はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒラリーカエルガメ “オレンジ選抜個体”

<<   作成日時 : 2017/05/01 22:43   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
Hilare's Toad Head Turtle “Picked Orange Specimen” F.H. Baby

水色のヤツ(→コチラ)を買い付けた時からコッチも探してたんですよねぇ。

オレンジ色が発色するタイプのヒラリーカエルガメ(Phrynops hilarii

どの辺の個体群がこういう感じになるのか、ってか、その前に、この色彩が地域性を伴ったバリエーションなのか、ボクにはよく分かりませんが、このタイプを見ると、本種とジェフロア(P. geoffroanus )が近縁ってのがよく分かります。特にコイツはオレンジ色が強くて、背甲のリムだけでなく、四肢や頭部、頸部、そして背甲全体にまでしっかり発色してるんですよ。

この大きさでここまでの発色なら、大きくなるにつれてもっとハッキリしてくるハズ!

画像
Hilare's Toad Head Turtle “Picked Orange Specimen” F.H. Baby

このタイプは頭部がオリーブグリーンっぽくなるヤツが多いみたいなんですけど、コイツは鼻っツラからオレンジですからねぇ、これなら成長に伴い頭部の広範囲がオレンジっぽくなるんじゃないかなぁ。

とは言え、このタイプは我々がパッと思い浮かべるヒラリーの成体とはチョッと違う仕上がりを見せるんで、成体のイメージを知りたい方は学名で画像検索をしてみて下さい。恐らく、このタイプの成体の画像もヒットするハズです。そして、それを見ていただければ、なんでボクがこのタイプを探していたかも、多分お分かりいただけるんじゃないかなって思います。

あ、因みにですが、水色の方もまだ在庫してますので、そちらも併せてご検討いただければなと。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
G!!さん、こんにちは!

ハイ、学名検索しました。
えっ!?こいつヒラリー?
ってのがいました。
頭部はオリーブグリーン、首と手がレッド縁甲板はオレンジでした!

ヒラリーのイメージが一瞬で払拭されましたよ。
F.K.D
2017/05/02 10:37
>F.K.Dさん
そう、まさにその画像です。

我々がイメージするグレー&ブラックとは異なり、かなり色みの豊かな見てくれしてますよね!? 他にもアルバーティス並みに、縁甲板がオレンジになった個体の画像もあったんで、コイツもかなり期待出来るんじゃないかな〜って。
G!!
2017/05/02 15:53
G!!さん、こんにちは。

いや〜。まさか、まだ残っているとは!
まぁ、残ってたと言うよりは隠してたと言った方が
合ってるような所に置いてありましたけど(笑)

更に、お手頃価格。
そりゃあ、買っちゃいますよね(笑)

さらにさらに、レモンイエローのクリイロ。
四肢はもちろん後頭部から染みだしてきてる
レモンイエローが半端じゃないです!



F.K.D
2017/05/11 10:23
>F.K.Dさん
先日はご来店、有難うございました。

隠してたなんて、とんでもない(笑)。なるべく暖かな場所を選んだだけですってば。でも、プライスラベルを作る機器が調子悪かったんで、プラケがただポンと置いてあるだけになってたのは事実ですね…。まぁ、価格に関しては、あくまでもノーマルの範疇ってコトで、あのプライスだったんですが、リーズナブルに感じていただけたのなら何よりです!

あのクリイロも気に入っていただけたなら、良かったっす。数が出回るポピュラーな種でも…いや、だからこそ、きちんと選別するか否かが大きな差になるとボクは思ってるので、そうやって選んできた個体がボクの好みに共感して下さる方の元へ行ったのはホントに嬉しく思います。
G!!
2017/05/12 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒラリーカエルガメ “オレンジ選抜個体” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる