はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS エレーラドロガメ (ハーレラドロガメ) “ブラウン”

<<   作成日時 : 2017/05/05 21:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Herrera's Mud Turtle “Brown” W.C. ♂

やっぱ好きだなぁ、エレーラドロガメ(Kinosternon herrerai

ブリーダー諸氏(っても、まだまだ限られてますけど)の努力もあってC.B.(Captive Bred; 飼育下繁殖)個体も流通するようになりましたが、カッコ良さと魅力は写真を見るコトすらままならなかった頃と何ら変わりません。ってか、逆にある程度の量が流通するようになってくれたお蔭で、コイツラに思いのほかバリエーションがあるコトが分かり、魅力が1つ増えたと言ってもイイくらいなんじゃないでしょうか。

そして、そんなエレーラん中で今日紹介するのは、これまでの黒褐色をした暗色系とはチョッと違う、ウィスキーのように透明感のあるブラウンが美しいタイプ。

実は、ブログには未掲載なんですけど、以前にC.B.のメスで似た色彩のモノを扱ったコトがあったんですね。でも、今回はW.C.(Wild Caught; 野生下採集)の、しかも意外に少ないオスの単体。

画像
Herrera's Mud Turtle “Brown” W.C. ♂

この画像だとチョッと分かりづらいかもですが、まだ110mm±の亜成体にも関わらず、既に鉢の張った感じで大きめの頭はW.C.ならでは。

って、C.B.でも飼い方で頭は大きく出来るんですけどね。

出来るんですけど、その場合は「時間」も重要なファクターとなるんで、甲長に対しての相対的な頭の大きさとかフォルムってえと、どうしてもW.C.に圧倒的な軍配が。このご時世、不必要なW.C.礼賛は控えなきゃかもですが、こればっかは仕方が無い。

それはロガー(Sternotherus minor minor )なんかも然りで。

画像
Herrera's Mud Turtle “Brown” W.C. ♂

あと、コイツは頭部の発色は明るいパステル調なのに、嘴にガッツリ模様が入るのもイイんですよねぇ。

個人的に、こういう“厳つい系/カッコイイ系ドロガメ”は嘴に模様が入る方が好きなんで。

それにその明るい頭にしたって、屋内飼育の影響も少なからずあるのか(更に、ウチでは白いバットに収容されてますからねぇ)、よ〜く見ると、細かな虫喰い模様もしっかり見て取れるから、日光の当たるような環境で飼育してもらえれば、もしかしたら一化け二化けするかもしれません。

とは言え、一番の魅力は「単体販売可な確定オスのW.C.亜成体」ってコトでしょうね、やっぱ。

とりあえず、こんな出物は1頭限りですので、気になる方はお早目にお問い合わせ下さい。







って、そうだ、あと一言、最後にこれだけ言わせて下さい!

これはあくまでも個人的な印象で、客観的な数値データとか無いんですが、このウィスキーブラウンのタイプって、従来の黒褐色の暗色系タイプよりも甲幅があって、明るいタイプみたくゴツくなる気がします。いや、ホントに単なる印象ですけどね、印象。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エレーラドロガメ (ハーレラドロガメ) “ブラウン” はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる