イースタンブラックキングスネーク “アラバマ”

画像
Eastern Black King Snake “Alabama” Punnet Square C.B. ♂

ふぅ、PC復活!

いやぁ、調子悪くなってどうしたもんかと思ったんですが…上手いコト格安中古で同型機が出てきて一件落着。モニターの色みなんかはも少し調整しなくちゃダメっぽいものの、キーボードのレイアウトやピッチは慣れ親しんだPCそのままですからね、使い勝手は言うコト無しですよ。

にしても、問題無くサクサク動くPCってイイわ(笑)。

という訳で、久々の更新になっちゃいましたが、どうですコイツ?スゴイでしょ!?

コモンキングスネーク(Lampropeltis getula )コンプリートのキータクソンともいえるイースタンブラックキング(L. g. nigra )、そのアラバマ州オリジンの個体です。

画像
Eastern Black King Snake “Alabama” Punnet Square C.B. ♂

って、一口にアラバマ州と言っても、アラバマ州ってヒラタ(Sternotherus depressus )/スジクビニオイガメ(S. minor peltifer )の例もあるように、地形のせいで生物の分布の仕方が独特なんですよ。コモンキングにしたってイースタンブラック、スペックル(L. g. holbrooki )、イースタン(L. g. getula )、これら3亜種の分布境界が存在する。こんなのはアラバマ州だけ。なので、ホントなら郡くらいまで分かってるとベターだったんですけどねぇ。

でも、コイツに関しては親の親までボクが全て確認し、その上で親となった個体をアメリカから導入したんで、ピュアリティは折り紙付き!

そして、そういう特殊な地域のイースタンブラックなんて、今ではアメリカ、ましてやヨーロッパなんかじゃそうそう入手出来ないじゃないですか。なので、こうやって維持していてくれたブリーダー氏…って、Punnet SquareのSaiさん(→リンク)なんすけど、にはホント感謝です。

画像
Eastern Black King Snake “Alabama” Punnet Square C.B. ♀

しかも、今回はペアで来てるっていう!

と言っても、“黒いキングスネーク”ってえと、究極の黒ヘビでもあるメキシカンブラック(L. g. nigrita )がいるんでね、普通に見たらブラックキングという名前の割に、見てくれは“地味なスペックル”にしか見えないかもですが(笑)。

でも、それがイイんですよ!!!

特にスペックルを飼ってる人間からすると、コイツラがいないと何か片手落ちな感じが拭えないし。何だったらもっとこだわって、“カンザスキング”、スペックル、イースタンブラックって揃えたいくらい。

画像
Eastern Black King Snake “Alabama” Punnet Square C.B. ♀

因みに、いま明瞭に見えてるパターンは大きくなるに従って、徐々に不明瞭になっていきます。

ただし!

先ほども書いたように、ブラックという名前は付いてるものの、MBKのようなソリッドブラックになることは絶対にありません。それこそ、あえて悪く言うなら、模様は中途半端に残ります。なので、「黒いヘビが欲しいんです!」って方はやめといた方がイイです(笑)。

でも、アメリカのヘビが好き、キングスネークが好きって方だったら、壮絶に楽しんでもらえるんじゃないかと思います。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

この記事へのコメント

青木くん
2019年04月11日 04:40
コモンのなかでは可愛いですよね、スペックル同様に。
グレイバンド、メキシカンみたいに食いムラもあまり無いし
コモンのなかでも顔やボリュームが可愛いと思う。色彩も奥ゆかしいし。
G!!
2019年04月11日 21:11
>青木くんさん
そうそう!イースタンブラックとスペックル、この中部の2亜種は可愛いですよね。ただ…その分、ハッチが小さくて初期の餌付けが大変なんですけど(笑)。まぁ、今回の個体達はしっかり餌付いて、しっかり成長してるんで、安心です。

この記事へのトラックバック