アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「トカゲ」のブログ記事

みんなの「トカゲ」ブログ


ケイアオジタトカゲ

2018/02/14 22:40
画像
Kei Islands Blue Tongue Skink W.C.

※2/16 恥ずかしながら、雌雄が逆でしたので、訂正いたします あ、ペアであることには変わりありません

いやぁ、コッチをね、先に摘まんじゃってたんですよ。

ケイアオジタ(Tiliqua gigas keyensis

インドネシア連中ん中じゃ、ここ近々で一気に手を出しづらくなった筆頭です。でも、よく考えてみると、あんな小さな島々に局所的にしか分布してないんだから、然るべきなのかもしれませんね。カイ諸島とかソレっぽい名前付いてるけど、ニュアンス的には小規模な群島って方が正しいですから、あの辺。ホント、こうやってW.C.(Wild Caught: 野生下採集)個体がいまだに入手出来る状況にあるってだけ、まだマシなのかも。

しかし、やっぱカッコイイです。

このオス メスはオリーブグリーンの綺麗さは元より、頭も含めたブラウンにくすみが無く、赤みが強く出てるのに惹かれて買い付けました。緑と茶のコントラストも素晴らしかったし。

で、メス オス

画像
Kei Islands Blue Tongue Skink W.C.

オス メスとは対照的に、このローコンでソリッドな感じが良かったなって。

ケイの中には成体になると、こうやってバンドが不鮮明になる個体もいるんですが、コイツはその傾向が著しく、頭胴部のほとんどがオリーブグリーンに覆われています。ホントはケイだとコントラストがバッキバキで、顔とかブチブチの小汚…もとい、重厚感のある個体が好きなんですが、ここまで綺麗にスッキリしてると、それはそれで魅力的なんだなって、コイツを見て認識を新たにしました。

これ、栄養をしっかり摂らせて、何回か脱皮させたら、もっと綺麗になるんじゃないでしょうか。

ただまぁ、顔つきからも分かるように、性格は雌雄ともに「いかにもW.C.のケイ!」って感じです(笑)。

でも、プシュプシュいって口を開けるだけだから、そんな大したコト無いっちゃ無いのかな。持っちゃえばオタオタするだけですし。あと、餌も各種人工飼料を含め、動物質、植物質、あまり選り好みをせず食べてくれるから、飼う分には普通のアオジタです。この分なら、口開けるのもスグにやらなくなるでしょ。

でまぁ、やっぱ真正C.B.(Captive Bred: 飼育下繁殖)個体がコンスタントに取れてない局所分布亜種なんで、出来ればペア販売希望なんですが、そもそもペアだから必ずブリード出来るってモンでもないし、別々に雌雄を揃えるコトも現状だとまだ十分に可能なんで、今回は普通に単体販売も可とさせていただきます。かなり特徴的な色彩のアオジタなんで、ペットとして大切に飼い込むのも相当に楽しいですよ!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


ミナミパプアアオジタトカゲ

2018/02/11 23:06
画像
South Papuan Blue Tongue Skink F.H. Baby

え〜と…今日はブラックラットスネーク(Pantherophis obsoletus obsoletus )のラスティをアップする予定だったんですが……間違って画像を消しちゃいました………ぐふっ(涙)。

というコトで

急遽、ミナミパプアアオジタ(Tiliqua sp.)のチビッ子に登場願いました。

ホントはもう少し後に出張ってもらうハズだったんすけどね。

因みに、画像のキャプションではF.H.(Farm Hathed: 飼養施設下孵化)となってますが、これはホントは正しくなくて、厳密に書くんだったらF.B.(Farm Born: 飼養施設下産まれ)という方が適しているのかなと。胎生だから。でも、そんな言葉があるのかどうか知らないし、あった所でその程度の認知度というコトなんで、このブログでは分かりやすさ優先で、あえてF.H.という言葉を使うこととしました。

って、今さらか。

でも、胎生・卵胎生種を扱う度に表記の件はチョッと気に掛かってたんで、今回は改めて書いてみました。

ま、どうでもイイっちゃ、どうでもイイ話ですね(笑)。

画像
South Papuan Blue Tongue Skink F.H. Baby

で、そのミナミパプア…というかサウスパプア

相変わらず現地ではメラウケ(T. gigas evanescens )のバリエーションみたいな感じなんすかね? 今回なんてインボイスこそメラウケで一纏めだったのに、蓋を開けてみるとサウスパプアの方が数が多かったっていう。ここ数年、入ってくる“メラウケ”はサイズに関わらずほぼほぼ全てメラウケで(って、ややこしいなぁw)、サウスパプアは多くても2〜3頭、というか来たらラッキーみたいな状況だったから、今回の入荷はチョッとビックリ。ホント、本チャンのメラウケがそんなにいませんでしたから。

でも、ボクは“コッチ”を探してたんで、この状況は願ったり叶ったり。

この機を逃さず、明るい色調が綺麗なヤツを1頭、摘まんできちゃいました!

ホントは、こんなチャンスは多くもなさそうだから、もう少し数買ってもイイかなぁとかも思ったんですけどねぇ。如何せん、先に摘まんじゃったアオジタもいたもんだから、ここは自重かなって(笑)。その分、集中してじっくり選んでると思って下さい。

画像
South Papuan Blue Tongue Skink F.H. Baby

まだまだチビなんで、背面の色はくすんでますが、体側を見ていただくと、明るく白っぽいグレーとオールドモルトのような琥珀色がお分かりいただけますよね? しかもその背面だって、色こそくすんではいるけど、バンドと基調色部分のメリハリはバシッと出てるじゃないですか。これなら、成長に伴って脱皮を重ねて行けば、かなり綺麗になるんじゃないかなって思うんですよ。

え!? バンドの乱れ?

あぁ、確かにコイツはバンドが少し乱れてますね。これでバンドが整ってりゃ言うコト無しなのは間違いありません。でも、ボクは色彩至上主義者なんで、体色と柄だったら、どうしても色>柄になっちゃうんですよねぇ。なので、今回はコイツがピンときました。

ま、あくまでボクの“好み”ですけど。

あ、そんで、そうそう!

メラウケとサウスパプアの違いですが、よく言われる“目の横のライン”は明確な指標にはなりませんので、ご注意願います。

確かに、このラインが入った個体はヒガシ(T. scincoides scincoides )っぽくて、“如何にも”な感じがするのは事実ですが、それはあくまでバリエーションの1つ。特にチビん時は、メラウケでも痕跡的ながらラインが入ってるように見える個体もいたりしますし、サウスパプアでもラインが入らず、スッキリとした個体も少なくありません。それこそ、コイツがそうでしょ!? なので、このラインの有無に関しては、サウスパプアの目安の1つとして考えるようにして下さい。大体にして、ヒガシにしたって地域個体群によっては“ライン無し”がいる訳ですし。

あとは直に見て、色々聞いてもらうのがイイかと思います。

別にウチじゃなくたって、アオジタに力を入れてるお店であれば、細かな違いを色々と教えてもらえるハズです(というか、別にウチはアオジタに力を入れてる店じゃねぇだろってね)。

それと、コイツラに関しては総じて、“ライン有り”は体色の色調が暗く、成長すると重厚でカッコイイ感じ、コイツのような“ライン無し”は体色の色調が明るく、成長するとパステル調で華やかな感じ、と考えていただければイイかと思います。これの方がメラウケとの違い云々なんかよりよっぽど重要かも。アオジタのような“飼い込む系トカゲ”は、自分の好みに見合った個体を見つけてもらって、ソイツが仕上がるにつれてどう変化していくかを楽しむのが醍醐味なので!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック 0 / コメント 5


イベント御礼

2018/02/04 21:00
画像
Fat Tailed Gecko “Unproven Wild Line Axanthic” W.C. ♀

遅くなりましたが、先日2月1日の木曜日、高円寺にて行われました「爬蟲夜話」にてお相手して下さった方々、誘っていただいたBar 夜刀神のマスター西川君、本当に有難うございました。当日は雪が舞う生憎の天候でしたが、ボクが想像していた以上に多くの業者・業界関係者、ホビイストの方々が集まり、正直ビックリしました。

これもひとえにマスターの人柄なんでしょうね。

しかし…もう夜刀神には下手に逆らえませんな。そんなコトしたら、ウチみたいな小さな店は中野〜杉並エリア、いや、関東から粛清されちゃうわ(笑)。

そう言えば、持って行った拙著も予想した以上に喜んでいただけたようで何よりでした。なんか当選した方々の熱量に押されて塩対応になってしまいましたが、直に喜んでる姿をみれたのは凄く嬉しかったなぁと思ってます。

という訳で、また次回がありましたら、その時もよろしくお願いいたします!!!

で、先の記事にもアップしたコイツはワイルド由来のアザンティックです…っても、未検証なんですけどね。この画像はチョッと脱皮前でくすんでるかな。こうやって見ると少し赤みが出てるようにも見えるかもですが、頭部のハイライトのブラウンなんかも、実物は赤みの抜けたボソッとした色みをしています。恐らく産地的には少し前に載せたピンク色が強く出た連中と一緒のハズなんで、あぁいう綺麗なノーマルのW.C.(Wild Caught: 野生下採集)個体を使って検証したら面白いんじゃないでしょうか。

勿論、モルフものと合わせても全然イイですよ。白みがきちんと出たホワイトアウトとか、個人的にはオススメだと思います。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


いよいよ明日

2018/01/31 21:38
画像
Fat Tailed Gecko “Unproven Wild Line Axanthic” W.C. ♀

いやぁ、ついに明日ですね、夜刀神 Presents 「爬蟲夜話」!

天候に一抹の不安があるものの、なかなか豪華なイベントになりそうで、ボクも今からワクワクしております。協賛メーカーさん達には負けますが、ボクも拙著をいくつか提供させていただきますので、参加者の皆さん、明日はよろしくお願いします。

一応、「業界の知性担当(笑)」としては、ちゃんと爬虫類の話とかもしますんで。







なら、いつもの飲み会みたいにユルまないように、気を張ってないとな。まぁ、最後はマスターがケツ持ってくれるんだろうけど。

じゃ、明日!


尚、翌日の2/2(金)18:00開店とさせていただきますので、ご了承下さい。あ、サボりじゃないですよ。昼からチョッと用事で回らなきゃいけない所とかがあるので。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


2018年 営業開始!

2018/01/05 22:17
画像
Fat Tailed Gecko “Cherry-picked Pink Colored Specimen” W.C. ♀

という訳で、本日より2018年の営業を開始いたしました、よろしくお願いいたします。

今年の抱負としましては、「もう少しちゃんと表に出てアピールしていく!」ってのを、これはお店としてだけでなく、クリーパーという雑誌の書き手としても、やっていこうかなと。まぁ、その前に「次のクリーパー、いつ出んですか?」ってツッコミが入りそうですが、その辺はもはや「宇○川さんのみぞ知る」って次元になってるので、ボクには何とも…。

まぁ、欲張ってアレもコレも詰め込んでる故の遅れだと思いますので、皆さん、もう少し生温かい目で見てやって下さい(笑)。

で、画像は年明け一発目だし、おめでたい色か、干支に因んだ感じのモノにしたかったから、タヌキ(Nyctereutes procyonoides sensu lato)っぽい印象で、ピンク色が綺麗なファットテー…ニシアフリカトカゲモドキ(Hemitheconyx caudicinctus )にしてみました。

実は店でひっそり立ち上げてたんですよ。

バリッバリのワイルド個体なんですけど、このファンデーションを塗ったかのようなマットなピンクが見事でしょ!? ここ一年くらい、産地が少し変わったのか、こういう綺麗なピンク色をした個体が混ざるようになったんですけど、ワイルドでこの色を見せられちゃうと、徒にモルフものと混ぜるだけじゃなく、セレクトしてこのピンク色をより顕著にしていく方向でもブリードしたくなっちゃいますよね(ただ…老成すると色がなぁw)。

コイツラに関しては、まだまだワイルド由来の個体でコロニーを組むことが出来る状況だし。

まぁ、店には他にも数頭、しっかり立ち上げたワイルド由来のニシアフリカがいますので、お時間のある方は是非見に来て下さい。


【参考文献】
KIM, S-I., T. OSHIDA, H. LEE, M.-S. MIN and J. KIMURA (2015): Evolutionary and Biogeographical Implications of Variation in Skull Morphology of Raccoon Dogs (Nyctereutes procyonoides, Mammalia: Carnivora). Biological Journal of the Linnean Society 2015 (116); 856–872.


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


ベルモリドラゴン

2017/12/26 22:12
※来店をご希望のお客様へ
年内中は開店スケジュールが不規則になりそうなので、平日に来店をご希望される方は、告知が無くとも17:00以降を目安にしていただけると確実です。
ご不便をお掛けいたしますコト、お詫び申し上げます。

画像
Bell's Forest Dragon W.C. Juvnile ♂

あ〜もぉ〜…アガマちんのチビッ子はズルい!

こんなん、可愛くて衝動買いするに決まってるじゃないですか !!!

という訳で、今日はチョッと変化球、ベルモリドラゴン(Gonocephalus bellii )のチビでございます。チビっても、ハッチしてしばらくの危ういサイズじゃないのがまた良くて、コイツはピンセットからも餌を取ってくれるので、ここから飼い込めば相当馴れてくれそうな感じ。飼い始めるにはベストじゃないですかね?

あ、馴れるっても、ペット的にベタベタにするってよりは、飼育環境下に置かれるコトや定期的に人の介入があるコトに馴れるって感じですよ。この手合いの連中は飼育下のストレスを軽減するってのも、「上手く飼えるか・飼えないか」に結構直結してたりしますし。

画像
Bell's Forest Dragon W.C. Juvnile ♂

でも、大きさ的にはこんな感じで、この状況でも餌を食べてくれますから、チョッとペット的な感じに飼いたくもなっちゃいますよね(笑)。

しかも、色が綺麗っていうんだから、最高でしょ。

モリドラゴンっていうと、ブルーアイ(G. liogaster )に代表される目の色に注目が集まりますけど、それは勿論のコト、状態の良い個体なんかだと体の各部分の色彩もかなりのモンなんですよ。ベルは咽喉がふざけたパープルとブルーだし、よく見ると鼓膜がパステルな黄緑色だったりしますからね。あと、体のトゲというか顆粒状の大型鱗も、光の加減によってはメタリック調にキラキラして見えたりもする。

どうしても輸入直後の黒っぽくくすんだ色とガサついた皮膚の印象が強いグループなのかもですが、水分と栄養をキチンと摂取出来てる個体は、色も皮膚の質感もホント全然別モノになるんで、キッチリ飼い込んで仕上げたいって人には堪らないと思います。

そりゃ、某☆さん(伏字の意味…w)も夢中になる訳だわ。

ま、ウチはトカゲ屋じゃないんで、今回入荷したのはコイツ1頭のみですが、もしお好きな方がいれば、よろしくお願いいたします。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


ミリウスナキツギオヤモリ “レッド”

2017/12/17 21:16
※来店をご希望のお客様へ
年内中は開店スケジュールが不規則になりそうなので、平日に来店をご希望される方は、告知が無くとも17:00以降を目安にしていただけると確実です。
ご不便をお掛けいたしますコト、お詫び申し上げます。

画像
Milius' Thick Tailed Gecko “Red” E.U. C.B. Juvnile

地べた這いのヤモリ繋がりで、今日はコイツ。

和名よりも学名由来のアンダーウッディとかミリーとかの方が通りがイイんじゃないでしょうか、Underwoodisaurus milii です。

日本だと一般的にナキツギオヤモリ=本種のコトらしいんですが、そうすっと(広義)Underwoodisaurus 属のヤモリ全般を指して呼ぶ時と混同しやすいので(って、この辺の連中について話す時は学名使うから、個人的にはあんまし困んないんですよねぇ ホラ、ボクは学名を積極的に使う“イキった”ショップの人間だもんでw)、今回はタイトルを人名由来の種小名からミリウスナキツギオヤモリとしてみました。因みに、種小名はフランスのナチュラリストで船乗り(まぁ、平たく言えば、冒険家ってヤツです)のPierre Bernard Miliusに献名されています。

だから、ミリーじゃなくミリウス。

画像
Milius' Thick Tailed Gecko “Red” E.U. C.B. Juvnile

しかし、赤い!

画像だとチョッと茶色っぽく見えるかもですが、実物はナメハダ(Nephrurus levis )風味のブリックレッドで、特に頭部の発色はホントにスゲェっすよ。

なんか、ウチはオーストラリアのDiplodactylidae とかCarphodactylidae が苦手と思われてるらしく、確かに「得意です!」と言えないってのは事実だったりするんですけど、マウス屋時代から20年以上お付き合いしてくれてる方が本種をコンスタントにブリードしてるってのもあって、コイツラだけはこれまで色々と見てるし、それなりに扱ってる方だとは思うんです。でも、ここまで分かりやすく「赤い!」ってのは、これまでいなかったんじゃないかなって。

しかも、まだまだチビッ子サイズなのに、これだから…ここから大きくなるにつれてどんな発色・変化を見せるか、スッゴク楽しみだと思いません?

四肢に染み出すように発色してるブリックレッドとかも、ホントどうなんだろ???

って、ノリノリで紹介してますけど

実は既にコイツも闇から闇に消えてたり(恐らく、数年後の某イベントでは日の目を見るとは思うんですけど)。

いや、だったら紹介すんなよって話なんですが、実はこの手合いの連中って過去一度もアップされず、ほぼ全てが闇から闇だったんで、得意じゃないまでもこういう個体を扱ってますよってのを知ってもらうため、今回は事前にちゃんと撮影もして、あえてアップしてみました。

一応ね、色々やってるんですよ(笑)!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


ユカタンサヤツメトカゲモドキ “明色選抜個体”

2017/12/15 22:27
※来店をご希望のお客様へ
年内中は開店スケジュールが不規則になりそうなので、平日に来店をご希望される方は、告知が無くとも17:00以降を目安にしていただけると確実です。
ご不便をお掛けいたしますコト、お詫び申し上げます。

画像
Yucatan Banded Gecko “Cherry-picked Light Colored Specimen” E.U. C.B. ♀

ホントはアメリカのラットスネーク(Pantherophis spp.)繋がりで、ブラックラットスネーク(P. obsoletus obsoetus )のハイポメラニスティック&ハイビノを紹介しようと思ってたんですが、すっとぼけて撮影する前に餌をやっちゃったんですよ。お腹ポンポコリンの画像ってのもアレだし、そもそもイジくって吐かれるのもヤでしょ。

ってコトで、急遽ユカタンサヤツメトカゲモドキ(Coleonyx elegans elegans )に登板願いました。

ホラ、ちょうど巷はハムショー12月便入荷真っ只中じゃないですか。なんで、そこに文字通り便乗しようかなって(笑)。

勿論、コイツはそれらと全く関係無いですよ!

でも、ハムショー云々抜きにして、単純に綺麗じゃないです?

本種は(っても、ヒガシメキシコ亜種; C. e. nemoralis を見たコトないんですが…)元々ベビーん時に透明感の強いブリックレッドをしてるじゃないですか。でも、コイツはその透明感が更に強く、バンド外縁なんかの黒色エリアも退縮してる。

更に言えば…

頭の模様も不鮮明ってか、ほぼ無斑みたいな。

因みに、大きさはチョコっと育ったサイズの頭胴で56mmほど。

実はストライプが欲しくて、チョッと前からサイドがソリッドになる感じの個体を探してたんですね、出来ればペアで。そしたら、コイツが急にポロッと出てきちゃって。最初はメス単体だし、どうしようかなぁって思ったんですけど、どうにも引っ掛かって仕方無いから、なら買っちゃえと。

うん、やっぱ正解でした!

落ち着くと更に透明感が上がるし、ベースの色もピンク色っぽくなって超キレイ!!!

これはイイっすわ。

大きくなってどうなってくのかも気になるし、この淡い感じでストライプとかにしても綺麗そうなんで、本種が好きな方、是非ともご検討下さい。単純にユカタンとしてめちゃくちゃイイ個体だとも思いますし。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


とんぶり2017 御礼

2017/11/20 22:06
画像
Savannah Monitor “Steel Blue” W.C. ♂

昨日、池袋アカデミーホール浅草の都立産業貿易センター台東館(川口さん、すいません…)にて行われました「とんぶり 2017」、クリーパー社ブースに足を運んでいただいた方々、取材に快く応じていただいた出店者の方々、そして、イベントを主催して下さる川口代表と事務局の方々、本当に有難うございました。お陰様で、今年も楽しい時間を過ごすコトが出来ましたこと、御礼申し上げます。

って、入場者2855名でしたっけ?

スゴイですよね!?

確かに4F、5Fともに、ホール内は常に人でイッパイって感じだったし、これ、来年には3000の大台に乗るんじゃなのかな。

で、我らがクリーパー社ブースはというと…

これは先に行われましたH.B.M. から引き続きのコトなんですが、まぁ色んな方から「次のクリーパーって、いつ出るんですか?」って聞かれまくりましたね(笑)。

いや、ホントすいません。

ボクが謝るのも何ですが、ここ近々の発行遅延はほぼほぼボクの責任なのかなと…。

でも、何度も書くように、ボクの本業は執筆業じゃないんですよ。しかも、今回のトカゲモドキ属(Genus Eublepharis )に関しては、ホビーの世界で人気のあるコトに加え、古くから研究対象とされてきたグループなだけに、中途半端なコトは書けないじゃないですか。そうすっと、自ずと筆もどんどん遅くなっていくコトに。まぁその分、内容はそれなりになってるとは思ってるんですけどね。前回(77)も日本語でヒョウモントカゲモドキ(E. macularius )の亜種の詳細を全て紹介してるし、本属の中で最も新しく記載されたサトプラ(E. satopuraensis )を加えた形態識別表なんてのも、世界的に見てほとんど無いハズですよ。

ってな訳で、次回のオバケ(E. angramainyu )もかなり気合を入れて書いたつもりなんで、発売の際にはよろしくお願いいたします。

あ、あと

リクエストといいますか、「アレの特集は?」とか「コレの特集は?」とか、直接お聞き出来たのも良かったっすね。中にはボクも「近いうちに取り上げなきゃなぁ」と思ってたモノが結構あったんで、今抱えてる案件が一段落したら、何とか少しずつでも形にしていきたいと思ってます。最近はヘビ関係が手薄になってたんで、まずはその辺のリクエストを下さった方々に応えていこうかなと。また、ヘビに限らず、他のグループでも何かあましたら、クリーパー編集部までメールか雑誌付属のハガキを送付下さい。モノによっては、ボクなんかより全然詳しい書き手さんもいらっしゃいますから、その方がベターといいますか、ボクに言うよりかは実現する可能性は高いハズです。

画像
Savannah Monitor “Steel Blue” W.C. ♂

ほんでもって画像は、イベントとは全く関係無しで、サバンナモニター(Varanus exanthematicus )のスチールブルー!!!

いや、「そろそろ、またモニターを」ってリクエストもいただいてるんで、今回の文章とってコトでいえば、関係無くもないのか(あ、それでいうとSalvator 属も含めた…ってより、そっちがメインなんでしょうけど、テグー;Tupinambis spp.も特集するか聞かれたんだっけ。今年は国内で“ブルー”が殖えたし、タイミング良くというか何というか、近年種が細分化されたいわゆる“ゴールデン”も最近久々に入ってきましたもんね。でも、アイツラって“どっちの”ゴールデンなんだろ?)。

チョッと前にリデュースドパターンを紹介して以降ペンディングにしてましたが、何とか頑張って撮ってみました。コイツは今回入荷した一連のサバンナ軍団の大本命。コイツが欲しくてアクション起こしたみたいな感じでしたからね、今回は。

って、ボクのPCのモニターのせいなのか、あんまし青く写ってるように見えないんだけど…大丈夫かな?

とりあえず、簡単に説明しときますと、黄色みが全く無くなって、全身がブルイッシュグレーに染まったサバンナです。黄色みが無くなるっていうと、去年入荷したアザンティック(→コチラ…よりコッチの方がイイかな?)が思い浮かぶかもですが、虹彩の色を見ると、コイツはアザンではないのかなって。

舌の色は全体にドスい紫色なんだけど。

まぁでも、カッコイイっすわ。

青いサバンナってえと、パステルと呼ばれる連中に見られるほんわかとした水色がパッと思い浮かびますけど、コイツは全身が重厚なスチールブルーですからねぇ。そこに赤みの強いブラウンの虹彩だから、インパクトでいえばコイツの方がアザンより上かも。

もう、ホントにヤバい!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


グレートプレインスキンク

2017/11/14 21:08
画像
Great Plain Skink W.C. ♂

フェルナンド(Lepidothyris fernandi )に続く、らしくないシリーズ第2弾!

あ、でもマウス屋時代を知ってる方には、あんまし違和感無いかもですね。展示スペースの割かし目立つトコで、ず〜っとブロードヘッド(Plestiodon laticeps )を飼ってましたから。お陰様で、ブロードヘッドは今じゃボクなんかがギャーギャー騒がなくてもイイくらい、魅力的なトカゲとして認知してもらえるようになりましたが、個人的北米スキンクベスト3の中でも、一番ポピュラーで、一番異端児的なグレートプレイン(P. obsoletus )はというと……こんなに和的で特徴的な色彩をしてて、しかも北米スキンク最大(ブロードヘッドとの差が微妙なトコなんですけどね)の肩書もあって、更にハッチリングの体色も抜群にカッコイイと、多くのアピールポイントがありながら、圧倒的なマイナー感が拭えないのは何故なんでしょう(笑)?

因みに、残る1種はギルバート(P. gilberti )なんですが、コイツラは分布域の保護政策の兼ね合いもあるから、流石に無理かなって。青い尻尾に馴染みがある日本人としては、アリゾナ(P. g. arizonensis )やレッドテール(P. g. rubricaudatus )のベビーのピンク〜赤色の尻尾とかも見てみたいんですけど。

画像
Great Plain Skink W.C. ♂

とにかく、そのグレートプレインなんですが

こうやって見ると、かなり綺麗じゃないです? 全身黒地に金色の霜降り小紋柄。

ブロードヘッドやギルバートも体色だけでいえば、それこそ馴染み深いニホントカゲ(P. japonicus )やヒガシニホントカゲ(P. finitimus )の延長線上って感じなのに(逆に、だからこそイイんですけどね!)、本種は「オレは違うぜ」アピールでもしたいのか、何故か全身キンキラのオシャレ模様。しかも、雌雄で体色がほとんど変わらんっていうんだから、どんだけ気に入ってんのよっていう(笑)。お蔭で、単体だとパッと見での雌雄判別がしにくくてしょうがない。

でも、この体色、雌雄差は少ない割に、実は地域によって思いのほかバリエーションがあったりしまして、今回はペアで来てるんですけど、コイツラは背面両側に黒いストライプが走るように見えるタイプ。ま、ポピュラーっちゃ、ポピュラーな感じ。

あと他には、全身均一にスペックルになるタイプやもう少し金色が塗り潰すように発色するタイプ、逆に黒がちになるタイプ、赤錆のようなラスティレッドが発色するタイプなんかが知られてますかね。東西南北に結構分布域が広いんで、まだバリエーションがありそうですけど、実際流通したり、画像検索なんかでヒットしたりすんのは、この辺だと思います。

画像
Great Plain Skink W.C. ♀

ってな訳で、コッチがメス

オスとソックリでしょ!?

でも、実際に見較べると頭幅だとか尻尾の太さ、ガタイなんかが全然違うんで、感覚的にオスとメスって分かるんですよ。コイツラは結構キッチリ飼い込まれた個体でプリプリになってるからアレだけど、来たてのW.C. (Wild Caught: 野生下採集)なんかだと、尻尾のフォルムや太さがもっと明瞭に違うコトもあるから、もう少し分かりやすいかな。あと、この大きさになると、ヘビとおんなじで尻尾の腹側の付け根を触れば、ヘミペニス/ヘミクリトリスサックの長さが違うのも感触で分かりますかね。

とは言え、やっぱ分かりづらいのは分かりづらいのか…。

画像
Great Plain Skink W.C. ♀

しかし、綺麗だよなぁ。

よ〜く見ると、コイツラも体側下部、お腹との境界辺りにラスティレッドが発色してるんですよねぇ。

と、ここまで推してきてなんですが、実はコイツラ、ボクがブリーディングしてもイイかなぁと思ってキープしてるペアだったりしたりしなかったり。

いや、そりゃ勿論、ご希望の方がいらっしゃれば、喜んで販売させてもらいますよ。

でも、先にも書いたように、コイツラってハッチリングが抜群にカッコイイんです。しかもスジトカゲ属なので、コイツラもメス親が卵を守って世話をするんですよ(チョッと出典元は忘れたんですが、こういう種は親に卵を守らせないと、孵化率が極端に下がるというデータもあります)。そうなったら、その様子も観察しながらブリードを楽しみたいじゃないですか! そして、そのチビッ子達をH.B.M.やぶりくら/とんぶりに連れて行きたいじゃないですか!!!

いやまぁ、それを言ったらヒガシニホントカゲを捕まえてブリードしても同じなんですけどね。それこそ、ヒガシニホントカゲ、ニホントカゲ、オカダトカゲ(P. latiscutatus )は産地ごとに集めてブリードなんてのも、ホビーとしてはかなり楽しいでしょうし…ってか、もしヨーロッパのホビイストだったら、絶対そういうコトやってるな(あんましお行儀の悪いコトも出来ないんで、伊豆諸島のオカダは手が出しづらい個体群も出てきちゃいますけど)。

ってアラ!? 話が微妙にズレた。

ま、何が言いたかったかというと、グレートプレインは綺麗なだけじゃなくて、繁殖形態も面白いトカゲなんで、この手合いのスキンクが好きな方には是非とも飼育してもらいたい逸品なんですよ、ってコトです。北米スキンクはブロードヘッドだけじゃないですから、マジで。

あ!

サイクルは北米産のナミヘビと一緒なんで、その辺をやってるナミヘビのキーパーさんにもオススメかも。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
ウェスタンフェルナンドファイアースキンク
ウェスタンフェルナンドファイアースキンク Western Fernand's Fire Skink W.C. Juvnile ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/12 21:36
サバンナモニター “リデュースドパターン”
サバンナモニター “リデュースドパターン” Savannah Monitor “Reduced Pattern” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/08 22:47
御礼とお知らせ
御礼とお知らせ Fat Tailed Gecko “White Out” JPN C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/06 22:54
なんか…
なんか… Indonesian Blue Tongue Skink “Green” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/04 22:54
これ、ヤバイ!
これ、ヤバイ! Aru Islands Blue Tongue Skink “Dark Phase” F.H. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/09/25 22:12
ソメワケササクレヤモリ “トランスルーセント×ブロードバンデッド”
ソメワケササクレヤモリ “トランスルーセント×ブロードバンデッド” Paroedura picta “Het. for Translucent (Transluent × Broad Banded)” Japan C.B. Pr. ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/21 23:24
トルキスタンスキンクヤモリ “選抜個体”
トルキスタンスキンクヤモリ “選抜個体” Common Wondering Gecko “Cherry Picked Specimen” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/20 21:22
赤っ…くない!
赤っ…くない! Fat Tailed Gecko “Unproven Axanthic” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/23 23:01
予定変更
予定変更 Crested Gecko “Yellow Creamsicle” E.U. C.B. Juvnile ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/01 22:56
ア○イブ○ック
ア○イブ○ック Red Tegu “Ruby Red Hypo.” F.H. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2017/06/12 22:13
777777
777777 Fat Tailed Gecko “Unproven Axanthic” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/28 21:12
アンボンアオジタトカゲ
アンボンアオジタトカゲ Indonesian Blue Tongue Skink J.P.N. C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/26 21:50
レッドテグー “ルビーレッドハイポ”
レッドテグー “ルビーレッドハイポ” Red Tegu “Ruby Red Hypo.” F.H. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2017/05/22 21:10
ゴールデンウィークのスケジュール
ゴールデンウィークのスケジュール Red Tegu “Ruby Red Hypo.” F.H. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/08 00:00
チビッ子
チビッ子 Indonesian Blue Tongue Skink TRUE J.P.N. C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/05/06 22:58
ヘリスジヒルヤモリ “P. l. chloroschelis Type”
ヘリスジヒルヤモリ “P. l. chloroschelis Type” Lined Day Gecko “P. l. chloroscelis Type Population” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/24 23:22
アンボンアオジタトカゲ “レッド”
アンボンアオジタトカゲ “レッド” Indonesian Blue Tongue Skink “Red” W.C. Young ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/04 22:53
ボウシトカゲモドキ “アベラント”
ボウシトカゲモドキ “アベラント” Central American Banded Gecko “Aberrant” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/03 22:00
これはこれで
これはこれで Fat Tailed Geko “Dusty” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/31 22:49
行ってきました
行ってきました Gonatodes albogularis notatus Japan C.B. ♂ <参考生体> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/27 22:08
お知らせ〜
お知らせ〜 Central American Banded Gecko “Aberrant” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/22 22:20
ニシアフリカトカゲモドキ “ダスティ”
ニシアフリカトカゲモドキ “ダスティ” Fat Tailed Gecko “Dusty” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/05 22:36
ニシアフリカトカゲモドキ “野生由来未検証アザンティック”
ニシアフリカトカゲモドキ “野生由来未検証アザンティック” Fat Tailed Gecko “Wild Caught Unproven Axanthic” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 22:19
これまたスッゲエの来た!
これまたスッゲエの来た! Nile Monitor “Blue” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/11 21:35
メラウケアオジタトカゲ “ブリックレッド”
メラウケアオジタトカゲ “ブリックレッド” Merauke Blue Tongue Skink “Brick Red” F.H. Young (Highly Possible ♀) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/05 21:36
アカメカブトトカゲ “ブリーチド”
アカメカブトトカゲ “ブリーチド” Red Eyed Crocodile Skink “Bleached” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/30 22:44
ヤバイ
ヤバイ Red Eyed Crocodile Skink “Bleached” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/28 23:07
つやつや
つやつや Aru Islands Blue Tongue Skink “Dark Phase” F.H. Baby (Highly Possible ♂) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/23 20:52
ソメワケササクレヤモリ “バンデッド”
ソメワケササクレヤモリ “バンデッド” Paroedura picta “Banded” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/20 23:04
ソメワケササクレヤモリ “ブロードバンデッド”
ソメワケササクレヤモリ “ブロードバンデッド” Paroedura picta “Broad Banded” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/18 23:14
ソメワケササクレヤモリ “ナローバンド”
ソメワケササクレヤモリ “ナローバンド” Paroedura picta “Narrow Banded” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/16 22:17
ソメワケササクレヤモリ “未検証フェイデッド形質”
ソメワケササクレヤモリ “未検証フェイデッド形質” Paroedura picta “Unproven Fader” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/09 21:34
アルーアオジタトカゲ
アルーアオジタトカゲ Aru Islands Blue Tongue Skink “Dark Phase” F.H. Baby (Highly Possible ♂) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/07 21:44
2016年も
2016年も Crested Gecko “Tricolor” U.S.A. C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/31 20:14
もぉ、今日が最終日なのにぃ
もぉ、今日が最終日なのにぃ Ambon Aru Islands Blue Tongue Skink “Light Phase” W.C. Baby (Highly Possible ♀) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/28 22:46
ソメワケササクレヤモリ “ソルト & ペッパー”
ソメワケササクレヤモリ “ソルト & ペッパー” Paroedura picta “Salt & Pepper” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/21 19:41
ソメワケササクレヤモリ “暗色選抜個体”
ソメワケササクレヤモリ “暗色選抜個体” Paroedura picta “Dark Colored” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/20 20:51
ソメワケササクレヤモリ “ストライプ”
ソメワケササクレヤモリ “ストライプ” Paroedura picta “Stripe Phase” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/14 19:45
クレステッドゲッコー “トライカラー”
クレステッドゲッコー “トライカラー” Crested Gecko “Tricolor” U.S.A. C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/11 21:18
はちくらサービスデーのお知らせ(笑)
はちくらサービスデーのお知らせ(笑) Savannah Monitor “Caramel Hypomelanistic” F.H. (?) ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/29 22:12
オルナータナイルモニター
Ornate Nile Monitor F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/13 22:49
偶然
Ornate Nile Monitor F.H. Baby ※9/9 綴り間違い直しました…恥ずかしい ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/07 22:43
カレー食べたくなる
Savannah Monitor “Yellow & Brick” F.H.(?) ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/09/04 20:16
サバンナモニター “ブルーハイポ”
Savannah Monitor “Blue Hypomelanistic” F.H.(?) ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/09 21:09
ひたすら地道に
Paroedura picta “Lavender Color” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/08 22:37
トルキスタンスキンクヤモリ “選抜個体”
Common Frog Eyed Geckos “Cherry Picked Specimens” W.C. Pair ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/02 21:41
対比
Savannah Monitors “Axanthi & Lime Green” F.H. Babies ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/31 20:27
スティンガーか!
Fat Tailed Gecko “STINGER Type” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/29 21:35
ニシアフリカトカゲモドキ “ゼロ…モドキw”
Fat Tailed Gecko “Zero Type” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/27 23:06
気分転換に
Savannah Monitor “Silver Hypo.” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/19 21:54
コワレモノ注意
Common Frog Eyed Gecko W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/15 21:57
りっべ〜んじ!
Savannah Monitor “Axanthic” W…F.H.? Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/03 20:49
ソメワケササクレヤモリ “特選抜個体”
Paroedura picta “Cherry Picked Specimen” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/02 22:35
サバンナモニター “ブルーパステル”
Savannah Monitor “Blue Pastel” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/27 23:01
サバンナモニター “スペックル”
Savannah Monitor “Speckled” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/22 23:09
ソメワケササクレヤモリ “ゴーストタイプ”
Proedura picta “Ghost Type” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/21 21:42
サバンナモニター “アザンティック”
Savannah Monitor “Axanthic” W.C. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/18 22:58
ソメワケササクレヤモリ “ハイポルッカー”
Paroedura picta “Hypo. Looker (Unproven Hypomelanistic Type)” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/14 22:05
ジャブだけでも打っとくか…
Savannah Monitor “Speckled” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/08 21:52
手短に
Paroedura picta “Unproven Faded Morph” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/05 20:33
クレステッドゲッコー “レッド & クリームピンストライプ”
Crested Gecko “Red & Cream Pinstripe” U.S.A. C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/03 17:53
クレステッドゲッコー “バイカラーダルメシアン”
Crested Gecko “Bicolor Dalmatian” U.S.A. C.B. Baby (Highly Possible ♂) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/10 22:40
ソメワケササクレヤモリ “ワイドストライプ”
Paroedura picta “Wide Stripe (Regenerated Tail)” E.U. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/04/03 22:20
参考までに
Paroedura picta “Het. Ghost Het. Blur” Japan C.B. ♂ <参考個体> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/14 23:05
ソメワケササクレヤモリ “ブルーアイゴースト”
Paroedura picta “Blue Eyed Ghost” Japan C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/13 21:46
グリーン
Paroedura picta “Unproven Morph” W.C. ♀ <過去販売個体> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/27 17:06
ブルー
Paroedura picta “Blue Eyed Coral” Japan C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/13 20:12
告知
Paroedura picta “Translucent” Japan C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/08/21 22:27
涼やか〜
Paroedura picta “Translucent” Japan C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/19 20:49
ソメワケササクレヤモリ “コーラル”
Paroedura picta “Coral (Japanese Line Selective Bred Orange Xanthic)” Japan C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/17 22:14
ソメワケササクレヤモリ “オッドカラーコーラル”
Paroedura picta “Odd Colored Coral Xanthic” Japan C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/15 22:16
ソメワケササクレヤモリ “トランスルーセント”
Paroedura picta “Translucent” Japan C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/10 23:11
明るくなると
Paroedura picta “Unproven Morph” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/21 20:47
そこそこ本気
Paroedura picta “Ghost” Japan C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/20 22:39
鋭意継続中
Savannah Monior “Fader” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/18 19:13
トカゲが続いてるんで
Black Throat Monitor “High Color” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/17 22:42
ソメワケササクレヤモリ “未検証形質”
Paroedura picta var. “Unproven Morph” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/16 22:30
Uroplatus fimbriatus “モッシーグリーン”
Uroplatus fibriatus “Mossy Green” W.C. ♀ <調整中> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/03/14 21:37
サバンナモニター “フェイダー(仮)”
Savannah Monitor “Fader” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/10 22:02
あけました
Black Throat Monitor “High Color” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/06 21:55
ミスジドロガメ&年末年始スケジュール
Three Striped Mud Turtle “Tanslucent Lineage” Herp. Supply C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/26 22:18
ソメワケササクレヤモリ “ゴースト”
Paroedura picta var. “Ghost” Japan C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/24 23:13
ブラックスロートモニター “イオニデスタイプ”
Black Throat Monitor “Ionides Type (Dar es Salaam Phase)” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2014/12/15 21:57
ブラックスロートモニター “ハイカラー”
Black Throat Monitor “High Color” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/12 21:41
惜しい気もするんですが…
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. Proven Pr. ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/02 22:15
チビッ子
Pachydactylus tigrinus “Mozambique Form” Japan C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/13 20:02
クレステッドゲッコー “ダーク/オレンジピンストライプ”
Crested Gecko “Dark/Orange Pinstripe” U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/01/08 20:38
はんくら御礼
Fat Tail Gecko Japan C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/25 21:17
今年も産まれました
Pachydactylus atorquatus Herp. Supply C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/14 22:55
白砂バージョン
Leopard Gecko “Galaxy/Total Eclipse” U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/31 19:54
レオパードゲッコー “ギャラクシー”
Leopard Gecko “Galaxy/Super Snow Eclipse” U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/16 22:22
Dog Tame
Two-Striped Water Monitor “Sulfur” C.R. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2013/07/15 20:14
持って…る?
Pachydactylus bicolor var. “Southern (Erongoberg) Form” U.S.A. C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/06/02 20:10
小さいけど
Pachydactylus bicolor var. “Southern (Erongoberg) Form” U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/14 22:58
リクエストにお応えして
Fat Tailed Gecko “Connected Back Pattern” W.C. ♀ <HOLD> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/08 22:37
ファットテールドゲッコー “XXxXXXモドキ”
Fat Tailed Gecko “Connected Back Pattern” W.C. ♀ <HOLD> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/06 22:32
今日の1枚
Gallotia galloti galloti E.U. C.B. ♂ (ペア販売) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/01 22:50
今日の1枚
Pachydactylus tigrinus  “Mozambique Form” Herp. Supply C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/08 23:05
ネイチャーフォト…風
Uroplatus sp. cf. ebenaui Madagascar W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/03 21:31
Uroplatus sp. cf. ebenaui
Uroplatus sp. cf. ebenaui Madagascar W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/26 23:12
ぐあぁぁぁ
Uroplatus sp. cf. ebenaui Madagascar W.C. ♀ <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/24 22:30
今日の1枚
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. ♀ ※ペア販売のみとさせていただきます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/19 22:59
星空その2
Pachydactylus bicolor “Southern/Erongoberg Form” U.S.A. C.B. ♂ (※販売はペア単位のみです) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/23 21:08
星空
Pachydactylus maraisi  U.S.A. C.B. ♂ (※販売はペア単位のみです) <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/22 22:26
来ちゃった…
Crested Gecko “Dark Bi-Color” U.S.A. C.B. ♀ <参考個体> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/15 23:10
はんくら
Pachydactylus tigrinus  “Mozambique Form” Herp. Supply C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/17 21:49
とんぶり2012御礼と報告
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. Pr. ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/08 22:24
色々と
Pachydactylus atorquatus Herp. Supply C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/15 22:19
すいません…
Common Barking Gecko W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/15 20:37
こんなのも
Logger Head Musk Turtle “White” C.B.  <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/06 22:49
Ptenopus garrulus garrulus
Common Barking Gecko W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/27 22:24
確定でしょ
Gargoyle Gecko “Orange Stripe” U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/30 19:56
セクシーショット
Cat Gecko W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/25 22:22
気付くと連休終盤…
【お客様各位】 ゴールデンウィークの営業スケジュールは以下の通りとなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/05 20:02
星屑
Pachydactylus maraisi U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/17 18:07
おっ!
Gargoyle Gecko “Orange Stripe” U.S.A. C.B. ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/04/13 22:42
コレクション熱
Pachydactylus mclachlani U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/08 21:59
まぁ
Crested Gecko “Full Pinstripe Harlequin” U.S.A. C.B. ♀ <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/01 20:53
ばいからー
Pachydactylus bicolor U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/27 21:10
一時中止ってコトで
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/26 20:23
うぉ!スゲぇ
Gargoyle Gecko “Orange Stripe” U.S.A. C.B. ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/25 20:23
今日の1枚
Pachydactylus maraisi U.S.A. C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/18 18:51
チョコっと紹介
Pachydactylus maraisi U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/16 22:19
燃え上がれ!
Gargoyle Gecko “Orange Stripe” U.S.A. C.B. ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/13 22:21
ガーゴイルゲッコー
Gargoyle Gecko “Orange Stripe” U.S.A. C.B. ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/03/12 21:01
クレステッドゲッコー “フルピンストライプハーレキン”
※03.11. 20:20 追記 性別のご質問に対しまして、オスと伝えておりましたが、正しくはメスです。申し訳ございません。お問い合わせいただいた方々にはお詫び申し上げます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/11 19:55
臨場感重視?
成田から帰ってきて、今生体をケージに移し終えたトコです。とりあえず簡単に撮影もしたので、ご覧下さい。まぁ、多少のピンボケやデリカップまんまってのは輸入したての臨場感を出したってコトで(笑)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/10 00:13
コッチもメス…
Bearded Dragon “Yellow Hypo. Italian Leather Back” U.S.A. C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/27 17:00
じゃ、詳細をば
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. Pr. ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/24 19:28
フトユビヤモリ
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/17 21:35
イロワケヤモリ
Gonatodes vittatus “Mainland Form” U.S.A. C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/13 19:53
キャットゲッコー
Cat Gecko W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/04 23:05
フトアゴヒゲトカゲ “イエローハイポイタリアンレザーバック”
Bearded Dragon “Yellow Hypo. Italian Leatherback” U.S.A. C.B. Adult ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/01 22:50
新入荷でございます
African Fat Tailed Gecko “New Strain Patternless” W.C. ♂ <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/29 21:25
レッドテグー
Red Tegu C.H. <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/01 20:44
スポッテッドツリーモニター
Spotted Tree Monitor “High Color” Indonesia C.H. <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/03/23 21:57
マングロー……ブ?
Varanus sp. cf. indicus ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/26 21:35
明日か明後日くらいに
嵐の連休も終わりましたね。お蔭様で、遠方からご来店下さった方もいたりと、ボク的にはなかなか楽しい連休となりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/22 22:34
ミナミパプアアオジタトカゲ(仮)
South Papuan Blue Tongue Skink W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/18 19:38
キタアオジタトカゲ “キャラメル”
Northern Blue Tongue Skink “Caramel” C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/17 19:03
キタアオジタトカゲ
Northern Blue Tongue Skink C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/14 18:35
ピーチスロートモニター “バタンタアイランド”
せっかく原稿終わったのに…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/27 19:03
シトロン
チョッと露出がオーバー気味だけど…ま、イイか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/18 18:03
Pastel Clear Nailed
また随分と間が空いてしまいました…すいません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/18 18:04
相性
ってありますよね?対人は勿論のこと、対動物でも。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/18 20:11
あごひげ〜
ブリーディング繋がりってことで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/04 19:18
フトアゴ
前にもチョコっと紹介しました、クリアネイル(白色系)×パステル(オレンジ系)の子供達。3頭ほど余剰のオスが出たので、そいつらも販売いたします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/21 16:43
満腹
ピンクマウスをしこたま食べて大満足のターコイズ♂。♀も木の上での〜んびり昼寝…と思ったんですが、カメラを向けた途端、「餌ですか〜?」と寄ってきてしまい、撮影失敗。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/17 14:49
ターコイズ!!!!!
おぉぉぉぉぉ!!!!! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/10 16:23
Clear Nailed×Pastel
ウチとしては随分久々、フトアゴです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/20 19:37
Timor Monitor
単発ではありますが、ウチには珍しく(?)モニターの新入荷です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/08 18:56
そういや
結構前のことなんで既に知っている方も多いかと思いますが、オーストラリアから新種のモニターが記載されました。ウチはこの手合いのものを扱わないし、そういったものが好きな人はウチのブログなんて見ないだろうから「まぁ〜イイや〜」なんて思ってたんですけど、よく考えたらボク、オオトカゲの本書いてたんですよね…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/30 17:11

トップへ | みんなの「トカゲ」ブログ

はーぷさぷらい徒然日記 トカゲのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる