アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「トカゲ」のブログ記事

みんなの「トカゲ」ブログ


とんぶり2017 御礼

2017/11/20 22:06
画像
Savannah Monitor “Steel Blue” W.C. ♂

昨日、池袋アカデミーホール浅草の都立産業貿易センター台東館(川口さん、すいません…)にて行われました「とんぶり 2017」、クリーパー社ブースに足を運んでいただいた方々、取材に快く応じていただいた出店者の方々、そして、イベントを主催して下さる川口代表と事務局の方々、本当に有難うございました。お陰様で、今年も楽しい時間を過ごすコトが出来ましたこと、御礼申し上げます。

って、入場者2855名でしたっけ?

スゴイですよね!?

確かに4F、5Fともに、ホール内は常に人でイッパイって感じだったし、これ、来年には3000の大台に乗るんじゃなのかな。

で、我らがクリーパー社ブースはというと…

これは先に行われましたH.B.M. から引き続きのコトなんですが、まぁ色んな方から「次のクリーパーって、いつ出るんですか?」って聞かれまくりましたね(笑)。

いや、ホントすいません。

ボクが謝るのも何ですが、ここ近々の発行遅延はほぼほぼボクの責任なのかなと…。

でも、何度も書くように、ボクの本業は執筆業じゃないんですよ。しかも、今回のトカゲモドキ属(Genus Eublepharis )に関しては、ホビーの世界で人気のあるコトに加え、古くから研究対象とされてきたグループなだけに、中途半端なコトは書けないじゃないですか。そうすっと、自ずと筆もどんどん遅くなっていくコトに。まぁその分、内容はそれなりになってるとは思ってるんですけどね。前回(77)も日本語でヒョウモントカゲモドキ(E. macularius )の亜種の詳細を全て紹介してるし、本属の中で最も新しく記載されたサトプラ(E. satopuraensis )を加えた形態識別表なんてのも、世界的に見てほとんど無いハズですよ。

ってな訳で、次回のオバケ(E. angramainyu )もかなり気合を入れて書いたつもりなんで、発売の際にはよろしくお願いいたします。

あ、あと

リクエストといいますか、「アレの特集は?」とか「コレの特集は?」とか、直接お聞き出来たのも良かったっすね。中にはボクも「近いうちに取り上げなきゃなぁ」と思ってたモノが結構あったんで、今抱えてる案件が一段落したら、何とか少しずつでも形にしていきたいと思ってます。最近はヘビ関係が手薄になってたんで、まずはその辺のリクエストを下さった方々に応えていこうかなと。また、ヘビに限らず、他のグループでも何かあましたら、クリーパー編集部までメールか雑誌付属のハガキを送付下さい。モノによっては、ボクなんかより全然詳しい書き手さんもいらっしゃいますから、その方がベターといいますか、ボクに言うよりかは実現する可能性は高いハズです。

画像
Savannah Monitor “Steel Blue” W.C. ♂

ほんでもって画像は、イベントとは全く関係無しで、サバンナモニター(Varanus exanthematicus )のスチールブルー!!!

いや、「そろそろ、またモニターを」ってリクエストもいただいてるんで、今回の文章とってコトでいえば、関係無くもないのか(あ、それでいうとSalvator 属も含めた…ってより、そっちがメインなんでしょうけど、テグー;Tupinambis spp.も特集するか聞かれたんだっけ。今年は国内で“ブルー”が殖えたし、タイミング良くというか何というか、近年種が細分化されたいわゆる“ゴールデン”も最近久々に入ってきましたもんね。でも、アイツラって“どっちの”ゴールデンなんだろ?)。

チョッと前にリデュースドパターンを紹介して以降ペンディングにしてましたが、何とか頑張って撮ってみました。コイツは今回入荷した一連のサバンナ軍団の大本命。コイツが欲しくてアクション起こしたみたいな感じでしたからね、今回は。

って、ボクのPCのモニターのせいなのか、あんまし青く写ってるように見えないんだけど…大丈夫かな?

とりあえず、簡単に説明しときますと、黄色みが全く無くなって、全身がブルイッシュグレーに染まったサバンナです。黄色みが無くなるっていうと、去年入荷したアザンティック(→コチラ…よりコッチの方がイイかな?)が思い浮かぶかもですが、虹彩の色を見ると、コイツはアザンではないのかなって。

舌の色は全体にドスい紫色なんだけど。

まぁでも、カッコイイっすわ。

青いサバンナってえと、パステルと呼ばれる連中に見られるほんわかとした水色がパッと思い浮かびますけど、コイツは全身が重厚なスチールブルーですからねぇ。そこに赤みの強いブラウンの虹彩だから、インパクトでいえばコイツの方がアザンより上かも。

もう、ホントにヤバい!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


グレートプレインスキンク

2017/11/14 21:08
画像
Great Plain Skink W.C. ♂

フェルナンド(Lepidothyris fernandi )に続く、らしくないシリーズ第2弾!

あ、でもマウス屋時代を知ってる方には、あんまし違和感無いかもですね。展示スペースの割かし目立つトコで、ず〜っとブロードヘッド(Plestiodon laticeps )を飼ってましたから。お陰様で、ブロードヘッドは今じゃボクなんかがギャーギャー騒がなくてもイイくらい、魅力的なトカゲとして認知してもらえるようになりましたが、個人的北米スキンクベスト3の中でも、一番ポピュラーで、一番異端児的なグレートプレイン(P. obsoletus )はというと……こんなに和的で特徴的な色彩をしてて、しかも北米スキンク最大(ブロードヘッドとの差が微妙なトコなんですけどね)の肩書もあって、更にハッチリングの体色も抜群にカッコイイと、多くのアピールポイントがありながら、圧倒的なマイナー感が拭えないのは何故なんでしょう(笑)?

因みに、残る1種はギルバート(P. gilberti )なんですが、コイツラは分布域の保護政策の兼ね合いもあるから、流石に無理かなって。青い尻尾に馴染みがある日本人としては、アリゾナ(P. g. arizonensis )やレッドテール(P. g. rubricaudatus )のベビーのピンク〜赤色の尻尾とかも見てみたいんですけど。

画像
Great Plain Skink W.C. ♂

とにかく、そのグレートプレインなんですが

こうやって見ると、かなり綺麗じゃないです? 全身黒地に金色の霜降り小紋柄。

ブロードヘッドやギルバートも体色だけでいえば、それこそ馴染み深いニホントカゲ(P. japonicus )やヒガシニホントカゲ(P. finitimus )の延長線上って感じなのに(逆に、だからこそイイんですけどね!)、本種は「オレは違うぜ」アピールでもしたいのか、何故か全身キンキラのオシャレ模様。しかも、雌雄で体色がほとんど変わらんっていうんだから、どんだけ気に入ってんのよっていう(笑)。お蔭で、単体だとパッと見での雌雄判別がしにくくてしょうがない。

でも、この体色、雌雄差は少ない割に、実は地域によって思いのほかバリエーションがあったりしまして、今回はペアで来てるんですけど、コイツラは背面両側に黒いストライプが走るように見えるタイプ。ま、ポピュラーっちゃ、ポピュラーな感じ。

あと他には、全身均一にスペックルになるタイプやもう少し金色が塗り潰すように発色するタイプ、逆に黒がちになるタイプ、赤錆のようなラスティレッドが発色するタイプなんかが知られてますかね。東西南北に結構分布域が広いんで、まだバリエーションがありそうですけど、実際流通したり、画像検索なんかでヒットしたりすんのは、この辺だと思います。

画像
Great Plain Skink W.C. ♀

ってな訳で、コッチがメス

オスとソックリでしょ!?

でも、実際に見較べると頭幅だとか尻尾の太さ、ガタイなんかが全然違うんで、感覚的にオスとメスって分かるんですよ。コイツラは結構キッチリ飼い込まれた個体でプリプリになってるからアレだけど、来たてのW.C. (Wild Caught: 野生下採集)なんかだと、尻尾のフォルムや太さがもっと明瞭に違うコトもあるから、もう少し分かりやすいかな。あと、この大きさになると、ヘビとおんなじで尻尾の腹側の付け根を触れば、ヘミペニス/ヘミクリトリスサックの長さが違うのも感触で分かりますかね。

とは言え、やっぱ分かりづらいのは分かりづらいのか…。

画像
Great Plain Skink W.C. ♀

しかし、綺麗だよなぁ。

よ〜く見ると、コイツラも体側下部、お腹との境界辺りにラスティレッドが発色してるんですよねぇ。

と、ここまで推してきてなんですが、実はコイツラ、ボクがブリーディングしてもイイかなぁと思ってキープしてるペアだったりしたりしなかったり。

いや、そりゃ勿論、ご希望の方がいらっしゃれば、喜んで販売させてもらいますよ。

でも、先にも書いたように、コイツラってハッチリングが抜群にカッコイイんです。しかもスジトカゲ属なので、コイツラもメス親が卵を守って世話をするんですよ(チョッと出典元は忘れたんですが、こういう種は親に卵を守らせないと、孵化率が極端に下がるというデータもあります)。そうなったら、その様子も観察しながらブリードを楽しみたいじゃないですか! そして、そのチビッ子達をH.B.M.やぶりくら/とんぶりに連れて行きたいじゃないですか!!!

いやまぁ、それを言ったらヒガシニホントカゲを捕まえてブリードしても同じなんですけどね。それこそ、ヒガシニホントカゲ、ニホントカゲ、オカダトカゲ(P. latiscutatus )は産地ごとに集めてブリードなんてのも、ホビーとしてはかなり楽しいでしょうし…ってか、もしヨーロッパのホビイストだったら、絶対そういうコトやってるな(あんましお行儀の悪いコトも出来ないんで、伊豆諸島のオカダは手が出しづらい個体群も出てきちゃいますけど)。

ってアラ!? 話が微妙にズレた。

ま、何が言いたかったかというと、グレートプレインは綺麗なだけじゃなくて、繁殖形態も面白いトカゲなんで、この手合いのスキンクが好きな方には是非とも飼育してもらいたい逸品なんですよ、ってコトです。北米スキンクはブロードヘッドだけじゃないですから、マジで。

あ!

サイクルは北米産のナミヘビと一緒なんで、その辺をやってるナミヘビのキーパーさんにもオススメかも。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


ウェスタンフェルナンドファイアースキンク

2017/11/12 21:36
画像
Western Fernand's Fire Skink W.C. Juvnile

なんか、お客さん来ないし(涙)、メンテも思いのほか早く終わったんで、ブログでもアップしようかなと。

チョッとウチっぽくないかもですが、実は好きなんですよ、フェルナンドファイアースキンク(Lepidothyris fernandi )。この辺のスキンク、なんかイイじゃないですか、シュナイダー(Eumeces schneideri )とかアルジェリア(E. algeriensis )とかも。「綺麗で」、「ボリュームがあって」、「飼って楽し…いかどうかは微妙だなぁ(笑)。セッティングによっては、床材飼ってるだけみたいになるから。

でも、一番コンスタントに入荷するフェルナンドとシュナイダー(まぁ、亜種は限られますけど…)も入荷状態がかなり良くなって、“ちゃんと飼えるトカゲ”になったんで、この辺はホントにオススメです。床材飼ってるとか書きましたけど、ちゃんと馴らせば、餌が欲しくなったら床材やシェルターの中から出てくるようにもなるし、シュナイダーなんかは元々ケージん中をウロチョロするタイプですからね、行動を予測しながらレイアウトを組む面白さもある。

あと、入荷直後の傷だらけでボロっちかったのが、脱皮を繰り返すごとにピカピカ、ツヤツヤ、ムッチムチに仕上がってくのを時折ケージから掘り出して見るのも楽しいんですよねぇ。なんか、飼い込んでるのが目に見えて実感出来るでしょ。

因みに、今回入荷したのは

画像
Western Fernand's Fire Skink W.C. Juvnile

こんな感じで、チビチビは脱したけど、まだまだあどけなさの残るナイスサイズの個体です。

尻尾の青みもちゃんと残ってますよ。

こうやって手に乗っけたり、ステージに出して普通に撮影してますが、特別ハンドリングとかして馴らしてる訳でもないんで、これはコイツの性格なんでしょうね。ピンセットからも餌を取って食べてくれるし、あとはキーパーさんの手の掛け方次第で、ペット的な飼育も十二分に堪能してもらえるんじゃないかと。

コイツは背中に赤色もバッチシ出てるし、この大きさから飼い込んでもらえば、相当に綺麗になると思います!

そういや、キャプションも含め、本種の名前を単なるファイアースキンクではなく、フェルナンドファイアーにしてますが、これはわざとです。ボク的にフェルナンドの方がシックリくるってのもあるんですけど(それでいうと、いまだに学名もついRiopa fernandi ってしたくなっちゃうんだよなぁ)、それより何より、まずヒンケルファイアー(L. hinkeli )とキチンと分けて呼びたいなってのがあったんで、あえてフェルナンドをくっ付けました。

あと、最近は国内での繁殖例も聞かれるようになってきたから、亜種もちゃんとしとかないとね、と。

まぁ、分布域と輸出国を見てると、少なくともここ数年は基亜種のイースタン/ヒガシ(L. f. fernandi )は日本にほとんど来てないと思うんですけど、こういうのはちゃんと分けた方がホビーとしては楽しいじゃないですか。

なので、今回の個体もきちんとウェスタン/ニシ(L. f. herlani )として紹介してみました。

え!? 亜種の違い?

う〜んと、外部形態で分かりやすい部分だと、胴体中央部の体鱗列数でしょうか。基亜種の31〜34に対して本亜種は34らしいので。あと、頭部が寸詰まりで、胴体部とのくびれがあまり顕著じゃないとされていますが、これは主観的な部分も多いんで、何とも言えないかなぁ。体色も「違う」ってだけで、「どこがどう違う」みたいに具体的なコトは書かれてないし…。

そもそも、本亜種の中でだって、背中の色の濃淡とか、体側の赤の入り方とかにバリエーションがみられますからね。確かに、昔入ってきたヤツで、背中の色調が暗くて、体側もあんまし赤くないみたいなのがいましたけど、記憶なんて曖昧なもんだし、それが基亜種だったのかなんて、今じゃ確かめるコトも出来ないからなぁ。

他に確実なトコったら…輸出国か。

基亜種の分布域で1チャンあるとしたらナイジェリア、あとナイジェリアの隣のベナンから入ってきた場合も、基亜種の可能性があるかも。

それくらいかな。

とは言え、近年出回ってるウェスタンの中には背中が金ピカで、体側の赤もバリッバリに発色したヤツが多いから、綺麗なフェルナンドが欲しい方には、今の状況の方がイイかもですね。こうやって、ボクもついつい手を出しちゃったくらいですし(笑)。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


サバンナモニター “リデュースドパターン”

2017/11/08 22:47
画像
Savannah Monitor “Reduced Pattern” W.C. ♀

今年もスゴイの来ましたねぇ。

ここまでの個体は初めて見たかも、サバンナモニター(Varanus exanthematicus)のスポット柄無し。

最初のオファーはパターンレスとのコトだったんですけど…いやぁ、この辺は多いじゃないですか、“なんちゃってパターンレス(笑)”。パッと見、パターンの無いソリッドのダークグレーだったりブリックレッドだったりするんだけど、分厚い脱皮殻が取れたら、まぁ、ものの見事にノーマルだったっていう、アレ!

昔からこの辺が好きな方なら、一度くらいは「おぉ!」って無駄にときめいたコトあるでしょ!?

なので、今回オファーを貰った時も、またそのパターンなんだろうなぁと思った訳ですよ。

確かに、去年はブルーハイポ(→コチラ)やキャラメルハイポ(→コチラ)を筆頭に、色々と面白い個体を集めてもらったんですけどね。でも、流石にパターンレスは怪し過ぎ(笑)。向こうの人間を信用してない訳じゃないけど、信用どうこう以前の問題として、サバンナのパターンレスはそういう間違いが普通に起きるから。

ってなコトで、そういう素っ気ない返事をしたんですが、よく考えたら、向こうだってよく分かってるんですよね、“なんちゃってパターンレス”なんて。現地に行きやぁ、ノーマルん中にごっさりいる訳だし。それがわざわざ区別してオファーしてくるんだから、「いや、もしかしたらマジで何かあんじゃね?」とか思ったら、“コレ”ですよ!!!

まぁ、流石に“パターンレス”は言い過ぎだと思いますが(笑)、リデュースドパターンと呼ぶには十分過ぎるかなと。一番模様が目立つように撮ってこうだから、そのパターンの退縮加減はお分かりいただけるんじゃないでしょうか。

画像
Savannah Monitor “Reduced Pattern” W.C. ♀

実際の見た目はこんな感じ

サバンナの特徴である白いスポット/眼状斑模様はほぼ消え去り、焦げ茶色のアウトラインが所々に微かに見える程度っていう。

流石にアイラインや体側下部のバー模様、尻尾のバンド模様なんかは残ってますけど、それらもかなり薄いですからね、成長に伴ってかなり消えてくんじゃないかなぁ。

更に秀逸なのが、これは産地なんですかね? コイツは基調色が茶色ってよりはグレーベースで、そのグレーもかなり青みがかっているので、体側がパステルイエローとブルイッシュグレーの2トーンになってるんです。まだまだ来たばっかで、飼育環境にも慣れてない状態、しかも加温してるとは言え、気温が下がりやすいこの時期でこの色なんだから、キッチリ飼い込んでやって夏とかになったら、一体どうなるんでしょ? 表面のくすみが抜けるだけでも、結構印象変わると思いますよ。

大きさも危ういサイズはとうに脱したヤングだし、餌喰いも問題無しだし、これなら大型トカゲ飼育の醍醐味を楽しんでもらうにもバッチシなんじゃないでしょうか。これからの時期、チョッと餌のレシピに気を使ってもらう必要もありますが、そんな大したコトでも無いし、それも含めて飼育の楽しさだったりもするんで、ペットモニター…いや、ペットリザードとして珠玉の1頭をお探しの方は、是非ご検討いただければと思います。

というか、あと数頭、どれもこれも素晴らしい個体が来てるので、お時間取れる方は是非ご来店下さい。その方が件のレシピも含め、飼育について色々とお話も出来ますから。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


御礼とお知らせ

2017/11/06 22:54
画像
Fat Tailed Gecko “White Out” JPN C.B. ♂

昨日、池袋アカデミーホールにて行われましたH.B.M. 2017、クリーパー社ブースに足を運んでいただいた方々、取材に快く応じていただいた出店者の方々、そして、イベントを主催して下さる小林代表と事務局の方々、本当に有難うございました。お陰様で、今年も楽しい時間を過ごすコトが出来ましたこと、御礼申し上げます。

そして次は、ブリーダーズイベントもう片方の雄、「とんぶり 2017」ですね!

こちらもボクはまたまたクリーパー社のお手伝いとして参加いたしますので、ご来場を予定されてる方々、出店者の方々、何卒よろしくお願いいたします。

で、画像はこれらのイベントの趣旨をよく表した1頭

友人である「Punnet Square」のSai さん(→リンク)がブリードした、ニシアフリカトカゲモドキ(Hemitheconyx caudicinctus )の“キッチリ白い”ホワイトアウトです。

画像
Fat Tailed Gecko “White Out” JPN C.B. ♂

近年は白くない…というか、ぶっちゃけ“ほぼ茶色”みたいな個体も多く、ちゃんと白い個体には、既にホワイトアウトっていう品種名が付いてんのに、ハイホワ…以下、自主規制(笑)。

とにかく、「品種名の意味、分かるよね?」って聞きたくなるような状況の中、このように“品種としての基準”を忠実に守ってブリードしてくれるブリーダーさん達には、ホント頭が下がります。こういう「自分の中の基準にこだわる」ってのは、ブリーダーだのどうだのの前に、ホビイストとしてその種がホントに好きでしっかりとこの趣味を楽しんでないと出来ないコトですからね。

ってまぁ、これは日本、海外問わずか。

海外でも「ホントにスゲェなぁ!」ってレベルの個体を作ってる方々は、プロ・アマ問わず、皆さんまず第一にこの趣味を深く楽しんでますからね。

しっかし、改めて綺麗な個体だわ。

ホワイトアウトの最大の魅力である白くてもちもちとした印象の肌と、ちゃんとブルーグレーが発色する尻尾、この2つがキッチリ再現されてる。

画像
Fat Tailed Gecko “White Out” JPN C.B. ♂

そして、この独特な模様

顔の可愛さもあってか、ニシアフリカのモルフものって、妙にファンシーに見えますよね、ホント。

色みも全体的にホンワカしてるし。

これでほぼほぼ成体といって差支えないサイズ、しかもオスってのが個人的には更に魅力的だなぁと。本来ならきっちり飼い込みたい方なんかには、もっとチビチビの方が模様や色の変化も楽しめてイイんでしょうけど、ボク的には飼い込んでくれたのがSai さんってのもあって(というか、諸事情により結果的に飼い込んでもらうコトになっただけなんですが…)、それなら性別確定で、ブリードもきっちり視野に入れられる状態ってのにバリューを感じるんですよ。

この大きさなら、この色も確定ですしね。

という訳で、綺麗なニシアフリカをお探しの方は、このチャンスをお見逃しなく!


で、イベント参加で臨時休業したばっかなんですけど、明日11月7日(火)はチョッと外せない用事もあるので、17:00 開店とさせて下さい、すいません。お問い合わせに関しては、メールを送付いただければ、店に戻り次第チェックして順次返信させていただきます。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


なんか…

2017/10/04 22:54
画像
Indonesian Blue Tongue Skink “Green” W.C. ♂

こんなアップばっかでスイマセン。

チョッとEubrephalis の呪縛から逃れられず、只今絶賛バタバタ中だったりします。常日頃からコツコツと書き溜めてりゃイイんでしょうけど、なかなかそうもいかず…。

という訳で、しばらくこんな感じでご勘弁を。

因みに、先にアップしたミソール島のパシフィックツリーボア(Candoia carinata carinata )ですが、撮影をサボってモタモタしてるうちにオーナー様が決定いたしまして、個別撮影および詳細アップが出来なくなってしまいました、スイマセン。もしも楽しみにお待ちいただいてた方がいらっしゃいましたら、お詫び申し上げます。でも、大切にしていただける方の所に行ったので、個人的にはとても良かったなと。

で、画像は黒いアルーアオジタ(Tiliqua gigas ssp. cf. keyensis )の衝撃冷めやらぬ間に、新たなる刺客とでも言いましょうか、今度はアンボンアオジタトカゲ(T. g. gigas )のグリーンです。久々に「これぞ、グリーン!」って個体を入手するコトが出来ました。このレベルの個体、ボクは久々ですかね。

まぁ、あくまでも“ボクは”なんですけど。


※10/4 開店時間の遅延、ご迷惑をお掛けいたしました。お詫び申し上げます。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


これ、ヤバイ!

2017/09/25 22:12
画像
Aru Islands Blue Tongue Skink “Dark Phase” F.H. ♂

いや、ホントは別のモノをアップしようかと思ってたんですけど、ちょうど脱皮が終わってんのを引っ張り出したら、予想以上にカッコ良くなってたんで、思わずコイツに変えちゃいました。

アルーアオジタトカゲ(Tiliqua gigas ssp.)のダークフェイズ

お陰様で、あの綺麗なライトフェイズのメスは新しいオーナー様が決まって、残すはコイツのみとなったんですが…こういう仕上がりを見せられると、焦って売らなくてもイイかなぁとか思っちゃいますよね(笑)。個人的にはスモーキーなダークブラウンと、オールドモルトのようなアンバーブラウンのコントラストがもうチョイ出るんじゃないかと思ってたんですけど、イイ意味でボクの予想を裏切ってくれまして、ここ何回かの脱皮で一気に全身が重厚感のある暗色調に。

惜しむらくは、画像だとストロボの光が反射して、少しテラって見えちゃってる所なんですが、実物はボリューム感も相まって、更に重厚感と高級感が増して見えますから!

これはマジで!!!

画像
Aru Islands Blue Tongue Skink “Dark Phase” F.H. ♂

しかし、ライトフェイズもそうでしたが、このくらいの大きさになると、ケイ(T. g. keyensis )とは完全に別モノってのが分かりますね。飼い込んだケイって、深い森の地衣類や落ち葉に覆われた地表を思わせる、ケイだからこその凄くステキな体色になるんですが、アルーはもっと人工的というか、ライトフェイズだと日本庭園的な計画された自然っぽい感じ、ダークフェイズは更に人の手が加わり、さながら木工製品のような感じになる気が…って、例えが分かりづらいですか(笑)?

でも、そんな印象なんですよ。

とにかく、素晴らしいアオジタだよっていう。

でまぁ、コイツなんですが、一応まだ幼体ん時の価格そのままで販売したいと考えていますので、興味のある方はお早目にお問い合わせ下さい。もう少ししたら然るべき値段に変更しちゃうんで、悪しからず!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック 0 / コメント 4


ソメワケササクレヤモリ “トランスルーセント×ブロードバンデッド”

2017/08/21 23:24
画像
Paroedura picta “Het. for Translucent (Transluent × Broad Banded)” Japan C.B. Pr.

いわゆるヘテロのトランスルーセント

ウチでソメワケ(Paroedura picta )っていうと、秋海棠さんが思い浮かぶかもですが、今回紹介するのは秋海棠さんとは別のブリーダー氏による作出個体です。

っても、オス親は秋海棠ブリードの透け透けトランスルーセントなんですけどね。ソイツにボクがピックしてきたワイルド由来のブロードバンデッドを掛けて出てきたのがコイツラだったりします。このブリーダー氏には秋海棠さんとは別方向のプロジェクトをいくつかお願いしてて、今回はその第1弾みたいな感じでしょうか。狙いはボール(Python regius )でいう所のリデュースド/ジェネティックバンデッドやエンチなんかのコンボと同じで、「色の入るバンド(色面)を広くしよう」って方向性です。

で、結果はご覧の通り

まぁ、あくまでも主観に依る所ですが、交配第1世代ながら、ブロードバンデッドの影響はそれなりに出てるんじゃないでしょうか。

ただ…

画像
Paroedura picta “Het. for Translucent (Transluent × Broad Banded)” Japan C.B. ♂

このオスの色は何?

いや、最初は脱皮前かなんかでくすんでんのかと思ったんですよ。でも、そうじゃなくて、デフォでこの色なんですよねぇ、コイツ。このアネリチックな赤みの無いグレー、なんなんでしょ!? ソメワケのカラーモルフって、遺伝形式は劣性のくせして、まるで不完全優性みたいにF1から何らかの影響が出るコトがあったりするんですね。これはザンティックなんかでも。

なので、コイツのこの体色も恐らくはトランスの影響だとは思うんですが、それにしては見事にグレーだなと。

画像
Paroedura picta “Het. for Translucent (Transluent × Broad Banded)” Japan C.B. ♀

メスは普通にこんな感じですからね。

きちんとノーマル然としてて、「これぞ、ヘテロ!」って感じ。

まぁ、片親のメスがワイルド由来ってのもあるんで、この辺は来年以降、もう少し個体数を取って、要検証って所なのかな。雌雄による発色の差、みたいな可能性も無きにしも非ずですし。

という訳で、コイツラは単にヘテロトランスルーセントとして単体ずつでも販売いたしますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。因みに、ザンティックほどとは言いませんが、トランスもホモ×ホモより、ホモ×ヘテロの方が厄介な子供が産まれる可能性が格段に減少します。皮膚の質感から分かる通り、トランスってベビーの時の育成にチョッとコツがいるんで、産まれた時の状態がかなり重要になりますからね。

ま、とりあえず、トランスを作り込んでいくにもヘテロが重要ですよってコトで。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


トルキスタンスキンクヤモリ “選抜個体”

2017/08/20 21:22
画像
Common Wondering Gecko “Cherry Picked Specimen” W.C. ♀

前にアップしたペアもまだ残ってるってのに…。

でも、この“ほんわかパステルカラー”は反則ですよ!こんなのが来ちゃったら、買わない訳いかないじゃないですか!!!

という訳で、スルーする気満々だったトルキスタン(Teratoscinus scincus scinus)、補充です。前からいるペアとは一回り半くらい大きさが違うので、コイツは単独飼育にして様子見しています。まぁ、着状態もイイし、餌もアホのように食べるから、あとは砂漠/荒地の地上性ヤモリの基本を守ればOKかなと。

これで2〜3回脱皮して、細かな傷も目立たなくなれば、更に綺麗になるんだろうなぁ。

因みに

画像
Common Wondering Gecko “Cherry Picked Specimens” W.C. Pair

先述のペアはすっかりプックプク。

脱皮前ってのもあるのか、画像では雌雄共にややくすんでますけど、オスはあのオレンジの発色がそのままに、基調色の黄色はより明るくなりましたからねぇ、今回のパステルちゃんと掛けたらチョッとスゴそう。メスも基調色の黄色と模様のチョコレート色のコントラストが綺麗になったし、春先には無精卵を落としてたんで、上手くいけば来シーズン、まずはこのペアからの綺麗な子供が見れるかもしれません。

なので誰か、挑戦者求ム。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


赤っ…くない!

2017/07/23 23:01
画像
Fat Tailed Gecko “Unproven Axanthic” W.C. ♀

※7/24 リンクなど、細かな修正を加えました

そういや、すっかりアップするの忘れてましたが、こんなのもいるんすよ。

前にチラッとオスをアップした(→コチラ)野生下採集由来の未検証アザンティックその2、コイツはメス。

赤みの抜けた全体的にボソッとした体色が特徴的ですが、前にペアでアップしたの(→コチラ)とは非対立形質だと思います。件のペアはアザンってよりアネリって感じの仕上がりを見せてますから。んで、気になる飼育に関してはというと、W.C.の色彩変異個体ではあるものの、そこは特に気難しさみたいなモノは無く、飼い応えもほぼほぼC.B.と遜色無い感じと考えてもらってOKかもしれません。冒頭でも書いたように、アップするのを忘れてて、それなりの期間を店で過ごしてるせいか、今じゃW.C.の気難しさみたいなモノもだいぶ薄れ、普通にピンセットからコオロギ食べるくらいのコトはしてます。

でも、たまに「ハァ〜!」って怒るんだよなぁ…(笑)。

ま、色々と“遊べる”方には、結構面白い個体でしょ、ってコトで。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
予定変更
予定変更 Crested Gecko “Yellow Creamsicle” E.U. C.B. Juvnile ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/01 22:56
ア○イブ○ック
ア○イブ○ック Red Tegu “Ruby Red Hypo.” F.H. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2017/06/12 22:13
777777
777777 Fat Tailed Gecko “Unproven Axanthic” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/28 21:12
アンボンアオジタトカゲ
アンボンアオジタトカゲ Indonesian Blue Tongue Skink J.P.N. C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/26 21:50
レッドテグー “ルビーレッドハイポ”
レッドテグー “ルビーレッドハイポ” Red Tegu “Ruby Red Hypo.” F.H. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2017/05/22 21:10
ゴールデンウィークのスケジュール
ゴールデンウィークのスケジュール Red Tegu “Ruby Red Hypo.” F.H. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/08 00:00
チビッ子
チビッ子 Indonesian Blue Tongue Skink TRUE J.P.N. C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/05/06 22:58
ヘリスジヒルヤモリ “P. l. chloroschelis Type”
ヘリスジヒルヤモリ “P. l. chloroschelis Type” Lined Day Gecko “P. l. chloroscelis Type Population” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/24 23:22
アンボンアオジタトカゲ “レッド”
アンボンアオジタトカゲ “レッド” Indonesian Blue Tongue Skink “Red” W.C. Young ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/04 22:53
ボウシトカゲモドキ “アベラント”
ボウシトカゲモドキ “アベラント” Central American Banded Gecko “Aberrant” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/03 22:00
これはこれで
これはこれで Fat Tailed Geko “Dusty” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/31 22:49
行ってきました
行ってきました Gonatodes albogularis notatus Japan C.B. ♂ <参考生体> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/27 22:08
お知らせ〜
お知らせ〜 Central American Banded Gecko “Aberrant” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/22 22:20
ニシアフリカトカゲモドキ “ダスティ”
ニシアフリカトカゲモドキ “ダスティ” Fat Tailed Gecko “Dusty” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/05 22:36
ニシアフリカトカゲモドキ “野生由来未検証アザンティック”
ニシアフリカトカゲモドキ “野生由来未検証アザンティック” Fat Tailed Gecko “Wild Caught Unproven Axanthic” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 22:19
これまたスッゲエの来た!
これまたスッゲエの来た! Nile Monitor “Blue” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/11 21:35
メラウケアオジタトカゲ “ブリックレッド”
メラウケアオジタトカゲ “ブリックレッド” Merauke Blue Tongue Skink “Brick Red” F.H. Young (Highly Possible ♀) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/05 21:36
アカメカブトトカゲ “ブリーチド”
アカメカブトトカゲ “ブリーチド” Red Eyed Crocodile Skink “Bleached” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/30 22:44
ヤバイ
ヤバイ Red Eyed Crocodile Skink “Bleached” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/28 23:07
つやつや
つやつや Aru Islands Blue Tongue Skink “Dark Phase” F.H. Baby (Highly Possible ♂) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/23 20:52
ソメワケササクレヤモリ “バンデッド”
ソメワケササクレヤモリ “バンデッド” Paroedura picta “Banded” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/20 23:04
ソメワケササクレヤモリ “ブロードバンデッド”
ソメワケササクレヤモリ “ブロードバンデッド” Paroedura picta “Broad Banded” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/18 23:14
ソメワケササクレヤモリ “ナローバンド”
ソメワケササクレヤモリ “ナローバンド” Paroedura picta “Narrow Banded” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/16 22:17
ソメワケササクレヤモリ “未検証フェイデッド形質”
ソメワケササクレヤモリ “未検証フェイデッド形質” Paroedura picta “Unproven Fader” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/09 21:34
アルーアオジタトカゲ
アルーアオジタトカゲ Aru Islands Blue Tongue Skink “Dark Phase” F.H. Baby (Highly Possible ♂) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/07 21:44
2016年も
2016年も Crested Gecko “Tricolor” U.S.A. C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/31 20:14
もぉ、今日が最終日なのにぃ
もぉ、今日が最終日なのにぃ Ambon Aru Islands Blue Tongue Skink “Light Phase” W.C. Baby (Highly Possible ♀) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/28 22:46
ソメワケササクレヤモリ “ソルト & ペッパー”
ソメワケササクレヤモリ “ソルト & ペッパー” Paroedura picta “Salt & Pepper” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/21 19:41
ソメワケササクレヤモリ “暗色選抜個体”
ソメワケササクレヤモリ “暗色選抜個体” Paroedura picta “Dark Colored” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/20 20:51
ソメワケササクレヤモリ “ストライプ”
ソメワケササクレヤモリ “ストライプ” Paroedura picta “Stripe Phase” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/14 19:45
クレステッドゲッコー “トライカラー”
クレステッドゲッコー “トライカラー” Crested Gecko “Tricolor” U.S.A. C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/11 21:18
はちくらサービスデーのお知らせ(笑)
はちくらサービスデーのお知らせ(笑) Savannah Monitor “Caramel Hypomelanistic” F.H. (?) ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/29 22:12
オルナータナイルモニター
オルナータナイルモニター Ornate Nile Monitor F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/13 22:49
偶然
偶然 Ornate Nile Monitor F.H. Baby ※9/9 綴り間違い直しました…恥ずかしい ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/07 22:43
カレー食べたくなる
カレー食べたくなる Savannah Monitor “Yellow & Brick” F.H.(?) ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/09/04 20:16
サバンナモニター “ブルーハイポ”
サバンナモニター “ブルーハイポ” Savannah Monitor “Blue Hypomelanistic” F.H.(?) ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/09 21:09
ひたすら地道に
ひたすら地道に Paroedura picta “Lavender Color” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/08 22:37
トルキスタンスキンクヤモリ “選抜個体”
トルキスタンスキンクヤモリ “選抜個体” Common Frog Eyed Geckos “Cherry Picked Specimens” W.C. Pair ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/02 21:41
対比
対比 Savannah Monitors “Axanthi & Lime Green” F.H. Babies ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/31 20:27
スティンガーか!
スティンガーか! Fat Tailed Gecko “STINGER Type” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/29 21:35
ニシアフリカトカゲモドキ “ゼロ…モドキw”
Fat Tailed Gecko “Zero Type” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/27 23:06
気分転換に
Savannah Monitor “Silver Hypo.” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/19 21:54
コワレモノ注意
Common Frog Eyed Gecko W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/15 21:57
りっべ〜んじ!
Savannah Monitor “Axanthic” W…F.H.? Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/03 20:49
ソメワケササクレヤモリ “特選抜個体”
Paroedura picta “Cherry Picked Specimen” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/02 22:35
サバンナモニター “ブルーパステル”
Savannah Monitor “Blue Pastel” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/27 23:01
サバンナモニター “スペックル”
Savannah Monitor “Speckled” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/22 23:09
ソメワケササクレヤモリ “ゴーストタイプ”
Proedura picta “Ghost Type” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/21 21:42
サバンナモニター “アザンティック”
Savannah Monitor “Axanthic” W.C. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/18 22:58
ソメワケササクレヤモリ “ハイポルッカー”
Paroedura picta “Hypo. Looker (Unproven Hypomelanistic Type)” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/14 22:05
ジャブだけでも打っとくか…
Savannah Monitor “Speckled” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/08 21:52
手短に
Paroedura picta “Unproven Faded Morph” W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/05 20:33
クレステッドゲッコー “レッド & クリームピンストライプ”
Crested Gecko “Red & Cream Pinstripe” U.S.A. C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/03 17:53
クレステッドゲッコー “バイカラーダルメシアン”
Crested Gecko “Bicolor Dalmatian” U.S.A. C.B. Baby (Highly Possible ♂) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/10 22:40
ソメワケササクレヤモリ “ワイドストライプ”
Paroedura picta “Wide Stripe (Regenerated Tail)” E.U. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/04/03 22:20
参考までに
Paroedura picta “Het. Ghost Het. Blur” Japan C.B. ♂ <参考個体> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/14 23:05
ソメワケササクレヤモリ “ブルーアイゴースト”
Paroedura picta “Blue Eyed Ghost” Japan C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/13 21:46
グリーン
Paroedura picta “Unproven Morph” W.C. ♀ <過去販売個体> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/27 17:06
ブルー
Paroedura picta “Blue Eyed Coral” Japan C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/13 20:12
告知
Paroedura picta “Translucent” Japan C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/08/21 22:27
涼やか〜
Paroedura picta “Translucent” Japan C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/19 20:49
ソメワケササクレヤモリ “コーラル”
Paroedura picta “Coral (Japanese Line Selective Bred Orange Xanthic)” Japan C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/17 22:14
ソメワケササクレヤモリ “オッドカラーコーラル”
Paroedura picta “Odd Colored Coral Xanthic” Japan C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/15 22:16
ソメワケササクレヤモリ “トランスルーセント”
Paroedura picta “Translucent” Japan C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/10 23:11
明るくなると
Paroedura picta “Unproven Morph” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/21 20:47
そこそこ本気
Paroedura picta “Ghost” Japan C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/20 22:39
鋭意継続中
Savannah Monior “Fader” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/18 19:13
トカゲが続いてるんで
Black Throat Monitor “High Color” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/17 22:42
ソメワケササクレヤモリ “未検証形質”
Paroedura picta var. “Unproven Morph” W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/16 22:30
Uroplatus fimbriatus “モッシーグリーン”
Uroplatus fibriatus “Mossy Green” W.C. ♀ <調整中> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/03/14 21:37
サバンナモニター “フェイダー(仮)”
Savannah Monitor “Fader” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/10 22:02
あけました
Black Throat Monitor “High Color” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/06 21:55
ミスジドロガメ&年末年始スケジュール
Three Striped Mud Turtle “Tanslucent Lineage” Herp. Supply C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/26 22:18
ソメワケササクレヤモリ “ゴースト”
Paroedura picta var. “Ghost” Japan C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/24 23:13
ブラックスロートモニター “イオニデスタイプ”
Black Throat Monitor “Ionides Type (Dar es Salaam Phase)” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2014/12/15 21:57
ブラックスロートモニター “ハイカラー”
Black Throat Monitor “High Color” F.H. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/12 21:41
惜しい気もするんですが…
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. Proven Pr. ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/02 22:15
チビッ子
Pachydactylus tigrinus “Mozambique Form” Japan C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/13 20:02
クレステッドゲッコー “ダーク/オレンジピンストライプ”
Crested Gecko “Dark/Orange Pinstripe” U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/01/08 20:38
はんくら御礼
Fat Tail Gecko Japan C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/25 21:17
今年も産まれました
Pachydactylus atorquatus Herp. Supply C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/14 22:55
白砂バージョン
Leopard Gecko “Galaxy/Total Eclipse” U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/31 19:54
レオパードゲッコー “ギャラクシー”
Leopard Gecko “Galaxy/Super Snow Eclipse” U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/16 22:22
Dog Tame
Two-Striped Water Monitor “Sulfur” C.R. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2013/07/15 20:14
持って…る?
Pachydactylus bicolor var. “Southern (Erongoberg) Form” U.S.A. C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/06/02 20:10
小さいけど
Pachydactylus bicolor var. “Southern (Erongoberg) Form” U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/14 22:58
リクエストにお応えして
Fat Tailed Gecko “Connected Back Pattern” W.C. ♀ <HOLD> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/08 22:37
ファットテールドゲッコー “XXxXXXモドキ”
Fat Tailed Gecko “Connected Back Pattern” W.C. ♀ <HOLD> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/06 22:32
今日の1枚
Gallotia galloti galloti E.U. C.B. ♂ (ペア販売) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/01 22:50
今日の1枚
Pachydactylus tigrinus  “Mozambique Form” Herp. Supply C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/08 23:05
ネイチャーフォト…風
Uroplatus sp. cf. ebenaui Madagascar W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/03 21:31
Uroplatus sp. cf. ebenaui
Uroplatus sp. cf. ebenaui Madagascar W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/26 23:12
ぐあぁぁぁ
Uroplatus sp. cf. ebenaui Madagascar W.C. ♀ <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/24 22:30
今日の1枚
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. ♀ ※ペア販売のみとさせていただきます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/19 22:59
星空その2
Pachydactylus bicolor “Southern/Erongoberg Form” U.S.A. C.B. ♂ (※販売はペア単位のみです) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/23 21:08
星空
Pachydactylus maraisi  U.S.A. C.B. ♂ (※販売はペア単位のみです) <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/22 22:26
来ちゃった…
Crested Gecko “Dark Bi-Color” U.S.A. C.B. ♀ <参考個体> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/15 23:10
はんくら
Pachydactylus tigrinus  “Mozambique Form” Herp. Supply C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/17 21:49
とんぶり2012御礼と報告
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. Pr. ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/08 22:24
色々と
Pachydactylus atorquatus Herp. Supply C.B. Baby ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/15 22:19
すいません…
Common Barking Gecko W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/15 20:37
こんなのも
Logger Head Musk Turtle “White” C.B.  <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/06 22:49
Ptenopus garrulus garrulus
Common Barking Gecko W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/27 22:24
確定でしょ
Gargoyle Gecko “Orange Stripe” U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/30 19:56
セクシーショット
Cat Gecko W.C. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/25 22:22
気付くと連休終盤…
【お客様各位】 ゴールデンウィークの営業スケジュールは以下の通りとなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/05 20:02
星屑
Pachydactylus maraisi U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/17 18:07
おっ!
Gargoyle Gecko “Orange Stripe” U.S.A. C.B. ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/04/13 22:42
コレクション熱
Pachydactylus mclachlani U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/08 21:59
まぁ
Crested Gecko “Full Pinstripe Harlequin” U.S.A. C.B. ♀ <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/01 20:53
ばいからー
Pachydactylus bicolor U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/27 21:10
一時中止ってコトで
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/26 20:23
うぉ!スゲぇ
Gargoyle Gecko “Orange Stripe” U.S.A. C.B. ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/25 20:23
今日の1枚
Pachydactylus maraisi U.S.A. C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/18 18:51
チョコっと紹介
Pachydactylus maraisi U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/16 22:19
燃え上がれ!
Gargoyle Gecko “Orange Stripe” U.S.A. C.B. ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/13 22:21
ガーゴイルゲッコー
Gargoyle Gecko “Orange Stripe” U.S.A. C.B. ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/03/12 21:01
クレステッドゲッコー “フルピンストライプハーレキン”
※03.11. 20:20 追記 性別のご質問に対しまして、オスと伝えておりましたが、正しくはメスです。申し訳ございません。お問い合わせいただいた方々にはお詫び申し上げます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/11 19:55
臨場感重視?
成田から帰ってきて、今生体をケージに移し終えたトコです。とりあえず簡単に撮影もしたので、ご覧下さい。まぁ、多少のピンボケやデリカップまんまってのは輸入したての臨場感を出したってコトで(笑)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/10 00:13
コッチもメス…
Bearded Dragon “Yellow Hypo. Italian Leather Back” U.S.A. C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/27 17:00
じゃ、詳細をば
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. Pr. ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/24 19:28
フトユビヤモリ
Pachydactylus atorquatus U.S.A. C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/17 21:35
イロワケヤモリ
Gonatodes vittatus “Mainland Form” U.S.A. C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/13 19:53
キャットゲッコー
Cat Gecko W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/04 23:05
フトアゴヒゲトカゲ “イエローハイポイタリアンレザーバック”
Bearded Dragon “Yellow Hypo. Italian Leatherback” U.S.A. C.B. Adult ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/01 22:50
新入荷でございます
African Fat Tailed Gecko “New Strain Patternless” W.C. ♂ <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/29 21:25
レッドテグー
Red Tegu C.H. <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/01 20:44
スポッテッドツリーモニター
Spotted Tree Monitor “High Color” Indonesia C.H. <SOLD OUT> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/03/23 21:57
マングロー……ブ?
Varanus sp. cf. indicus ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/26 21:35
明日か明後日くらいに
嵐の連休も終わりましたね。お蔭様で、遠方からご来店下さった方もいたりと、ボク的にはなかなか楽しい連休となりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/22 22:34
ミナミパプアアオジタトカゲ(仮)
South Papuan Blue Tongue Skink W.C. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/18 19:38
キタアオジタトカゲ “キャラメル”
Northern Blue Tongue Skink “Caramel” C.B. ♂ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/17 19:03
キタアオジタトカゲ
Northern Blue Tongue Skink C.B. ♀ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/14 18:35
ピーチスロートモニター “バタンタアイランド”
せっかく原稿終わったのに…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/27 19:03
シトロン
チョッと露出がオーバー気味だけど…ま、イイか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/18 18:03
Pastel Clear Nailed
また随分と間が空いてしまいました…すいません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/18 18:04
相性
ってありますよね?対人は勿論のこと、対動物でも。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/18 20:11
あごひげ〜
ブリーディング繋がりってことで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/04 19:18
フトアゴ
前にもチョコっと紹介しました、クリアネイル(白色系)×パステル(オレンジ系)の子供達。3頭ほど余剰のオスが出たので、そいつらも販売いたします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/21 16:43
満腹
ピンクマウスをしこたま食べて大満足のターコイズ♂。♀も木の上での〜んびり昼寝…と思ったんですが、カメラを向けた途端、「餌ですか〜?」と寄ってきてしまい、撮影失敗。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/17 14:49
ターコイズ!!!!!
おぉぉぉぉぉ!!!!! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/10 16:23
Clear Nailed×Pastel
ウチとしては随分久々、フトアゴです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/20 19:37
Timor Monitor
単発ではありますが、ウチには珍しく(?)モニターの新入荷です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/08 18:56
そういや
結構前のことなんで既に知っている方も多いかと思いますが、オーストラリアから新種のモニターが記載されました。ウチはこの手合いのものを扱わないし、そういったものが好きな人はウチのブログなんて見ないだろうから「まぁ〜イイや〜」なんて思ってたんですけど、よく考えたらボク、オオトカゲの本書いてたんですよね…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/30 17:11

トップへ | みんなの「トカゲ」ブログ

はーぷさぷらい徒然日記 トカゲのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる