クレステッドゲッコー “タンジェリンタイプオレンジフレイム”

CrestedGeckoTangerineTypeFlameJuvnile01-02.JPGCrested Gecko “Tangerine Type Orange Flame” USA C.B. Juvnile

やっとこさ、“ソレっぽい”色で撮れたんで、本日はクレステッドゲッコー (Correlophus ciliatus ) のタンジェリンタイプオレンジフレームを紹介したいと思います!

って、まずは日本じゃ聞き慣れないクレスのタンジェリンとは何ぞや?ってトコから書いていかないとダメですよね!? これ、決してレオパードゲッコー (Eublepharis macularius ) からパクって流用した“なんちゃってネーム”とかじゃなく、ちゃんとクレスにもタンジェリンと呼ばれる「オレンジ色の発色に関する形質」があるんですよ。

で、そのタンジェリン

この形質に気付いて初めて言及したのはアメリカにあるAnthony Caponett Reptiles (→リンク) のAnthony Caponett 氏で、特徴は体側や四肢、尻尾は元より、頭部や背面のパターンにまでオレンジ色が被さるように発色するというモノ。なので、画像だといまいち特徴が分かりづらくて、ボクも今回のこの個体を見るまでは (っても、この個体に関しては厳密にいうとタンジェリンではなく、類似した形質なんですが…) 、いわゆるレッドだとかオレンジだとかで括られる個体と何が違うのか、正直全然分かりませんでした。でも、実際に見ると、確かに違いましたね!もう、見たら一発!!!「なるほど!」と。言葉で説明すんのが難しいんですけど、オレンジやレッドとは“発色の仕方”がホントに別モノで、色が被さるというか、スプレーで吹いたようにというか、とにかく不思議。通常の体色がベースカラー+パターンカラーなら、タンジェリンは (ベースカラー+パターンカラー)×オレンジって感じかな。

ただまぁ、これはクレスの宿命というかタンジェリンという名の宿命 (笑) というか、この魅力的な発色もAnthony Caponett氏曰く選択交配形質、つまりポリジェニック (多遺伝子性) による形質なんだとか。とは言え、氏の所ではアウトクロスからの累代により、様々な形質にタンジェリン形質を絡めるコトが出来てますから、ワンオフで終わってしまうような形質ではないコトは確実でしょう。

CrestedGeckoTangerineTypeFlameJuvnile02-04.JPGCrested Gecko “Tangerine Type Orange Flame” USA C.B. Juvnile

そこで、いよいよ本題のコイツ

コイツはタンジェリン/タンジェリンフレイムとして入手した訳ではなく、勿論、Anthony Caponett 氏のタンジェリンとは何の関係もございません。でも、サンドベージュのパターンやライトブラウンのベースカラーに被さるようにオレンジが出る、その発色の仕方は氏のタンジェリン形質の説明と見事に合致してるんですよ。

なので、タンジェリン“タイプ”オレンジ

因みに、元々のインフォはオレンジのフレイムってコトで、先に紹介した白いガーゴイルゲッコー (Rhacodactylus auriculatusコチラ ) やチャコールのクレス (→コチラ ) なんかと一緒に輸入されてきました。

で、その辺を見に行った時にたまたまフルでファイアードアップしてるコイツの姿が目に入り、発色の不思議な感じは一目で分かったんで、ついつい衝動買いしちゃいました。最近はダーク/ハイコン系のハーレキンよりはカラードのクリームシクルとかタイガー、ブリンドルなんかに惹かれてるってのもありましたから、カラードのフレイム、しかもこんな綺麗で不思議な個体なら、買わないわけにいかないでしょ(笑)!?

CrestedGeckoTangerineTypeFlameJuvnnile02-05.JPGCrested Gecko “Tangerine Type Orange Flame” USA C.B. Juvnile

寝ててリラックスしてると、こんな感じ。

でも、これでもフルではないかなぁ

後肢や尻尾のオレンジの発色がそこまでじゃないし。フルだと後肢も前肢みたいなオレンジ色で、尻尾ももっと血が滲んだように見えますから。

餌に関していうと、最近はこの辺の広義ラコダクも人工飼料での飼育が一般的となりましたが、コイツもレオパードゲッコー用のモノも含め、色々と口にするようにしてあります。ただ、ボクは各種餌昆虫も使いたい人なんで、今はサイズに見合ったコオロギと各種人工飼料を日によってテキトーに (笑) 選んで与える感じですかね。まぁ、その辺はオーナー様のスタイルに合わせてアレンジしてもらえばイイかなと。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) または TEL( 03-3317-5569 ) にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

当店でもVISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover のクレジットカードがご利用いただけるようになりました。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。直接ご来店いただけない方でもOKです!

この記事へのコメント