ギリシャイシガメ “東部型” (再掲)

WestCaspianPondEasternPopulationMale03-01.JPGWest Caspian Pond Turtle “Eastern Population” W.C. ♂ <ペア販売のみ>


WestCaspianPondEasternPopulationFemale03-01.JPGWest Caspian Pond Turtle “Eastern Population” W.C. ♀ <ペア販売のみ>

タイトルにもある通り、今回は新入荷ではなく過去掲載個体の再掲です。

ギリシャイシガメ (Mauremys rivulata ) の東部個体群

飼い込んでいるうちに背甲表層の角質も脱皮で更新され、汚れやステインに隠されていた背甲の模様もハッキリ。皮膚の細かな傷なんかもリカバリーして、日本の水にも慣れたせいか全体的に更に綺麗になりました。あと、縁甲板のリムや腹甲のオレンジなんかも発色がハッキリしたせいでしょうか、よりカスピ (M. caspica ) っぽい雰囲気になった気もします。

勿論、コイツラはピュアなリブラータですけどね (笑)。

WestCaspianPondEasternPopulationMale03-03.JPGWest Caspian Pond Turtle “Eastern Population” W.C. ♂ <ペア販売のみ>


WestCaspianPondEasternPopulationFemale03-03.JPGWest Caspian Pond Turtle “Eastern Population” W.C. ♂ <ペア販売のみ>

でも、確かにこの模様と色みじゃ、カスピと混同されるよなぁ。

このタイプがリブラータとしてメインで流通するようになった頃、特にチビが来た時なんかに「これってホントにリブラータ?カスピじゃないの?? 何が違うの???」ってよく聞かれましたけど、コイツラを見てると、それも仕方無しだよなぁって改めて思いますわ。特にこの趣味を30年以上やってる方々にしたら、ギリシャイシガメとかリブラータとか言ってパッと思い付くのは、やっぱ分布域西部 (というか北部というか…) のグレー調でモノトーンっぽい、いわゆる“バルカンポンド”ですもんね。昔はザックリとギリシャ=地味、カスピ=派手って感じだったし。

ただまぁ、存在感を含め、両者とも総じて地味ってのは今も昔も変わらずか (笑)。

ホント、イイカメなのに。

こういうのこそ、ヨーロッパのホビイストみたくタイプも揃えてコツコツ維持するのが楽しいと思うんだけど。





そういや、ここ久しくカスピ来てなくね…?


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) または TEL( 03-3317-5569 ) にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

当店でもVISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover のクレジットカードがご利用いただけるようになりました。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。直接ご来店いただけない方でもOKです!

この記事へのコメント