クレステッドゲッコー “イエロー”

CrestedGeckoYellowJuvnile01-01.JPGCrested Gecko “Yellow” USA C.B. Juvnile

ツイッター (→リンク) では一足先に画像を紹介したんですが、文字数の関係で、詳細はコチラじゃないとねって。

最近やたらとラコダク連中 (Rhacodactylus spp. sensu lato) の登場回数が多いんですが、その辺はタイミングとマイブームみたいな感じだったりします。なんか不思議とボクの感性にヒットする個体がここ数ヵ月の間に集中しまして、そうなるとやっぱ面白くなるじゃないですか。元々、好きなグループだし。

で、そんな中で個人的に探していたのが黄色いクレステッドゲッコー (Correlophus ciliatus ) だったんですけど…いやぁ、ようやっと出てきました。

って、別に黄色いクレスが珍しいとか、そんなんは全然無いですよ。どちらかと言うと、“カラーもの”ん中じゃポピュラーな部類でしょうし。でも、納得いく「これぞ黄色!」っての、特にソリッド系で最近見てないなぁと思いまして、少し前からずっと探していたんです。フトアゴ (Pogona vitticeps ) もそうなんですけど、クレスも元々の体色的にイエローってジャッジすんのが難しいんですね。黄色って茶色の延長線上だし、派手な赤色やオレンジ色にスグに“飲み込まれ”てソッチ側に振られやすいから。なので、ちゃんと意識してないと、なかなか「これ!」って個体に (発色してる状況も含め) 出会えないし、そうこうしてると気付いたら黄色い個体を見なくなってたなんてコトにもなり兼ねない。だから、意識して探すようにしてたんですが、今回はタイミングがハマったのか、2頭同時に出てきちゃいまして、思わず勢いでその両方を買い付けちゃいました。

CrestedGeckoYellowDalmatianJuvnile01-03.JPGCrested Gecko “Yellow Dalmatian” USA C.B. Juvnile

ペロリンチョ

大きさ的には2頭ともまだまだベビー感の抜けきらない幼体で、先にアップした方が一回りくらい大きいくらいかな。両方共に黒いスポットが見られるんで、どちらもイエローダルメシアンでイイんじゃね?とも思ったんですが、そこはとりあえずそのまま、画像1枚目の大きい方をイエロー、画像2枚目の小さい方をイエローダルメシアンとしました。ただ、チビの方はこの大きさでこのスポットの入り方だと、将来的にスーパーダルメシアンと呼んでも差支えないくらいブチブチになるかもしれません。

いや、あくまでも「かも」ですけどね (笑)。

でまぁ、先にも書いたように黄色は茶色なんで、現状だと茶色の濃い色調が勝って見えてしまっていますが、端々に除く黄色からコイツラのポテンシャルはお分かりいただけるかと思います。

CrestedGeckoYellowCreamsicleJuvnile01-01.JPGCrested Gecko “Yellow Creamsicle” E.U. C.B. Juvnile <過去販売個体>

多分、将来的にはコイツと張るか、それより黄色くなるかもですね。

って、改めてコイツ見ると、コイツにリリーホワイト当ててみたくなるなぁ。最近の欧米のクレスシーンを見てると、クリームシクルとリリーホワイトの組み合わせ、かなりヤバいじゃないすか。

(不完全) 顕性でコントロール出来るリリーホワイトって、やっぱ凄いモルフだよなぁ。

あ、最後に話がズレた (笑)。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) または TEL( 03-3317-5569 ) にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

当店でもVISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover のクレジットカードがご利用いただけるようになりました。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。直接ご来店いただけない方でもOKです!

この記事へのコメント