcherrima incisa )に続き、中南米産カメ繋がりというコトで、ヒラリーカエルガメ(Phrynops hilarii )にしてみました。

もう、全然ウチっぽくないでしょ(笑)!?

「デカくなる」、「曲頸」なんて、いつもならいの一番に避けて通る分野ですもんね。

でも、この水色の強いライトグレーを見ちゃったら、そんなん関係なく惹かれちゃいまして、いつもの悪いクセが発動。ついついテメェの店のカラーも顧みず、条件反射で買い付けちゃいました。コイツはヤバいですよ、この画像だと頭部だけですが、全身の皮膚がこういう感じのライトグレーになってますからね。背甲の色だけなら、こういう明るい色調の個体は探せばそれなりに探せるんですけど……って、アレ!? よく考えたらヒラリーって、日本に入るってくるの、結構久々じゃないです?

いや、曲頸の大型種なんて、いつもそこまで意識して見てる訳じゃないから(曲頸好きの方々、すいません)、もしかしたらそんなコトないのかもですが、なんかココんトコ姿を見てなかった気がしなくもなかったり。

まぁ、どうでもイイか、そんなコト。

とにかく、そんな感じで、背甲だけじゃなく、全身の皮膚や爪まで(ノーマルでも爪は淡色なんですが、コイツは芯も含めて、綺麗なクリアネイルなんです)綺麗にくすみが抜けてるのが素晴らしいなぁと!

さてさて、大きくなるにつれ、コイツはどこまで“抜け”ますかねぇ?

あ、大きくなるとはいうものの、何気にカエルガメ類の大型個体ってケージのサイズに対する順応性が高く、そこまで大きなケージじゃなくても結構のんきに暮らしてくれるのがイイですよね。ヒラリーでも最終的にレギュラーサイズの120p水槽があればそれなりに飼えると思いますよ。特にコイツはかなりの確率でオスっぽいから、そこまでアホみたくデカくならないでしょうし。

ってか、このメンコサイズからそこまでデカく出来たら、それはそれでキーパーさんの技量と愛情も素晴らしいと思います。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とても綺麗ですね!
山口
2017/03/17 12:30
>山口さん
コメント有難うございます。

ウチの生体はほとんどボクの趣味だけで買い付けしているので、そう言っていただけると非常に嬉しいです。今回のヒラリーも、普段だったら絶対パスする所を、コイツのあまりの綺麗さに惹かれて、ついつい衝動買いをしてしまいました。
G!!
2017/03/17 18:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒラリーカエルガメ “明色選抜個体” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる