はーぷさぷらい徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ミナミシロクチドロガメ

<<   作成日時 : 2017/07/12 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
Southern White Lipped Mud Turtle W.C. ♂

今回は黄色い頭

ってコトで、元祖美麗御三家の1つ、シロクチドロガメ(Kinosternon leucostomum )でございます。

亜種はミナミ(K. l. postinguinale

個人的に好きってのもあって、このブログでも何気に結構な頻度でシロクチを紹介してますが、ここ近々はミナミが続いてますね。前のペアはスポットが顕著な感じだったのに対し、今回は黄色がバキッと発色して、その周りに同色のスペックルが散らばる感じかな。あと、雌雄ともに体全体の黄色みが強くて、“白口”ってよりは“黄口”なのも特徴でしょうか。

画像
Southern White Lipped Mud Turtle W.C. ♀

こっちはメス

前回のペアを飼育しているオーナー様のお話だと、あのスポットバリバリだったメスも、飼い込むに従って黄色の発色が凄まじいコトになってるみたいなんで、今回のメスもかなり期待が持てますね。前回のペアは「黒さ」と「スポット」に着目して選別したペアなんですが、今回は雌雄ともに「黄色の発色」に着目してピックしてますし!

なんたって、年を経たオスでも退色が少なく、黄色をきっちりキープすんのは、美麗御三家にあってもシロクチだけですから(特に室内飼育だと、より顕著です)!!!

って、毎度毎度シロクチを取り上げるたんびに書いてますね。でも、こういう「シロクチだからこそ」のアドバンテージはしっかりアピールしておかないと、これは個人的な感想なんですが、な〜んか日本におけるシロクチの評価って妙に低い気がしてならないんで。

昔の“中米マッド”十把一絡げ(笑)から抜け出せてないみたいな…。

画像
Southern White Lipped Mud Turtle W.C. ♀

最後に腹甲

うん、THE ミナミシロクチ!って感じ。

あ、最近は「腋下甲板と鼠蹊甲板の接し方なんて、アテになんねぇじゃねぇか!」とか言われるコトも多くなりましたが、ボク的にはそんなコト、全然無いと思いますよ。勿論、それだけで判別してる訳じゃないですけど、接してるにしても、“接し方”がミナミとキタ(K. l. leucostomum )じゃ微妙に違いますからね。少なくとも、「判別する目安」としては、十分に役立つ形質なんじゃないのかなって。

繰り返しますが、それだけで判別してる訳じゃありませんけど!

ただまぁ、現在は輸出された国がちゃんと明示されるようになってるんで、それだけで亜種の特定もほぼほぼ出来ちゃったりするんですよね、実は。

因みに、今回のペアも前回同様、ニカラグア産とのコトです。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミナミシロクチドロガメ はーぷさぷらい徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる