クレステッドゲッコー “ダルメシアンバイカラー/サルファ & レッド”

CrestedGeckoDalmatianBicolorSulferRedFemale01-02.JPGCrsted Gecko “Dalmatian Bicolor/Sulfer & Red” USA C.B. ♀

これで今回のクレス (Correlophus ciliatus ) は一段落かな?

というコトで、“トリ” は体側の赤が眩しいダルメシアンバイカラーのサルファ&レッド!!!

多分、この手合いの表現に関してはバイカラーダルメシアンの方が響きはイイし、一般的なんでしょうけど、コイツラは「ダルメシアン柄が出たバイカラー」というコトで、ボクのモルフ表記ルールではダルメシアンバイカラー。ダルメシアンってのはダークなんかと同様、あくまでもパターンネームに付随する修飾語的なサブカテゴリーって扱いですね。

勿論、これはボクの“マイルール”なんで、バイカラーダルメシアンと呼んで貰っても全然OK。別に、表記の仕方や順番に厳密なルールなんてありませんから。分かりやすく区別が付きゃ、どう呼んでも構わないでしょ。

そもそもにして、この“マイルール”自体、最近パッと思い付いたモンですし (笑)。

ただまぁ、ウチではこんな感じで統一してますよってコトで!

しっかし……この赤の発色の見事なコト

赤色の遺伝についてはだいぶコントロールの仕方が判明してきて、この数年で平均点が一気に上がりましたけど、こういう鮮烈な発色をした個体はやっぱインパクトありますね。それなりに個体の数を扱って来ると、ついつい捻くれて黄色とか緑色、あとは暗色系ですか?その辺に走りがちになるんですが、こういう個体を見せられちゃうと、改めて赤色の圧倒的な存在感を思い知らされますわ。

そして、このサルファの名前に相応しい、黄色みの強い背中のライトブラウン。

CrestedGeckoDalmatianBicolorSulferRedFemale02-01.JPGCrsted Gecko “Dalmatian Bicolor/Sulfer & Red” USA C.B. ♀

フル近くまでファイアーアップしちゃうと体側の赤色が背中まで巻き上がってくるんで、7割程度のセミファイアーアップで。

この方が背中の黄色感が分かりやすいでしょ!?

チョコレート (→コチラ) を紹介した時にチラッと書いたように、こういうローコン系のバイカラーとソリッド・パターンレスって境界が曖昧で、コイツもフルで発色するとボディはかなりソリッド寄りになるんですが、このレベルで頭部から背面のイエローブラウンがキッチリしてるんなら、ここはキチンとバイカラーって表記したいですよね。

コイツは「バイカラーであるコト」がバリューなんで。

あと、体色が赤系というコトで、オマケ程度にレッドスポットも出てたりするんですが、先の記事であそこまでのレッドスポットダルメシアンを既に紹介しちゃいましたからねぇ…その辺はまぁ、特にどうこう言うまでも無いかなと (笑)。

とにかく、コイツはバイカラーの名前の通り、背中と体側の2色の色みを見て貰いたいです!!!

あ、そうそう!

性格はおっとり、やさしい感じですよ。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) または TEL( 03-3317-5569 ) にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

当店でもVISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover のクレジットカードがご利用いただけるようになりました。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。直接ご来店いただけない方でもOKです!

この記事へのコメント