ギリシャイシガメ “ハイカラード”

画像
West Caspian Pond Turtle “Eastern Population High Colored Specimen” W.C. ♂

じゃ、撮影をしたんで、例の“スペシャルな1頭”をアップしたいと思います!

スゴイでしょ!?

カスピ(Mauremys caspica )なんかだと、探せばたま~に発色が豊かな個体もいるんですが(それでもここまでのレベルとなるとねぇ)、色柄がハッキリする東部個体群とは言え、総じて地m…いや、シックなカラーリングのリブラータ(M. rivulata )でこの色、この発色となると、ボクは初めて見たかもしれません。

画像
West Caspian Pond Turtle “Eastern Population High Colored Specimen” W.C. ♂

背甲の虫食い模様だけでなく、頸部や前肢までもこのオレンジ色の発色ですから!!!

そして、頭部にもキッチリとトライバル調のストライプ模様。

画像
West Caspian Pond Turtle “Eastern Population High Colored Specimen” W.C. ♂

お腹側

縁甲板の裏なんかもこの通り。

そして、ブリッジの色を見て貰えば、コイツがカスピじゃなくリブラータなのも一目瞭然。

あと、オスなのが嬉しいなぁ。今回はどのサイズも見た感じある程度雌雄を選べるような状況でしたが、なんかこの数年来るリブラータってメスが多いというか、オスがいないなって印象でしたからね。まぁ、その辺はもしかしたら入ってくるサイズや、前に入荷した西部個体群のイメージに引き摺られてるってのがあるかもしんないですけど。でも、こうやって「イイ!」って思った個体がオスだとかなり得した気分になる程度には、オス探しに苦労した感があります。

という訳ですので、興味のある方はお急ぎ下さい。こういう個体に関しては、ウチは毎度早い者勝ちがルールですので、とにかく気になりましたらお問い合わせを。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック