クロハコヨコクビガメ “ペールブラック 選抜個体”

WestAfricanBlackMudRadiatedMale01-01.JPGWest African Black Mud Turtle “Radiated Pale Black Shell” W.C. ♂

久々にカメの新入荷!

っても、またハコヨコクビガメ (Pelusios spp.) っていう微妙なトコですけど (笑)。

前に紹介したピンクヘッドのクロハコ (P. nigerコチラ)、当初から性別はメスっぽいなぁ~と思ってたんですが、ここにきてそれが確実になってきたため、見合った相方を探してたんですよ。そしたら、イイ感じに面白い、しかもかなりの確率でオスっぽい個体が出てきたんで、迷わずゲットしちゃいました。

クロハコってえと、一般的には2タイプ、ボク的には以下の3タイプに分けられるじゃないですか。

・明色型
背甲は明褐色ベースで、椎甲板正中線に沿って黒色のストライプが入る

・暗色型
背甲は黒色~黒褐色ベースで無斑

・有斑型
これはボクが勝手にカテゴライズしたタイプなんですけど、上記2タイプの中間で、褐色ベースに黒色の放射柄が背甲各甲板に入る (→コチラ)

WestAfricanBlackMudRadiatedMale01-02.JPGWest African Black Mud Turtle “Radiated Pale Black Shell” W.C. ♂

今回買い付けた個体はピンクヘッドと同じ暗色型なんですが、背甲の色が全体的に薄く、椎甲板正中線には黒いストライプ、各甲板には細い筋の放射柄が入ります。

こういう背甲の放射柄ってえと、室内飼育下で成長させた個体なんかで、新しく成長した色の薄い部分に同じように入るコトがあるじゃないですか。でも、コイツはバリバリのワイルド。しかも、色調が淡くなってるとはいえ、暗色のベースカラーが白っちゃけてる訳じゃありませんから。暗色地の色はしっかりそのまま、そこに更に濃い正中ラインと放射柄っていうね。

あとコイツ、いわゆる“普通の”暗色型に較べると、皮膚の色も全体的に明るいんですよ。

ピンクヘッドが頭部の明るい部分に関する特徴だから、同じ暗色型でもこういう全体の色調が淡くなる個体と組み合わせたら面白いんじゃないかなって!

まぁ、だからって別にペア販売って訳じゃないですよ。

なので、ピンクヘッドも併せて、興味のある方はお気軽にお問い合わせいただければと思います。色々と状況が“アレ”な感じですが、ウチは狭いながらも「密」になるコトは無い店なんで (涙)、お時間の取れる方は対策を万全に (消毒用アルコールは店に常備してあります)、是非実物を見に来て下さい。

あ!

WestAfricanBlackMudPinkHeadedFemale03-01.JPGWest African Black Mud Turtle “Pink Headed” W.C. ♀

ピンクヘッドは相変わらずピンクなままです!!!

というか、飼い込むほどにピーチーな発色が増えてきてるような気も…。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) または TEL( 03-3317-5569 ) にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

当店でもVISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover のクレジットカードがご利用いただけるようになりました。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。直接ご来店いただけない方でもOKです!

この記事へのコメント