ギリシャイシガメ “東部型”

画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♂ <ペア販売のみ>

あ、まずお断りしておきますと、この“東部型”とか“東部個体群”ってのはボクが便宜的に付けた名称なんで、一般的な呼称じゃありません。

でも、分布域の東西である程度明確な色彩的差異があるのは確かですし、昔からこの手合いが好きな方はそうだと思うんですけど、やっぱリブラータ(Mauremys rivulata )って言われると分布域西部のクロアチアからギリシアにかけて見られる黒みが強くモノトーンなタイプ、いやゆる“バルカンポンドタートル”が思い浮かぶじゃないですか。それなら、これらのバリエーションに対して何らかの区別をした方がカスピイシガメ(Mauremys caspica )との違いや関係性も含め、シンプルに考えやすいかなって。

というか、実際にこのタイプの流通が多くなった頃、「コレってホントにカスピじゃなくてリブラータ?」って質問を複数の方から聞いたってのもあり、ボクはこんな感じで分けています。

画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♂ <ペア販売のみ>

でまぁ、そのリブラータの東部型

確かにパッと見はカスピ…というか、基亜種のヒガシカスピ(M. c. caspica )と似ていますよね。背甲や四肢、頸部の模様、体色など、背面から見たらホントにそっくり。特に幼体なんて、どちらも模様がハッキリしてるから、こりゃ混同するのも仕方無いでしょってレベル。

しかも、分布域も近接してるんで、シッパーすら混同してたりもするし…。

ところがこの両者、実は引っくり返してお腹側を見れば、一目瞭然なんすよね。

これは東部型、西部型関係無く、リブラータはブリッジも黒色に覆われるんですよ。それに対し、ヒガシカスピを含めたカスピ連中はブリッジがほぼ明色で、黒色はシームを縁取るように広がる程度っていう。

分かりやすいでしょ!?

って、昔から普通に言われてたコトだから、そんなにドヤッて説明するモンでも無いのか(笑)。

画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♂ <ペア販売のみ>

因みに、この東部型は西アジアの地中海周辺地域に見られ、今回の個体もシッパーはエジプトですが、原産国は政治や治安など諸々の状況も鑑みるにヨルダン辺りなのかなぁって思います。以前はヨルダンからこのタイプのチビが来てましたしね。

しかし、前の記事にも書きましたが、このサイズのワイルドなんて初めてみましたよ。いっつもチビかタバコの箱サイズの個体しか来ないから、飼い込みで大きくなったヤツ以外でここまでのモノは見ませんもん。

そして、綺麗でカッコイイ!

オスはペッタンコで、頸部や四肢だけでなく、頭部にもトライバル模様のようにストライプがビシッと入ってるでしょ。やっぱ、地中海系のイシガメと言えば、ストライプ模様が魅力じゃないすか。

画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♀ <ペア販売のみ>

メスはオスとは対照的

甲羅に厚みが出て、全体的に淡いオリーブグリーンに!

一瞬、ヤキ(Trachemys yaquia )やカリブ系スライダー(Trachemys spp.)のメスみたくも見えて、最初にこれだけ見せられてたら、チョッと種を判別するの戸惑ったかもしれません。それくらい、我々がイメージするリブラータやカスピとは違います。

どっちかてぇと、スペイン(M. leprosa )っぽいかな。

画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♀ <ペア販売のみ>

腹甲

やっぱしブリッジは黒いです。

画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♀ <ペア販売のみ>

顔はこんな感じ

ストライプが不鮮明になって、色も緑~黄色系になっているので、我々のイメージする“イシガメっぽさ”はメスの方があるかもしれませんね。

しかし、今回のペアは何と言っても大きさとボリューム感ですよ。日本でこのサイズの地中海系イシガメなんて滅多に見ませんから、それだけでかなりのインパクトがあると思います。でも、それでいて室内で扱えるサイズなのがまた嬉しいですね。

で、最後に飼育について

本種に限らず、広域分布種ってその種ってだけで飼育方法を一緒くたにされるコトが多いんですが、コイツラをバルカンポンド、つまり西部型の連中と同じに考えてると、時期によっては状態を崩すコトに繋がります。なので、その辺はお買い上げの際に押さえるべきポイントをキッチリ聞いて下さい。ただまぁ、人工にもバッチシ餌付いてるんで、この時期に導入してもらえば順調に飼育環境への馴致が出来ると思います。

あ、それと!!!

あと1頭、スペシャルな個体が来てるんで、それも撮影が終わり次第アップします。それまで我慢出来ない方は、是非とも週末にご来店下さい。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

スッゲェの来た!

画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♂

詳細は明日以降にキッチリとアップするんで、とりあえずは画像を見て下さい!!!

飼い込みじゃなくて、バリバリのワイルドでこのサイズは初めて見ましたよ、ギリシャイシガメ(Mauremys rivulata )の東部個体群というか東部型。

むちゃくちゃカッコイイ

画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♀

コッチがメス

メスは背甲の模様が薄れ、ここまでオリーブ色になるんですね! チョッとビックリ!!!

因みに、簡単なトリートメントは済ませてあるんで、雌雄共に人工飼料をバッカバカ食ってます。ワイルドで、ペア揃ってて、状態も安定してるリブラータ、最高でしょ!? 色柄と着状態を厳選した1ペアしかいないので、早い者勝ちでよろしくお願いします。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

カブトニオイガメ “W.C. 明色選抜個体 ♂”

画像
Razor Back Musk Turtle “Cherry-picked Light Colored Specimen” W.C. ♂

原産州の捕獲規制により、すっかり姿を見なくなったW.C. (Wild Caught: 野生下採集)のレイザーバック(Sternotherus carinatus )でございます!

しかも、コンスタントに輸入されてた頃から数がそんな多くなかったオス!!!

更に言えば、コイツは背甲が透け、体色も明るくなった選抜個体です…って、ウチで扱うレイザーってこんなんばっかだから、コイツ単体だけで見ると至って普通ですよね(笑)。

背甲もコケコケで緑色だし…。

画像
Razor Back Musk Turtle “Cherry-picked Light Colored Specimen” W.C. ♂

でも、苔の隙間から見える甲板は下の骨板が透けた明るいペールイエローでしょ!?

そんでもって、暗色の放射柄もすっかり退縮しちゃって、不鮮明な明褐色のスポットが疎ら~に散在するだけになってますからね。というか、パッと見、パターン無しっぽい。

あと、この紫がかった明るいホワイトグレーの皮膚ですよ!

やっぱ、この“透け感”こそが明色系レイザーの魅力かなと!!!

頭部が薄っすらと黄~緑色を帯びるのも、こんだけ皮膚の色が淡いからこそ。そして、当然のように前肢、後肢とも爪は真っ白クリアネイル…って、これは普通の個体でも結構いるか(笑)。でも、芯までキッチリ抜けてるの見てもらえれば、白い容器で飼われて単に色が飛んだだけじゃないってのはお分かりいただけますよね?

画像
Razor Back Musk Turtle “Cherry-picked Light Colored Specimen” W.C. ♂

頭部もこのボリューム感

って、このご時世、あんましW.C.を礼賛するような煽り文句は良くないのかな?

でも、この頭部のフォルムはどうしてもねぇ。

そりゃ、C.B. (Captive Bred: 飼育下繁殖)個体だって、近い感じに育て上げるコトは出来ますよ。でも、それには自ずと10年単位の時間が掛かるし、何だったら小さい頃からの育て方に因ってしまう部分も無きにしも非ずじゃないですか。そうすっと、やっぱりW.C.個体だからこそのフォルムってどうしても魅力的に見えちゃうなぁと。

これはもう、正直な気持ちで。

ただ、こういう綺麗な色の個体って、C.B.のチビから育てた方がピカピカで綺麗になるから、そういった面ではC.B.にはC.B.だからこその魅力がしっかりあるんですけどね。

って、話がとっ散らかってきた(笑)。

ま、とにかく、今やただでさえ入手が簡単ではなくなってしまったW.C.のオス、しかもこんだけの色をしていて、人工への餌付けは勿論、日本の飼育環境への馴致などのケアもしっかり終わった個体の販売ですから、探していた方はこのチャンスを逃さないようにして下さい。

次はお約束出来ませんので。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

こんだけ綺麗だと

画像
Moluccan Python “Stripe” W.C./L.T.C. ♀

やっぱバンバン撮影しちゃいますよねぇ。

餌を食べた後、ホットスポットの下でリラックスしながら体温上げてると、こんな感じで全身クリアなカドミウムイエローになるんですよ。暗色部もグレー調のブラウンになりますし。こういうの見ると、ガラスやアクリルのケージにLED照明をバシッと当てて横から見る感じで飼ってみたいなぁって。

しかし、コイツらを始め、レティック(Malayopython reticulatus )やチモール(M. timoriensis )みたいに蛍光感のあるイエローのパイソンにはどうしても心惹かれちゃいますね。

あ、削除した記事には書いておいたんですが、ご購入を真剣に検討いただける方で、別の画像をご希望される場合は、下記メールアドレスよりお気軽にご連絡下さい。こんな感じの簡単撮影にはなりますが、リクエストいただいたアングルに近いカットをお送りいたします。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

キタシロクチドロガメ “選抜SPL個体”

※ 5/5 お知らせ
ここ数日の間、メールでのお問い合わせに問題が生じ、ブログ掲載の当店メールアドレスにメールが送れない、または送っても返ってくる等のトラブルが発生しておりました。本日、無事に問題が解消しましたので、当該問題によりお問い合わせいただけなかった方は、お手数ですが、再度ご連絡いただきますようお願いいたします。

お手数をお掛けしますコト、また、ご迷惑をお掛けしましたコト、謹んでお詫び申し上げます。

Herp. Supply
Go!! Suzuki



画像
Northern White Lipped Mud Turtle “Picked Special Specimen” W.C./L.T.C. ♂

という訳で、アッという間にゴールデンウィークも終わりですね…。

まぁ、常日頃はあまり人が寄り付かない当店も、お陰様でそれなりの数のお客様に足を運んでいただき、楽しい連休を過ごすコトが出来ました。明日も天気は良さそうなので、お時間のある方はお散歩がてらプラッと遊びに来てやって下さい。特に飼育相談や質問なんかがある方は、休日モードの時の方がノンビリお話できますから、是非お立ち寄りいただければなと。

じゃ、本題のキタシロクチ(Kinosternon leucostomum leucostomum )をば!

コイツはブリーディングストックとして個人的にキープしていた個体なんですが、諸事情によりコイツと、コイツに合わせるためにこれまた厳選したスペシャルなメス、このペアを放出するコトといたしました。ここ数年は相性が上手いコト合わず子供が取れていなかったんですが、過去には一応子供も取れていて、その子供はそれはそれは素晴らしく仕上がるのも確定済み。特に、今回は紹介出来なかったメス、このメスがチョッと“色々とアレ”なんで、子供がオスになるようにして孵化させてやれば、戻し交配で面白いコトも期待出来る感じだったりもします。

勿論、その結果がどうなるかは確約できませんけどね。でも、どちらにせよ凄まじく綺麗な子供が取れるコトは間違い無いですから、その辺を楽しんでいただける方には最高のペアだと思います。

というコトで、興味のある方は是非お問い合わせいただくか、お店に直接見に来てみて下さい。尚、リクエストいただければ、メスの画像と詳細もお送り出来ますので、遠方の方でも業登録済み、または受け取り代行していただけるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

ただし!

コレクションではなく、ブリーディングストックとして飼育していたため、爪トビや細かな傷など些細な部分が気になる方はご遠慮いただいた方がイイかもしれません。コイツラはブリード考えたら、無傷なんて無理なんで…。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。