ミナミシロクチドロガメ “ニカラグア ゴールデンヘッド”

※当記事末尾に【営業時間・ご来店に関する諸注意】を記載しておりますので、そちらもお読み下さい。

SouthernWhiteLippedMudNicaraguaGoldenHeadJuvnile01-04.JPGSouthern White Lipped Mud Turtle “Nicaragua Golden Head” JPN C.B. ♀

最初に画像を見せていただいた時は単純に驚きました。

そりゃ、“それなりの”親を渡しましたけど、いきなりここまでの子供が出てくるとは思ってなかったんで。

頭はマスクを被せたようにベッタリと黄色に覆われ、その黄色も山吹色に近い、濃くて厚みのある黄色っていう。識別名としてボクは“ゴールデンヘッド”と名付けましたけど、まさにその名がピッタリだと思いません? 過去にも頭部がベッタリと黄色に覆われる個体 (しかもオス!) を扱ったコトがあり、ソイツのレモンイエローに近い明るい黄色も凄まじく見事だったんですが、コイツの頭部の濃い黄色のインパクトたるや、チョッと眩しい感じすらしますからね。

SouthernWhiteLippedMudNicaraguaGoldenHeadJuvnile01-02.JPGSouthern White Lipped Mud Turtle “Nicaragua Golden Head” JPN C.B. ♀

アップで見ると更にスゴイでしょ!?

虹彩まで黄色っていう!

こりゃ、成長に伴って前肢とかも抜けてきそうだなぁ。

因みに…

SouthernWhiteLippedMudNicaraguaSpottedMale02-03.JPGSouthern White Lipped Mud Turtle “Nicaragua Spotted” W.C. ♂

オス親はコイツ

頭部のスポットの大きさ、入り方、色、嘴の模様、全てにおいてボクの理想とするミナミシロクチ (Kinosternon leucostomum postinguinale ) です。

そして

SouthernWhiteLippedMudNicaraguaGoldenYellowFemale01-02.JPGSouthern White Lipped Mud Turtle “Nicaragua Bold Yellow” W.C. ♀

メス親候補その1

ブリーダー氏は♂1/♀2のトリオでキープしてるんで、今回入荷した個体のメス親を判断するのは難しいんですが、太いイエローのラインとほぼ黄色に覆われる鼻っツラから、ボクはコイツがメス親なんじゃないかなぁと考えています。

ただ!

SouthernWhiteLippedMudNicaraguaHighContrastFemale01-02.JPGSouthern White Lipped Mud Turtle “Nicaragua High Contrast” W.C. ♀

もう一頭もこのレベルの…というか、コイツのストライプこそゴールドを超えた、まさに山吹色なんですよねぇ。

それに今回取れてる子供達、程度に僅かな差こそあれ、ほぼ全頭が綺麗なゴールデンヘッドなんですよ。ドロガメ連中って親をちゃんと選んでブリードするといきなり綺麗な子供が取れたりもするから、あのオスにこのメスでも、そりゃ壮絶なレベルの子供が取れるハズ。

という訳で、やっぱメス親がどっちかは分かりません (笑)。

でも、このコロニーのレベル、そして今回販売する個体のレベルを見ていただければ、まぁその辺は些末な問題でしょ!?

SouthernWhiteLippedMudNicaraguaGoldenHeadJuvnile01-03.JPGSouthern White Lipped Mud Turtle “Nicaragua Golden Head” JPN C.B. ♀

でまぁ、お約束の腹甲

腋下甲板と鼠径甲板はパッと見、繋がってるようにも見えますが…っていうか、実際繋がってるんですけど、点で接しているだけなんで、ミナミの一番分かりやすい特徴はちゃんとしてるかなと。あと、キタ (K. l. leucostomum ) とミナミを分ける特徴って“ソコ”だけじゃないんで、細かな部分部分を見て貰えば、コイツがミナミであるコトは疑いようもないかと思います。

いや、フロリダ (K. steindachneri ) ん時もそうだったんですけど、誰でも分かりやすい識別点 1点のみ…ならまだしも、目立つだけで全く識別点にもならないポイントだけを挙げて「偽物・本物論争」吹っ掛けて来る輩がいて辟易としたもんで、一応。

尚、今回の個体は甲長で65mmを超えたしっかりサイズで、餌も選り好みせずしっかり食べてますから、安心して飼育してもらうことが可能です。

って、それこそが「安心の国内C.B. (Captive Bred:飼育下繁殖) クオリティ」なのか (笑)。


在庫や価格、発送/配達の可否など、ご質問はメール ( herp.supply☆kbd.biglobe.ne.jp ※メール送付時は☆を@に変更して下さい ) または TEL( 03-3317-5569 ) にてお気軽にお尋ね下さい。営業時間や動物取扱業に関する詳細はトップ記事の「店舗詳細情報」にてご覧いただけます。尚、画像の送付はご来店、または法律に則った発送手続きが可能な方に限らせていただきますので、画像をご希望の方はその旨をお知らせ願います。

当店でもVISAMaster の他、American ExpressJCBDiners ClubDiscover のクレジットカードがご利用いただけるようになりました。高額な生体の購入など、各種クレジットカードによるお支払いもご検討下さい。直接ご来店いただけない方でもOKです!


【ご来店に関する諸注意】
お客様各位
コロナウィルス感染対策のため、ご来店いただく際には以下の点にご協力下さい。

・マスクの着用
ここ数ヵ月のマスクの流通状況を鑑みまして、可能な限りで構いませんのでご協力をお願い致します。マスクが入手出来ない方はタオルやハンカチなどによる飛沫対策でも結構です。尚、当店ではマスクの配布が出来ませんので、お客様各自で事前にご準備下さい。また、接客に際しましては、店主もマスクを着用して対応させていただきますコト、併せてご了承願います。

・入店時の手指消毒
店舗入り口に消毒用のアルコールを置いてあります。入店時にご使用下さい。

・ご入店の人数
当店は狭いため、ショップ巡りを主目的とした多人数でのご来店はなるべくご遠慮願います。状況によっては外でお待ちいただく場合もありますコト、ご了承下さい。

この記事へのコメント