しつこいようですが

画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♂

リブラータ(Mauremys rivulata )の東部個体群

前に紹介したハイカラードや成体のペアが凄まじ過ぎたから悩んだんですけど、せっかくピックアップしたペアだし連れて来ました。ボクが「これはイイな!」って思ってペンディングにしてた個体はコイツラで最後なんで、これでウチのリブラータは打ち止めです。

画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♀

コッチがメス

大きさは甲長で90mm±って感じでしょうか。全体的に明るめで、色と模様が目立って綺麗だったのが決め手かな。タイプというか、見てくれの感じもソックリだったんで。

特に

画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♂


画像
West Caspian Pond Turtle W.C. ♀

腹側の感じがソックリ!

腹甲の明色斑が大きく、縁甲板裏側もシャキッと明色で、何とな~くカスピ(M. caspica )風味っていう。

だからって、別にカスピとの分布域に近いとか、交雑域の個体群だとかって訳では全くなく、今回入荷した一連のリブラータ同様、地中海東部のヨルダンとかシリアとか辺りのヤツなんですけどね。でも、“ソレっぽい”でしょ(笑)。そして、何よりリブラータとして相当に綺麗だなと。

あ、繰り返しますが、前に紹介したハイカラードはホントにスペシャルな1頭なんで、比較はしないで下さいね。

あくまでも、普通のリブラータん中で綺麗でしょって話ですから。

でも、雌雄揃って色、柄、状態、全てにおいて最後を飾るにはホントに相応しいペアだと思います!!!


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール(herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール作成の際は☆を@に変えて下さい) または TEL(03-3317-5569)にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や定休日など、その他の詳細は「プロフィール」ページにてご覧いただけます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック